2011年12月24日

今日、イブだったのか

午後に図書館までお出かけしました。
寒いので、防寒対策はばっちりでしたよ。靴下2枚重ねしましたからね~。

さて。
読んだ本は2冊です。
今日借りたぶんじゃなく、前回図書館から借りていたものです。

長嶋有『ぼくは落ち着きがない』。
高校の図書室が舞台の青春……なのか? でも日常ってこんなふうに淡々と過ぎて行くものです。
タイトルに「ぼく」とあるから、主人公はきっと男の子だわ~と思っていたら、女の子だった……。

小野不由美『ゴーストハント7 扉を開けて』。
シリーズ完結!
その昔に文庫版を読んでますが、内容をすっかり忘却して幾年月、改めて読むと新鮮なのは喜ぶべきか否か。
まあ、とりあえず全部読み終えてホッとしてます。

で。
図書館に行った帰りに雨(行きは晴天だった)に当たっちまいまして、これはどこぞで雨宿りしたほうが良いだろう、とブックオフでしばし時間を過ごしていたら、気になっていた本を発見。
ここで会ったのも何かの縁だから購入してみました。
天野真歩『コヅミトキ』。


これ、ナンバーがふってないから、1冊完結かと思うでしょ? 思いますよね普通! 
読んでみたら、どうも続きものみたいですよ……。
この、「詰めが甘い」わたくしはどうにかならぬものか。

ところで世の中はクリスマスイブだったんですね。
ひとりで寒風の中を図書館に向かうくらいだから、世の中とズレまくってます。
家人が用意したケーキを食べて、どうにか時流に乗ってみる。


これ、イトーヨーカ堂のやつです。
わたくしはチョコのほうをがっつりいただきました。


イトーヨーカ堂、ケーキのパンフ(カタログ)にAKB48を起用したもんだから、ファンがごっそり持って行ってしまい、パンフが不足してました。  
タグ :読書マンガ


Posted by tack at 23:47Comments(0)

2011年12月24日

違和感

冷え込みが厳しいですね~。
クリスマス頃って、毎年こんな感じでしたっけ?
寒過ぎて、蒲団の中でじっと本を読み続けられません。
すぐに指先が冷たくなって、耐えられず。
夜中の読書がはかどらないけど、暇を見つけてはちびちび読んでます。
この時期は年賀状を書かねばならんのですが……現実逃避中。
あとで泣きを見ること必至。

読んだ本は2冊。

レスリー・メイヤー『史上最悪のクリスマスクッキー交換会』。
タイムリーかな~と思い、借りてみました、主婦探偵第6弾。
ミステリ好き(という設定なのだが、あまり活かされてない)の主婦、ルーシーが殺人事件に巻き込まれて、いつも命の危機にさらされるシリーズです。
ルーシー、うっかりミスが多い。
あと、彼女の住む町は殺人がらみの事件がばんばん起こり過ぎです。

樋口毅宏『さらば雑司ヶ谷』。
先に続編の、『雑司ヶ谷R.I.P.』を読んでいるから、違和感が……。
読む順番って大事ですよね。
仕方ないんですよ、某市立図書館では続編しか蔵書してなかったんです最近まで。
リクエストが多かったのか、ようやく1作目が入った模様。  
タグ :読書


Posted by tack at 00:15Comments(0)