2010年05月28日

チアノーゼと読書

5月下旬なのに寒い毎日です。
このまえ衣替えを済ませたので、長袖の服をまたひっぱり出す羽目におちいったわたくし。
もうTシャツでオッケーじゃあ! と薄手の長袖までも仕舞い込んだわたくしが悪い・・・。
冷え込みについて行けず、左手の人さし指がチアノーゼ(なのかどうか)で、紫色になってしまう今日この頃。
何で人さし指一本の先っちょ部分だけが変色するのかは謎です。
血の巡りが悪い?(←しもやけができやすい体質ですし)

読書は順調です。
犬好きで、特にゴールデンレトリーバー好きな方にピッタリな、
ディーン・クーンツ『一年でいちばん暗い夕暮れに』を読了。
サスペンス+ファンタジーでした。

次に、桜庭一樹『ファミリーポートレイト』を読了。
マコとコマコ母娘の物語。母親のマコが、どうしようもないな~って人ですが、どこか憎めず。
母と娘は複雑です。  


Posted by tack at 23:11Comments(0)本・小説

2010年05月27日

落とし穴にご注意

去年に、ダフネ・デュ・モーリア『レベッカ』を読んで、あまりの面白さにシビレたのですが、何故だか続けざまにデュ・モーリアを読むのは避けてました(『レベッカ』が凄すぎたので、お腹いっぱいだったのかも)。

そろそろほとぼりも冷めたかな~と、『鳥 デュ・モーリア傑作選』を読んでみました。
他人の墓石の上で横になる女性の話の「恋人」も、ヒッチコックの映画の原作「鳥」も、不気味で好きですが、火曜サスペンス劇場みたいな「写真家」もよくて、考えなしに慣れない事をして、うっかり落とし穴にはまっちゃう夫人の破滅っぷりがイイな~(←ドS発言?)。
ファンタジー色の強い作品もありましたけど、全体的に怖い話です。

<メアリー・ファーレンはある日の午前十一時半ごろ、銃器室に行って夫のリボルバーに弾をこめ、自分を撃った。>で始まる「動機」がこれまた凄い。
幸せな結婚をして、子供が生まれようとしていた彼女が自殺した理由を、
探偵のブラック(←このキャラ、好きだー!)が探るというミステリです。
着地点が見事で、読後しばらく呆然・・・。
小説は面白い! と再確認しました。
  


Posted by tack at 00:14Comments(0)本・小説

2010年05月26日

天啓は降らず

10年ぶりに小野不由美『東亰異聞』を再読しました。

読み始めから終わりまで、何か引っかかるのでモヤモヤしていたところ、しばらくして何気なく白泉社文庫の川原泉『美貌の果実』を読んで原因が判明。
この文庫にある『大地の貴族』と、『東亰異聞』の登場人物が同じ「鷹司」だったという。

それだけの話。  


Posted by tack at 00:13Comments(0)本・小説

2010年05月23日

するり

もの凄い暴風雨で、ラジオの音声が聞き取りにくい一日です。
ヘッドホンを使えばいいのでしょうが、あれすると可動域が狭まるので遠慮したい。コードが邪魔ですし。

今日こそ読書あるのみ。
ここ数日、とりのなん子『とりぱん』9巻(最新刊、買いました☆)や、
友人Tに借りた、巣田祐里子『逢魔警察 ソラとアラシ』1巻を読んでいて、小説と離れてました。

というわけで今日読んだのは、恒川光太郎『南の子供が夜いくところ』です。
外の轟音を忘れるほど集中しての読了。
日本昔話や遠野物語、漆原友紀『蟲師』が好きな方向きかと思います。
日常に、するりと不思議が入り込んで、少し怖くて哀しい短編集でした。  
タグ :恒川光太郎


Posted by tack at 23:11Comments(0)本・小説

2010年05月22日

ワイルド散歩


今日、30℃超えの炎天下を歩きまくったわたくし。
人っ子ひとりいません。

そりゃあこんな日差しを遮るものがあまりない道を歩く馬鹿はいまい。
そんな過酷な道をひとりずんずか歩く馬鹿がひとり。

この道は最近できたので、アスファルトが黒々。滅多に車が通らない。
たま~にバイクや自転車が通行している模様。

街灯がないので、夜になると真っ暗。






ちょっぴり道を外れると、いきなり道なき道じみた場所。

何でこんなところを歩くのか?

