2012年07月30日

白黒

友人Tと会いました。
マンガの貸し借りがメインなのかな~。
ただ単に、怒濤のしゃべくりによるストレス解消が目的かも知れませんが。

しかし。
友人T、1時間15分の遅刻をしでかしてくれました。
携帯電話にかけても繋がらず、事故にでもあったのかとヒヤヒヤしていたら、自転車のブレーキが壊れて、修理店に寄って遅れたとの事。
でもあまりの遅刻なので、お菓子を奢ってもらいましたよ。



冷やし白玉ぜんざい。
あ……あんこが甘過ぎますこの商品。
もっとあっさりしているものかと思ったのに、激甘。

他にもうひとつ、ジュースを買ってくれましたが、
「家に持って帰って冷蔵庫で冷やして飲んでね☆」
と渡されたので、また後日に。
借りたマンガについても後日に。


友人Tとわたくしは、趣味嗜好がよ~く似ているので、何やかやと同じものを買ってしまう(一緒に買い物していなくても、同じものをそれぞれ別の場所で手に入れる)のです。


今回は同行でこれを入手しました、獏(バク)のぬいぐるみ。
とても小さなものです。
悪夢を食べてくれるという想像上のアレとは別物ですが、ついついこっちのバクがそうだと思ってしまう我々。  
タグ :白玉


Posted by tack at 23:59Comments(0)

2012年07月29日

暑さボケということにしたい

19時に物置部屋で、『モヤモヤさまぁ~ず2』を観ていたら、ヒグラシの鳴き声が聞こえ、
(テレビの効果音か? それにしては番組内容とそぐわないが)
と思ったら、ウチの近くで本物が鳴いていましたとさ。
効果音じゃないと気付いたのは、何度も鳴き声がするので、テレビの音声をオフにしてみて、ようやく外から聞こえていると分かった次第で。
そもそも、テレビの音声よりもヒグラシの鳴き声のほうが大きく、出演者の声がかき消されていたのだから、現実の音とすぐ知れただろうに……暑さでいつも以上に頭が回ってないなぁ。

さて。
本日読んだ本は1冊。
新井素子 『今はもういないあたしへ…』。
2本立てSF文庫ですが、1本目の、『ネプチューン』は以前に読んでいるような……もしかしてこの文庫、まえにも図書館から借りて読んでいるのではなかろうか。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:59Comments(0)

2012年07月28日

読んだ本

熱帯夜に負けて、氷枕(冷凍庫で凍らせて何度も使える便利なもの)を使い始めました。
しかし、クーラーは使ってません。
去年も使わずだったような……エアコンのプラグは抜きっぱなしですし。
扇風機の「弱」でこの夏も乗り切ってやる~!
室温が30℃以上でも、眠気が勝ちます。眠ければ、すとーんと眠ってしまいます。先日など、物置部屋でテレビを観ていたら爆睡してました。扇風機もない蒸し暑い部屋で、ぐーすか眠れるのだから、今年もきっとエアコンなしで乗り切れるはず。

さて。
最近読んだ本3冊について。

米澤穂信 『クドリャフカの順番 「十文字」事件』。
ただいま放送中のアニメ、『氷菓』の原作。
数年前に、『氷菓』のみ読了、続きを読む事なく過ごし、アニメ化で続きに手を出した次第。
が、アニメ化の影響で原作本は図書館からすんなり借りられなくなっていて、2作目の、『愚者のエンドロール』をすっとばし、『クドリャフカの~』を借りました。『愚者の~』は、アニメでもうすでに消化されているからまあいいか、と……。

左巻健男 『面白くて眠れなくなる物理』。
……いや、眠くなりますよ物理の本。
「人類は永久機関を夢見る」という話が面白かったっす。無からエネルギーを生み出すってのは実現不可能なのに、ロマンという名のペテンは世に尽きないようで。

秋田巌 『さまよえる狂気 精神学からの提言』。
図書館の新刊棚で見つけて、何気なく手にして借りて帰って大正解でした。
いやはや面白い!
特に、「言われてみれば!」と思ったのが、

 『ブラック・ジャック』(手塚治虫)のような傷ついた英雄は西洋では少ない。傷がつくと、西洋では「モンスター」つまり英雄の個性化のためのいわば生贄のような役回りを担わされてしまうのに対し、日本ではいわば「破形(はぎょう)の英雄」とでも言うべきイメージを持ち得る。座頭市、丹下左膳、キャプテン・ハーロック、クイーン・エメラルダス(これは女性)、『北斗の拳』のケンシロウ、『ベルセルク』のガッツなどなど。

