2010年04月30日

ミックス&ダックス


作りました、ぬいぐるみ。高さ9cmくらいです。手のひらサイズってやつです。
左がミックス犬(おすわり状態)、右がダックスフント(ちゃんと胴長)。

ものすごーく、ぬいぐるみ制作に向かない布地で作り始めてしまい、殺意を覚えてしまったわたくし。テキストには「フリースで作れ」とあったのに、手持ちの布を使う面倒臭がりがいけなかった。けっこう厚手の布地だったので、ミシンで縫い合わせた後、布をひっくり返すのに悪戦苦闘。

この2体は友人Tの誕生日(6月)に渡そうと思ってたんですが、今日会ったときにもう渡しちまいました。


  
タグ :ぬいぐるみ


Posted by tack at 23:56Comments(0)

2010年04月29日

意地

我が家には「北部屋」と呼ぶ空き部屋があり、そこは物置きになっております。1月までテレビデオ(懐かしい呼称)を置いていたんですけど、デッキが壊れ、画面の映り自体も悪くなったところ、居間に新しく液晶TⅤがお目見えし、テレビデオを処分して居間にあったブラウン管TⅤを北部屋に移動させたのでした。
ついでにビデオデッキ(DⅤD再生もできるタイプの)も移動させたし、北部屋のTⅤはわたくしひとりが自由に使っているので、これ幸いと撮り溜めしたけど観ていないビデオテープを、暇を見つけてはチェックしてます。
それにしても、テープが沢山ありすぎ!
少しずつ中身を調べてますけど、いつになったら終わるのやら…。つい最近まで録画はテープでしてたしなぁ……。
家電はとことん壊れるまで使うぜ! てのがわたくしのポリシー。
おかげで新製品に疎い・・・・・・。
  


Posted by tack at 23:31Comments(0)

2010年04月28日

ふつふつと

桐野夏生『対論集 発火点』を読了しました。
この方の作品は、『OUT』、『柔らかな頬』、『顔に降りかかる雨』の順に3冊しか読んでなくて、次に『グロテスク』をと思い、それなら先に、佐野眞一『東電OL殺人事件』を読まねば! と自宅にあったこの本を読んだら力尽きて頓挫しておりました。
今回の対論集を読んでたら、ふつふつと読書欲がわいて来たので、週末に図書館へ行くぞー。  
タグ :桐野夏生


Posted by tack at 23:31Comments(2)

2010年04月27日

忘却とぶっ飛び

ジョージ・オーウェル『一九八四年』(新訳版)と、
桜庭一樹『製鉄天使』を読了。

『一九八四年』は「英国で、読んでないのに読んだふりをする本の第一位がこれだ」てなことが、あとがきに書いてあったので読んでみた。わたくしも「読んだふり」しようかと思うほど、途中で投げ出したかった……頑張って最後まで読みました…しかし、一晩眠ったら内容すっかり忘れるぞ、きっと。20世紀世界文学の最高傑作なのに。

『製鉄天使』はぶっ飛んでいて、ニヤリ。10代の登場人物たちの妙なテンションは、痛くて愛おしいものだなぁ。  
タグ :本・小説


Posted by tack at 23:25Comments(0)

2010年04月25日

食べられません


3月に粘土で作った桜餅です。ペーパーウェイトとして使うはずが、部屋の飾りになっている……。
ブログ投稿のために本物の皿にのっけてみました。普段は自室の棚に鎮座ましましておられる。
6個作って3個友人に配りました。好評でした。


  
タグ :桜餅


Posted by tack at 23:19Comments(0)

2010年04月25日

寒いですね

自転車で図書館に行って、何冊か本を借りてきました。
そろそろGWだってのに寒い寒い。信号待ちの交差点で、ふと隣の女性を見れば、手袋・マフラー・真冬用の厚手のコートという万全の態勢でした。確かにそのくらいの重装備でもOKな冷え込みでした。

帰宅して、さっそく読書にいそしむわたくし。
さかもと未明『神様は、いじわる』を読んで、ボロ泣き。
浅生ハルミン『帰ってきた猫ストーカー』に癒され。
『みうらじゅん対談集 正論。』をクスクス笑いながら読む。

妙な読者ですな。  
タグ :本・小説


Posted by tack at 00:02Comments(0)

2010年04月23日

春なのに

最近読んだのは、
佐木隆三『復讐するは我にあり』
F・W・クロフツ『樽』
東川篤哉『ここに死体を捨てないでください!』の三冊。

『復讐するは我にあり』はノンフィクション・ノベルで、昭和38年から39年にかけて列島を縦断しつつ、詐欺と殺人を繰り返した男の物語。確か同じタイトルで映像化されてるはず。怖くて観てませんけど。
『樽』は以前に読んだものの、内容がうろ覚えだったから再読です。読んでみたら、うろ覚えどころかほとんど忘れてましたよ、記憶はあてになりません。
『ここに死体を捨てないでください!』は、トホホな探偵と警部が事件を解決するミステリ。

三冊とも殺人事件がらみの小説でした。
新緑のきれいな季節に、何でまた重苦しい本を読んでるのか……。

  
タグ :本・小説


Posted by tack at 00:59Comments(0)

2010年04月22日

はじめます

tackと申します。
昨年4月から10月まで同じタイトルでブログをしていましたが、何しろブラウン管TVとCATVとリモコンを駆使しての、これ以上の無謀さはあるまい! ってな方法でした……。当然長続きするはずもなく、ある日突然にブログを終了する羽目におちいったわたくし。

今回から、パソコンでのスタートです。
夜中にこっそりひっそり書いていきますので、どうぞよろしく☆  


Posted by tack at 00:11Comments(0)