それは草イチゴの実を取るため。
藪の中に突っ込んで行き、素手で実をつかみ取るべし。

おかげで手の甲が擦り傷だらけ。

水がしみて痛いの何の!(←やっぱり馬鹿だ・・・)


そして収穫した草イチゴ(約500g)。↓     ジャムに加工保存。↓
   














おまけ。
先日のまりも、サイズ違いのお揃いの瓶に入れました。


元気に育ってくれー。









  
タグ :草イチゴ


Posted by tack at 23:37Comments(0)散歩

2010年05月21日

まりもは生きている

両親が北海道から帰って来た。おみやげをもらったよ。


缶詰まりも(2個入り)。
ああっ、開けちゃったけど手頃なガラス瓶がない!! ダイソーで探さねば。






古株のまりもと並べてみた(初代は茶色に変色してダメになったので、これはダイソーで買った2代目)。







一家に一台のデジカメも帰って来たので、昨日いただいた白バラも写してみたなり。
ちょうどベランダ鉢植え栽培のカスミソウも咲いたところだったので、一緒に花瓶に生けてみた。
カスミソウ、この2月に種まいて、6号鉢に1株育て中。
丈夫で育てやすい。
確かこの種、ダイソーで買ったやつだ・・・。

なんて安上がりな(笑)。









  


Posted by tack at 00:08Comments(0)園芸

2010年05月19日

ラ・ムー

今朝、家の外をほうきで掃いていたら、ご近所の方に、「これ、今日ウチの庭から切って持って来たバラやけど~」と笑顔で白いバラを1本渡されました。ラッキー。
ありがとう、奥さん!


CSの日本映画専門チャンネルで『海底軍艦』を流していたので、録画して観てみました。

・・・・・・え~と・・・。1963年の作品です。
海洋SFで、人類vsムウ帝国というビックリ設定にドッキドキですよ。
エキストラの多さと特撮の力の入れようが凄いと思ったら、円谷英二の名前が!
それよりも。

潜水艦「轟天号」って、空を飛べるんですか?!

すみません、知らなかったよこんなぶっ飛んだ映画。
学生時代の通学用自転車に「轟天号」と名付けていたのは、ゆうきまさみ『究極超人あ~る』にならっての事でしたが、ちゃんと元ネタを観ておくべきでした・・・。
ツッコミどころ満載で、楽しめました(笑)。
特撮ファンからすれば、「オマエ今さら何言ってんのよー」でしょうけど。


ちなみに今回のタイトルは昭和のアレです。
「愛は心の仕事です」よ。


  
タグ :轟天号


Posted by tack at 20:57Comments(0)日常

2010年05月18日

北の宿

昨日から両親が北海道3泊4日旅行に行っており、わたくしは留守番です。
家事は苦にならないので平気ですが、戸締りに神経質で、お疲れのご様子。

夕方にスーパーへ買い出しに行って来ました。ここの前の道路を挟んだ向かいが、先日火事のあった店。高い塀に囲まれていて、出入り口もぴっしり閉じられているので中の様子は見えなかったけど、まだ焦げ臭いにおいが漂ってました。

買い物帰りにちょっと遠回りして、花屋に寄ってみた。店内をうろついてたら、ひょろひょろと背の高いイチゴの苗が目について、何だこりゃ? とよくよく見れば、「ポテンティラ・ファイヤーボール」とある。
まんまイチゴの葉っぱ、花はバラそっくり。
値札を見て、無言でスルー(笑)。
帰ってからネットで調べてみたら、けっこうお手軽価格ではないか!
何であの店のは千円近いのだー。
  


Posted by tack at 23:32Comments(0)日常

2010年05月17日

削られ

昨夜、ふと読み始めた、ビル・S・バリンジャー『歯と爪』に睡眠時間を大幅に削られてしまいました。
思わせぶりなプロローグの次が、いきなり法廷の場面にがらりと変わって、裁判ものは苦手なので苦しいなー、としょんぼりしつつ読んでたら、カット・バックで物語が進むとわかり、ずんずん読み進めてしまった。
奇術師の男が、やけに重い鞄を持つ女と出会うシーンからしてもう、胡散臭いったらない。
さすがサスペンス。
一気読みしたので、睡眠不足です。







  


