2019年06月12日

ソバの花


咲きました。小さな花です。
春に種をまいてから花咲くまでがとても早いのは、さすがソバと言うべきでしょうか。

さて。
蕾の常山アジサイの今は。


蕾のままです。
ちょーっと青い色が現れておりますが。咲くのはまだ先と見える。

で。
枯らした植物は、バーベナです……淡いオレンジ色の花を咲かせていた株が全滅。ハダニにやられました。  


Posted by tack at 22:45Comments(0)

2019年06月06日

ベランダ死闘篇

ブログタイトルは何となくで付けてしまいました……。

アサガオの花がぽつぽつ咲き始めました。


ピンク混じりの青いアサガオは、昨年秋の散歩中に雑草化していた中から種を採ったものです。
花のサイズがむちゃくちゃ小さい(葉っぱも小さい)。
そして、さすがアサガオ。お昼には花がしぼみます。


ソバの花の蕾が出現。そろそろ咲きそう。

さて。
以下、ベランダで大変な植物あれこれ。


濃いピンク色の花を咲かせる多肉植物(名称不明)は、昨年からカイガラムシがびっしり付いてしまって株が弱りに弱り、現在はこんな姿に……。
手持ちで一番小さい素焼き鉢に、虫が付いていない株を避難させたところです。
古い素焼き鉢ゆえ、ふちがボロボロ。
風通しと日当たりのいい棚にて療養させてます。

それにしても、カイガラムシって色んな植物にくっついては、栄養をばかすか奪って弱らせますねー。
本日、トルコギキョウにも付いているのを見つけて、竹串で捕殺しまくりましたよ。
対策にオルトラン(植物用殺虫粒剤)を使った方がいいのかな。手持ちがないから、園芸店で買わねば……。

こちらは、ペチュニアの棚。


左端の淡い黄色の花の株が間延びして見てくれが悪いし、隣の紫色の花の株とのバランスも悪いしで、挿し芽に挑戦。真ん中の小さな鉢がそれです。
うまくいきますように!

ラストは、ダイソーで買ったミニトマトの種をまいたその後。


芽は出ましたが、本葉が出てからの生長がとてつもなく遅い。
この姿で2週間経過してます。
だ……大丈夫なのかなコレ?  


Posted by tack at 23:16Comments(0)

2019年06月01日

過湿に注意

午後に図書館へ行って来ました。
返却してから新たに何冊か借りて、帰りにホームセンターに寄り道。
また花の苗を買ってしまった……。


ポーチュラカ(白花)。
プランターに寄せ植えしていたバーベナがひとつ、ハダニにやられて弱っているため、別の鉢に植え替えて風通しのいい場所へ移動させまして。
空いたスペースにポーチュラカを植える事に。

そして。


イチゴ(夏姫)。
いい加減あきらめるべきかも、と思いつつ再挑戦。
今度は夏姫という品種です。
が……頑張ってくれ……わたくしも過湿に気を付けますゆえ。  


Posted by tack at 22:35Comments(0)

2019年05月27日

頑張って

いろいろと枯らしてしまいましたよベランダの植物を。
バラのラ・フランスとボレロ、コデマリ、イチゴ(桃娘)……泣きたい。
結局、イチゴはひとつも収穫出来ずにサヨナラですよ。
分かってるんだー、水のやり過ぎなんだー。
枯れるというよりも腐らせているんだー。
こうも立て続けにダメにすると、ベランダが寂しくて寂しくて。

という訳で、ベランダに新たなる犠牲植物が……ネットで調べてきちんと管理するから、頑張って長生きしてくだされ!