……ってところなんですが、著者、結構オタク気質? でも確かに日本のヒーローは傷を負ってる事が多いよな~と納得。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:24Comments(0)

2012年07月26日

当たりは当たり

6月末までに森永乳業がやっていたキャンペーンで、牛乳パック5本分で一口応募できるってやつがあり、はがき一枚一口を投函してみたのです。
わたくし、QUOカード5000円狙いでしたが。


Wチャンスという、要は残念賞な、ストラップが届きました……。

なけなしの運をこれで使い果たしてしまった気がする。  
タグ :ストラップ


Posted by tack at 00:38Comments(0)

2012年07月25日

思う壺

本棚に余裕などないというのに買ってしまいました。


伊藤悠 『シュトヘル 1』。
先日購入した(別の)マンガに挟まっていたチラシを見て、
(このマンガ、絶対わたくし好みだ!)
と思い込んでしまったもので。
6巻まで出てるけど、とりあえず1巻のみ入手……つうか、買いに行った本屋さんは2巻が歯抜けだったのさ。
単行本にはよく、「他にこんな作品もありまっせ」なチラシが挟まってますが、今までこれといって触発される事もなかったというのに、今回は出版社の思う壺にはまり申した。
そして読んでみれば、やはりわたくし好みのマンガです。
続きが気になってしょうがないが、ゆっくり買い集めていこうかと。
楽しみは長く続いて欲しいからな~。  
タグ :マンガ


Posted by tack at 00:21Comments(0)

2012年07月23日

ちょびっとずつ

最近、がっつり本が読めなくなってます。
暑い→食欲減退→体力低下→睡眠時間増加、といった感じ。
読書の時間が減ってます(テレビ視聴は変化なし。しかし、テレビを観ながら舟を漕いでしまう)。
が。
少しずつ読める本なら大丈夫。
という訳で、益田ミリ 『前進する日もしない日も』というエッセイと、
平井敬也 『災害はあなたにもやってくる! 天災人災格言集』の2冊を数日かけて読了。
布団の中で、ちょびっとずつ読みました。
『天災人災格言集』、しょっぱなが、「天災は忘れた頃来る。(寺田寅彦)」で、予想を裏切らない。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:28Comments(0)

2012年07月22日

読んだ本

<本書は、私が自らの先祖を辿るという極めて個人的な記録です。>
という前書きで始まる、高橋秀実 『ご先祖さまはどちら様』を読了。
序章の、
<生来の方向音痴である私は、見知らぬ土地に出かけると必ず道に迷う。>
という一文に、親近感。

三輪チサ 『死者はバスに乗って』と、宮部みゆき 『あかんべえ』は、偶然同時に図書館から借りて来たのですが、「この世のものでないものが見える人と見えない人がいる」という似た話でした。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:07Comments(0)

2012年07月21日

シンプル

今ハマっているお菓子。



このお菓子、緑豆・塩・油のみという、とてもシンプルなものですが、これが美味なのですよ。
暑くて汗をよくかくから、塩味のお菓子がありがたい。

さて。
金曜日にちょろっと時間が空いたので、友人Tとマンガの貸し借りをしました。


今回借りたのはこの1冊。
石動あゆま 『コーセルテルの竜術士~子竜物語~』第4巻。
新キャラ登場で、まだまだ話は続く……友人Tいわく、
「もうマンガは本棚に入りきらなくなっている」そうな。
わたくしの部屋も同じく、マンガが本棚に収まりきらず、困ってます。



ところで。
アクセス数が20000を突破。
いつも見に来てくださる方に感謝☆  


Posted by tack at 01:02Comments(0)

2012年07月17日

ど根性

梅雨明けして、かんかん照りな夏到来です。
でも、去年よりはまだ涼しいような気もしますが。

こちらは、隣家の屋根瓦(の隙間)から生えている草。


素晴らしい根性です。
どこまで大きくなるのか気になってしょうがない今日この頃。

さて。
最近のベランダは、暑くて暑くて、長居出来ません……。
夕方に鉢植えに水やりをたっぷりしても、すぐに土がからからに乾きます。


ハーブのレモンバームが、やたらと花を咲かせております。
花ばかり咲いて、葉っぱが茂らないため、ハーブティーが飲めません。


レモンは元気に茂ってます。
種から育てているから、実がなるまで長~くかかります。
気長に待つべし。


トウガラシは順調に実がついてます。
虫がつかないように気をつけなければ。
とりあえず、木酢液を水で薄めてスプレーしておきました。  


Posted by tack at 23:18Comments(0)