Posted by tack at 21:03Comments(0)本・小説

2010年05月16日

スカイライン


本来の「スカイライン」は、空を背景に建築群を写したものらしいが、他にタイトルが思い浮かばず。
わたくし的に珍しい、飛行機雲の平行線だったのでUPしてみた。
こんなの珍しくもなかったりして(←ネガティブ)。

昨日の火事騒ぎは、スクラップ買取り店が4時間も燃えたようで。
そして本日、家人がネタを発見。

「今日の求人広告に、火事になった店が募集しますと載ってるよー」

・・・・・・。




  


Posted by tack at 23:58Comments(0)日常

2010年05月15日

冒険

貧血でフラフラするので散歩に行かず、家にこもって読書にふけっております。

ずーっと気になってたけど、単行本化されないと思い込んでいた、逢坂剛『剛爺コーナー』が図書館にあり、大喜びで借りて読みました。
しかしタイトルの元ネタの「コージーコーナー」は関西では通じない。
「コトブキ」「タカラブネ」「パルナス」みたいな店でしたっけ(どこかの本にこのネタが書いてあったが失念)。

続いて、石田衣良『池袋ウエストゲートパークⅨ ドラゴン・ティアーズ-龍涙』、9名の作家による『リレー短編集 9の扉』、有栖川有栖『モロッコ水晶の謎』を読了。

最近、有栖川有栖作品を読み返すのにハマってましたが、まだ未読の作家にチャレンジしないと、面白い本に出会うチャンスを逸するかもと思い、今回で再読は休止です。
冒険の旅(?)に出るぜ!
  
タグ :逢坂剛


Posted by tack at 23:41Comments(0)本・小説

2010年05月15日

今そこにある危機

夕方、ベランダの鉢植えの水やりをしていたら、空にもうもうと黒煙が昇り、風に流されているのが見えました。家から2㎞くらいの場所。
火事か!? と家人に知らせたら、「あ~、知ってるそれ。もう1時間は煙が出てるんちゃう?」との返事。車で出かけていた時に、遠くから見えたらしい。
「産廃業者が何か燃やしてるんやろ」って、アンタそれはそれで犯罪ですよ。
いや、そもそも、

火事だよあれは!!

どんだけ平和ボケなのか。
  
タグ :火事


Posted by tack at 23:18Comments(0)日常

2010年05月13日

ハーブ求めて

アクセス500突破しましたー。
見に来てくださる方、ありがとうございまする。

ステビア(甘い葉っぱのハーブ。砂糖の代わりに使えるありがた~い植物)が枯れちまいました。毎年、冬越しに失敗し続けております。予備に苗を買っておかねばと思ってたのに、今年に限ってステビアの苗が出回ってませんよ。なぜだ、ホームセンターコー〇ン! いつもは売っていないバレリアン(ハーブです)があったから、もしかして入荷商品を変えたのか!?
打ちひしがれつつ、他の花屋まで探しに行ったけど、もうハーブ苗が出回る時期には遅すぎた・・・。がっくり。
ところがどっこい(←古い)、100円で投げ売り状態の、クレマチス‘カートマニージョウ’を入手。安いなぁ。
ハーブは秋まで待たねばなるまい。  


Posted by tack at 23:50Comments(0)園芸

2010年05月12日

ある少女

百円ショップの店内はすいていた。段ボール箱を抱えて、陳列棚に商品を並べるエプロン姿の店員ばかりが目立つ。俺は買いに来たスーツカバー(ハンガーに吊るした衣類をホコリから守るやつ)を手に取り、レジに向かう。小学校低学年の少女が、黄色いメガホンを口元にあてて立つうしろ姿が目に入った。少女は深呼吸をひとつするや、

「皆様の生活と安全を守り続けてまいりました〇〇党です!」

と、腹から声を出して演説を始めた。〇〇党の街頭演説を丸暗記しているらしい。

店内はすいていた。俺以外、少女の演説に気づく者はいなかった。
レジで代金を払い、店を出た10分後、俺は家に着いてようやく笑った。



と、ハードボイルド風に書いてみました。実話です。
何でこんな面白ネタに、わたくしひとりっきりの時に出くわすのか・・・。


  