常山アジサイ・碧のひとみ。
安かったので手を出してしまいましたが、これ、正確にはアジサイではない模様(近縁種ではあるようですが)。


蕾がついてますが、ちゃんと咲いてくれますかどうか。こうやってアップで見ると、確かにアジサイとは違うな……。


ヘリオトロープ・ブライドブルー。
長年育てていた株を枯らしてしまって数年……やっと園芸店で見つけてゲット。


微かに甘いバニラの香りがします。


マリーゴールド。
オレンジ色っぽいのと迷いましたが、黄色にしました。マリーゴールドを育てるのはお初です。


ペンタス。
珍しく赤い花を買ってみました。


買って帰ってすぐにベランダで植え替えしたものの、鉢が不足。黄色と赤の派手派手寄せ植えに。
どちらも乾燥した土を好む植物なので、このコンビはこのまま育てます。
水やりは控えめにしないと。

ところで。


こちらは無事に開花しました、ラベンダー。
梅雨の蒸し暑さを乗り越えるために、花後はきちんと剪定せねば……。  


Posted by tack at 23:04Comments(0)

2019年05月07日

夏に答えが

寒暖差が激しい上に、本日はとことん空気が乾燥していて、家鳴りがピシピシうるさい一日です。
急な冷え込みに、冬物のパジャマを引っぱり出しました。夜が特に寒いっす。

さて、最近のベランダ園芸です。


アサガオの芽が出ました。
画面左がダイソーで買った種、右が昨年秋に山から採った種。
山にわさわさ生えていたアサガオは青色だったのですが、ダイソーのものは不明。咲いてみなければ分からない。うまくいけば夏に答えが出るはず。


こちらはソバ(蕎麦)の芽。
ソバの実よりも花が目的です(ベランダの鉢植えでソバ栽培はさすがに無茶が過ぎる)。


イチゴ(桃娘)。
何度も栽培に失敗しているため、恐る恐るな毎日。
実が出来つつあるけど、葉の茂りが寂しくて心配な今日この頃。


昨年に購入した、もの凄い値崩れになっていた売れ残りのラベンダーは、花芽が出ました。
斑入りの葉っぱが涼やかです。ウチのベランダにはないタイプの葉の色で珍しく、買ってよかった。


ところで。


本日からリンスインシャンプーが変化です。
冬の間はピンク色のパッケージの、「しっとり」 タイプでした。
そろそろ夏に向けて、以前使っていた 「サラサラ」 の青色パッケージを買いに行ったら取り扱いしなくなっていて、「スッキリ」 に。
つい最近まで全3種の詰め替え用が並んでいたのに、なぜ急に2種類だけになったんですか、ウェル〇アさーん……。  


Posted by tack at 23:17Comments(0)

2019年04月25日

無事に買えました

発売日の前日に、隣市のTSUTAYAまで自転車で突っ走った昨日のわたくし。
今日が本当の発・売・日ですよ。

という訳で、昨日とほぼ同じコースを自転車で突っ走りました。
昨日も暑かったが、今日は蒸し暑かった……。


 ひだかなみ 『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった 3』
アニメ化の帯のパワーにより、新刊棚に平積みの山がふたつ。
主人公が厄介な目に遭った気になるところで次の巻につづく。


 アラスカぱん 『マリエル・クララックの婚約 1』
こちらは4冊のみの入荷で、しかもアクリルの透明な本棚に、他の新刊本多数と背表紙だけ見せて並んでいたものだから、探し当てるまで時間を要する。
こっちのマンガは……オタク性質のお嬢様の萌え暴走を楽しむストーリー(変な解説)。

ところで。
昨年秋(10月)に、自宅近くの山を散歩した時に、雑草化して茂っていた朝顔から種を採って持って帰り、最近ベランダの鉢に種をまいてみたのですが、6粒のうち1粒だけの発芽で寂しいから、ダイソーの花の種を足そうと思いつきまして。


朝顔の種がすぐ見つかって良かった……あ、しまった、ダイソーのは 「2個で¥100」 だった。
もうひとつはミニトマトにしてみました。この1袋が最後の。
パッケージの写真といい、袋の裏に書かれた性質といい、『鈴っ子トマト』 という品種にそっくりなのですが。


『ミニヒメ』 かぁ……近縁種ですかね。  


Posted by tack at 23:08Comments(0)

2019年04月22日

いいお言葉

昨日の夕方に、ベランダのサボテン(凶器と言っていい大きさ)の植え替えをしました。
左手親指にサボテンの太い棘がぶっ刺さって、流血沙汰ですよ。
素手だったわたくしが悪い。
でも、サボテンを持てる園芸用のごつい手袋を持っていないのです。
移植ゴテとちり取りで、挟み込んで持ち上げるという、かなり危なっかしい手法で何とかしてます。

現在は刺さった周辺が赤く腫れてます。痛いです。
絆創膏は鬱陶しいので、止血が済んでから使ってません。

もうひとつ昨日の話。
ヤモリ登場(リビングの東の窓の外にへばりついていました)。
廊下の白い壁にアシダカグモ(巣を張らずに流浪する、脚の長い蜘蛛)がいたので、「Gキブリを食べてくれ」 と頼んでおきました。

が。
今夜のキッチンに出ました、G(小物)。
母が瞬殺して、「コンバットを仕掛けておけ」 と言うので、クローゼットの中にある紙箱を開けて、中身を取り出す際の薬剤のきつい匂いに、わたくしが倒されそうに。
「薬臭い!」 とわたくしが言っても、母には無臭らしく、話が通じず。
今まで、ホイホイを使っていて、コンバットは初めましてなのですが、効き目はどうなのでしょうか。
ホイホイの薬臭さよりもきつそうなので、バッチリ効いてくださいコンバット。
というか、出て来るのが早すぎやしないか、Gよ。

さて、本日に読み終えた本の話。

 いとうせいこう 『今夜、笑いの数を数えましょう』
『群像』 誌での対談をまとめたもの。
いとうさんなので、みうらじゅんさんの話になる頻度が高いな……。
対談のテーマが 「お笑い」 なのでなおさら。
楽しい内容の中で、わたくしが一番笑いのツボにハマったのは、

<(みうらさんが)今盛んに権威がある人のこと
「権威・濃すぎ(ケンイ・コスギ)」 ってやたらと非難するんです。>

でした。
いいお言葉ですね、ケンイ・コスギ。  


Posted by tack at 23:18Comments(0)

2019年04月20日

ベランダに新入り

午後に自転車で図書館まで行き、帰りにホームセンターの園芸コーナーへ寄りました。
これから暑い夏に向けて、買い足しておかねばならない物があったのですが。


ま~た花の苗を買ってしまった……。
トルコギキョウ2株(青紫の同系色)。


そして、何度も何度も買ってはダメにしてしまう、イチゴ苗。
四季成りイチゴの桃娘。
今度こそうまく育ってくれますように!

当初の予定では、これだけ ↓ 買うつもりだったのですよ。


レンガとカット石材。
ベランダの床がコンクリート打ちっぱなしで、夏はむちゃくちゃ暑く、植木鉢を直置き出来ないのです。
今回初めてカットされた石材を買ってみました。一枚20円につられて。
レンガ(一個65円)よりもお手頃。

さて。
暖かい日が続いて、ハーブのスペアミントの生長が凄い事になっておりまして。


左隣のアップルミントのスカスカさが泣けてくる……。
収穫してハーブティーにするか、干してドライハーブにするか思案中。

で。
種から育てて14年か15年? のサボテンは巨大化。


鋭利かつ鈍器です。
そろそろ植え替えて、土に栄養を足さねばなりませんが。


むりくり何かが生えております。
これを助けるためにも、植え替えしなければ。  


Posted by tack at 23:19Comments(0)

2019年04月15日

ダメ人間

仕事をしなければならないのにしたくない……というダメ人間さが炸裂しまして、午後にお出かけしました。
探しているマンガのために、自転車のペダルを踏みました。
本日は、地元のアリオ某店内にある書店の、丸善へ。

店内で検索してみると、「1冊あります」。
何故だ……TSUTAYAオンラインで取り寄せを頼んだら、10日以上待たされた挙句に、「書籍の確保ができず在庫がありません」 通知が届いたというのに!