Posted by tack at 23:24Comments(0)日常

2010年05月11日

ここ数日で読んだ本

神林長平『狐と踊れ』(新版)を読了。
9篇ある中で、「蔦紅葉」がとても気になりました。山岸凉子が描けばさぞやゾクゾク来るだろうな~と妄想してしまった。

続けて読んだのは、辻村深月『V.T.R.』。
ちょっぴりハードボイルドでミステリでした。

今はウィリアム・モール『ハマースミスのうじ虫』を読んでいるところです。
今夜中に読破できるといいな。
  


Posted by tack at 23:24Comments(0)本・小説

2010年05月09日

ワープ

疲れてる自覚はバリバリあったんですが。まさか風邪の引きかけとは思ってなかったぁぁ。
今朝起きぬけから体がだるくて、一日ずっと家でのんびりごろごろしつつ、見るともなくTVを見てました。外はとてもいい天気だし、ニセアカシアの花がそろそろ満開なので散歩に行きたかったのを我慢して、おとなしくしてたんですけど・・・頭痛がひどくなっている。
勘弁してくれ・・・。

TV見てたら、『鋼の錬金術師』にあたりまして、56話でした。
去年1話目を見て以来ですよ(笑)。
話が飛びすぎてて、何が何だか分からない。  


Posted by tack at 23:22Comments(0)日常

2010年05月08日

あんこ一発

疲れがたまると甘いものが欲しくなるのですが、やたらとあんこが食べたくてしょうがない・・・。ようかん1本丸かじりでも可(とは言え、一口で飽きると見た)。
暑い日が続いて、なけなしの体力を奪われたのが原因らしい。
リポビタンDならぬ、「あんこ一発」・・・(←疲労でアホアホです、わたくし・・・)


のろのろと、夢野久作『犬神博士』を読み終えましたー。
1931~1932(昭和6~7)年に新聞連載された作品だそうですが、今読んでも面白い! 今だからこそ面白いのかも知れませんが。
しかし、読み始めてすぐ「キチ〇イ」という単語がどっさり出て来てビビりました。  
タグ :夢野久作


Posted by tack at 23:45Comments(0)本・小説

2010年05月06日

ネガティブハッピー

今日、誕生日だった・・・。
「ケーキ買ってきたよ~、翌日だと安いねぇ」と家人が言う。
箱の中はコレである↓


コレ・・・・・・・・・(絶句。)
確かに昨日は子供の日でしたけどさ・・・そりゃ翌日だと割引きされてるけどさ・・・。


「もうひとつ買ってあるよ、こっちから食べようか」と差し出されたのがコレ↓


思いっきり「こどもの日」のお祝い用ですがな!

おいしかったっス(苦笑)。



  
タグ :ケーキ


Posted by tack at 23:24Comments(0)日常

2010年05月04日

花と蛇と肉

27℃を記録しましたよ、わたくしの部屋。
あまりに暑いので、やけっぱちの散歩に出ました。ちょうどニセアカシアの花が見ごろな時季だろうと踏んでたんですが、やっぱり今年はちょっと生長が遅れてました。狙いの花はまだ1分咲きくらい。そのかわり藤の花が見ごろでした。藤って日本原産なものだから、あちこちに生えてます、うちの近くの山は。

山道をのんびり歩いてたら、がさがさと大きな音が。何だろうと足元を見たら、蛇がいた・・・縞蛇。久しぶりにこんな間近で見たなぁ・・・縞蛇って、薬用なんだっけ? と落ち着いてるわたくしも何なんだかな。

蛇行する山道の途中で、焼肉を食べている男女を発見。男の人の上半身が裸なんですけど・・・。というか、もの凄く変なところで炭火焼肉。坂道の途中でやるか普通、無理な体勢で食べてるぞ。
そして二人の会話は日本語じゃなかった・・・ん~と、焼肉だから韓国の人?(←安直)
小声だったから詳細不明。  
タグ :散歩


Posted by tack at 23:41Comments(2)散歩

2010年05月03日

園芸

ベランダがにぎやかになってきたので、いろいろUPしてみるなり。
まずはハーブ類。クリムゾンクローバー(後ろにセントジョーンズワートやクリーピングタイムやローズマリーも写ってます)。

続いてヒメヒオウギ。

ミニバラ(黄とピンク)。
黄色のほう、つむじが3個あるみたいな感じ。





おまけ。

刈り取ったハーブを部屋干し中。プチ魔女の家状態である。
今年は植物の生長が遅い気がする。








  
タグ :ハーブ


Posted by tack at 23:27Comments(0)園芸