 とりのささみ。 『テイコウペンギン』
さすがに初版ではありませぬ。2刷です。
実は、3月13日が発売日で、3月16日に地元のTSUTAYAで1冊だけあったのを、一度手に取って買うべきかどうか悩んで棚に戻したのですよ。
後日に買おうと思ったら、後の祭り。
やっと手に入れました……!(感無量)
上司に面と向かって抵抗しているペンギンという、社会派……というのは大げさか。
こういう毒っ気がありつつ、ほのぼのしているマンガは、わたくしの好物でございます。

もう1冊探しているマンガは、在庫切れしてました。
むぅぅ、残念。

帰りに園芸店に寄って、花の苗を購入。


ヒソップ(ヤナギハッカ)は、初めて育ててみるハーブ。
持ち帰ってから、手持ちのハーブ図鑑を見て驚愕……半樹木じゃないっすか!
これはかなり背丈の高い植物ですよ……でも、風邪の引き始めにハーブティーとして使えるのは魅力的。


バーベナ。
一株80円(税別)ゆえ、一年草と思われる。


ラストは、ペチュニア(実物はかなり濃い紫色)。
昨年買った苗は全滅いたしました。
黄色い花のペチュニアは、冬越しして元気だというのに。  


Posted by tack at 23:18Comments(0)

2019年04月04日

ようこそベランダへ

午後に図書館へ本を借りに行き、帰りに遠回りして園芸店に寄りました。
クレマチスの苗を探していたら、ドンピシャで欲しい苗が。


常緑のクレマチス・カートマニージョウ(わたくしずっと、カートマニージョーだと思ってた。買った苗のタグにはこう書いてあった。どっちでもいいのかな、カタカナ表記の悩み)。
数年前に、とことん値下げされていた苗を買ったら、数えきれないほどの花を咲かせて枯れるという哀しい思い出が。
今度は長生きしてくれー。  
タグ :クレマチス


Posted by tack at 23:06Comments(0)

2019年03月26日

安定のフリージア

ベランダがいい匂いです。


今年も開花しました、フリージア(黄)。

この後、花が咲き終わり、葉の緑がしおしおの枯れ枯れになったら球根を掘り起こすのですが、毎年大増量。
大きな球根を選りすぐって、いびつだったり小さかったりの球根は泣く泣く捨てます。それでもどんどこ増える球根のために、鉢のサイズが大きくなりました。
もともとタダでもらったフリージアが、我がベランダで一番元気なのはどういう事か。
先日に植え替えたバラのラ・フランスが瀕死なんですけど……。  
タグ :フリージア


Posted by tack at 22:49Comments(0)

2019年03月15日

ぞんざい園芸

午後にちょびっと時間があったので、ベランダの植物の植え替えをしました。
ハーブのスペアミントとアップルミントを大きい鉢へ、バラ3種3株(ポール・ネイロン/ボレロ/ラ・フランス)は、一度鉢から引っこ抜いて、土に肥料を混ぜ込んで植え直し、冬越しに成功したペチュニア(淡い黄花)も、引っこ抜いて土に肥料を足しました。
ペチュニアは、昨年からずーっと花が咲き続けました……極寒でも平気でしたよ、恐ろしい子……! 植え替え時に1本、枝をポッキリ折っちまいましたが、きっと大丈夫。
ついでに種まきもしたかったのですが、時間切れー。  


Posted by tack at 23:19Comments(0)

2019年03月05日

ダウン

午後のわずかな空き時間に、ベランダで育てているバラの鉢植えの土に肥料を混ぜ込んで植え替えしたかったのですが、めまいでダウン。
季節の変わり目の体調不良は毎度のこととはいえ、年々ひどくなっているような気が……。


30分ほど爆睡して、なんとかめまいを回避後にベランダに出て撮った一枚。
白いアリッサムは昨年秋に種をまいたもの。パンジーはご近所さんからのいただきもの。

明日もまた、七面倒臭い仕事のつづきでございますよー。
図書館へ本を借りに行きたいのに行けないっす、仕事が多くて。
金曜日か土曜日に行けたらいいなぁ……。
とりあえず今は、大人買いした例の 『楽園の魔女たち』 シリーズを読んでおり、全21冊の10冊まで到達。  


Posted by tack at 22:57Comments(0)

2019年03月02日

がっくり

午後に図書館へ向かえば、休館日でした(そうとは知らず)。
仕方なく、返却ポストに本を入れたのみで、新たに借りた本はゼロ。
帰りにホームセンターへ寄り、園芸用の肥料を一袋買い、帰宅するやベランダに出て、ゼフィランサス(タマスダレ)2鉢の植え替えに着手。
薄桃色の大きめの花が咲く品種と、それよりも濃い桃色の小さな花のと、どちらも球根がこれでもかと増えて土を盛り上げ、鉢から土を溢れさせる寸前。
ゆえに、植木鉢をひっくり返してガンガン叩いても、土も球根も出て来ない有り様……。
力技で何とか中身を出せば、コロコロコロコロ出るわ出るわ大小さまざまな球根がー(遠い目)。
イキの良さそうな球根を数個選んで、買ったばかりの肥料を土に混ぜて植え直しました。
たったの2鉢なのに、1時間もかかりました……。

不要の大量の球根の処理に困ってますが、捨てるしかないか……狭いベランダ園芸の哀しみ。
ちなみに、球根植物って基本、毒があるので取り扱い注意。  


Posted by tack at 23:15Comments(0)

2019年01月18日

春の兆し

種を採ろうと企んでみても上手くいかないペチュニアの現在。


この寒い冬でも咲き続けております……次から次へと蕾が出る出る。
植物は強い。
このまま冬を越してしまうのではなかろうか(是非とも越していただきたい!)。

ところで。
ベランダから東の山を見れば、落葉した木々の枝先が紫色に染まっておりまして。


写真だと赤茶色っぽいのですが、肉眼で見ると紫というか赤紫というか。


この枝先の色を見ると、もうしばらくしたら黄緑色の新芽がにょきにょき伸びる春が来る! と嬉しくなるわたくし。  
タグ :ペチュニア


Posted by tack at 22:23Comments(0)

2018年11月13日

種ができるまで

今年はじめて育ててみたペチュニア(苗)が長く咲いてくれるので、来年のために種を採っておこうかと思い、しぼんだ花をひとつ、切り取らずに置いて数日、種が膨らんで来たというのに。
その種つきの肝心の枝が……風でポッキリ折れてしまいました……。


という訳で、やり直し~。
まだたくさんの花があるし、種は採れるから落ち込むなわたくし!

ちょっぴりショックなこの出来事にプラス、今朝起きぬけから空咳が出て、夕方から喉が痛み、寒気がするという……。
か……風邪っすか?  
タグ :ペチュニア


Posted by tack at 22:44Comments(0)

2018年09月07日

バラが咲いた


ラ・フランス。
剣弁咲きと言われれば剣弁咲きかな……。
香りもしてますが、どう言い表せばいいのかなぁ……マイルドな甘さ。


ボレロ。
やっぱり海外の高級な石鹼の香りにしか思えない。
ラ・フランスより、ガツンと香りが来ます。


さて。
台風21号大暴れでまだまだ関西が落ち着いていないのに、畳みかけて襲った北海道の震度7……大阪北部の地震だの西日本豪雨だの火山活動活発だの、今年は天災まみれ。

実は台風21号の暴風域に入りかけの頃に、和歌山県で震度1の揺れがありまして、
「台風直撃中に南海トラフが暴れたら……逃げ場がねぇぇっ!!
と青ざめたわたくし。
杞憂だと笑い飛ばせない……。  
タグ :バラ


Posted by tack at 23:15Comments(0)

2018年08月29日

夏の自由研究もどき

始まりは、8月24日(金)。


オールドローズのポールネイロンの蕾をデジカメで撮ったのが始まり。
ただ単に、「蕾の初期段階では、花の色が白に思える」 というのをネタにするつもりだったのです。


8月25日(土)。
ほらね、一日経つと花びらがうっすら染まるっしょ?


8月26日(日)。
さらに色が濃くなる……と、ここで、「あれ? これって花が咲くまでの記録になるよな?」 と気付き、三日坊主で済まされなくなってしまう。


8月27日(月)。
気温が高い毎日ゆえ、翌日には咲くだろうな~と楽観視していたが。


8月28日(火)。
考えが甘かった。


8月29日(水)。
さ、咲いた……(もう毎朝デジカメを向けるのがほとほと嫌に)。  


Posted by tack at 23:11Comments(0)

2018年08月22日

嵐の前

昨日の夕方の虹はデジカメで綺麗に撮れず(夏の大会の甲子園の虹は見事だったと後で知る)。
肉眼ではハッキリ見えていたのですが、写すのは無理でした。

台風20号が明日襲って来るので、夕方に植木鉢の避難をさせるべくベランダに出れば、東の山に月が出ておりました。


山のてっぺんの白い建造物は、気象レーダー。
こんなクリアな青空なのに、台風が近付いて来ているのですね……。


これから雨風で大荒れの天候だってのに、今日咲きましたタマスダレ(黄花)。
道端にど根性で咲いていた花の種をもらい、ベランダの空きプランターに蒔いて3年……ようやく咲きました。


とりあえず、バラ苗3種は今夜も家の中に避難。
  


Posted by tack at 23:07Comments(0)

2018年08月21日

予備動作なしで

予想通りに返って来た蒸し暑さにぐったりしております。
久しぶりに自室のエアコンのスイッチに触れました。
そして、台風19号&20号の立て続け襲来を危惧し、ふたつ蕾があるポールネイロンと、ひとつ蕾があるラ・フランスと、蕾が見つからないボレロの、バラ3種の鉢植えを、夜の間だけ部屋の中に避難させてます。
明日の天気は良さそうなので、風がさほど強くなければベランダに出します(今日も昼間は出してました)。

さて。
最近読んだ本を以下に。

 有栖川有栖 『ミステリ国の人々』
推理小説の世界の住人たる登場人物がこんな人ですよ~、と紹介しつついろんなミステリ本をおすすめ。

 松樟太郎 『究極の文字を求めて』
オリジナルの文字を作ったという著者による、世界の文字にツッコミを入れつつ解説したもの。

 アガサ・クリスティー 『終りなき夜に生れつく』
ミス・マープルのシリーズをイチから再読しようと思って図書館へ行けば、マープルさんのだけ揃ってないという、「読みたい本は読みたい時に読めない図書館あるある」 でした。
まぁ、気になっていたこの単発の長編を読めばいいや、と借りてみたら……凄い小説でした……。
<ジプシーが丘>の屋敷と、金持ちのお嬢さんを妻にした主人公のマイク(マイケル)・ロジャーズですが、夫婦にはお互い秘密が。
絶対これ悪い事が起きるよね? という不穏さに満ち満ちており、その方向へ突き進む。
で。
実録犯罪の再現VTRを数々見て来たわたくし、妻が心底信頼する女性が出て来た途端に、「あ、こいつアレだ!」 とピンと来ました(そして想像大当たり)。

 中村明一 『倍音 音・ことば・身体の文化史』
歌声・話し声の倍音や、音楽・音響、日本人が足場の悪い国育ちゆえに得た予備動作なしで動ける身体についてなどなど、むちゃくちゃ面白い本。
予備動作なしで動ける例として、(勝新太郎の)座頭市が出て、なるほど! と膝を打つ。
あれって映画の大袈裟ではなく、日本人特有の動き方なんですね。
だから、居合道なんてものがある訳だー。
  
タグ :読書


Posted by tack at 23:30Comments(0)