2012年07月16日

懲りない

先日読んで怖い怖いと言っていたのに、懲りずにまたもその手の本を借りて来ました。
羽根田治 『ドキュメント 滑落遭難』と、柏澄子 『ドキュメント 山の突然死』の2冊。
滑落遭難……嫌な文字列です。あと、突然死は、断トツで心臓疾患が多いそうです。

他に読んだ本は3冊。

まずは、隼川いさら 『リーディング 司書と魔本が出会うとき』、『リーディング 司書と迷える魔本』。
本の汚れを落とす特殊な、「リーディング」能力を持つ女の子が主人公のファンタジーシリーズ。本好きとしては読んでおかねばなるまい、と思った次第。
暗い過去を引きずっている男と、天然で一本気な主人公(女)という、ロマンス小説の図式は滅びないのだなと感心。

最後の1冊は、有栖川有栖 『高原のフーダニット』。
火村&アリスシリーズ3本立て。このコンビの話、最初から読み返したいんですが、冊数が多く、尻込み中。

  
タグ :読書


Posted by tack at 23:15Comments(0)

2012年07月14日

ゆるゆるだらだら

午前中の事。
わたくしは自室にいて、針仕事をしていました。
縫いものに集中していたのに、本能あるいは第六感と言うべきか、嫌な予感が全身を貫き、床に目をやると……ムカデが!!
床の上を闊歩しているじゃありませんかー!!
体長およそ10cm。
全身を鳥肌が覆い、体が緊張感で動かなくなるも、
(このままヤツを放置して、どこか目の届かぬ所に逃げられたら、わたくしに安息の日々は来ない!!)
そう思うと同時に、自室用スリッパを握りしめ、ヤツに向かって行ったのだった。
そんなこんなで無事にムカデを始末。
しかし、どこから湧いて出たのだろう……そしていつから自室にいたのだろう。
部屋の中ではゆるゆるだらだらしたいのに。
日常がサバイバルなのは勘弁願いたい。  
タグ :ムカデ


Posted by tack at 23:52Comments(0)

2012年07月13日

チャレンジ

虫がつく前に一度は飲んでおかねばと思っておりました。
という訳で、今年収穫・乾燥させておいた、マロウのハーブティーをちょびっといれてみました。


このクソ暑いのにホットですよ……何の罰ゲームですかこれ。
マグカップの中に浮いているのはゴミではなく、マロウの花です。色が抜けて何が何だか分からなくなってますが。
とりあえず色がお湯に出たから、花を除去して、レモン(瓶入りのポッカレモン)を数滴落としてみるとしよう。


おおおっ! 青からピンクに変わりました!
本で読んで知ってましたが、実際目にするとびっくり。
で。
せっかくいれたんだから飲んでみないと……ひとくち含んでみるとですね……味が薄い。
花の量が少な過ぎたようで。
チャレンジ、失敗。
ああ……本日この夏はじめて食べた棒アイス、ガリガリ君ソーダ味は美味しかったなぁぁ(現実逃避)。  
タグ :ハーブ


Posted by tack at 23:26Comments(0)

2012年07月11日

末っ子奮闘

アラン・ブラッドリー 『水晶玉は嘘をつく?』を読みました。
11歳の化学好き少女、フレーヴィア・ド・ルースが主人公の長編ミステリ第3弾。
財産の持ち主の母を亡くし、家計は火の車のルース家の三姉妹の末っ子がフレーヴィア。
姉ふたり(妹に対して厳しい)と復讐合戦を繰り広げ、化学知識を駆使して姉に対しいろいろ画策するも、姉たちのほうが一枚も二枚も上手で、毎回すっきりできない主人公ですが、いざ殺人事件となると冷静に現場把握、誰がどう殺害したかを解き明かしてしまう。何とも怖ろしい子です。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:26Comments(0)

2012年07月10日

たまげた

ニコ動で、『カメラは見ていた! 凶悪事件TOP10』なるものを見つけて、
(何だこれ?)
と何気なくポチっとなしたら、衝撃映像が……。
いやもう、魂消た。
「あまりの内容から削除されたあの動画」という解説に深くうなずくわたくし。
『レッドマン』という、れっきとした円谷プロのヒーローだそうな。
デイリーモーションでも動画が見られるようです(タイトルは違うけど。レッドマンで検索)。
見ている間ずっと、開いた口がふさがらない&笑いたいけど笑っていいのかと悩みました。
この世には凄いものがあるんですね……って、すでに知っている人からすれば、「今ごろ何言ってんの」でしょうけど。
それにしてもこのレッドマン、ファンから、「赤い通り魔」呼ばわりされているってどうなのよ(笑)。  
タグ :動画


Posted by tack at 23:27Comments(0)

2012年07月09日

順調?

2年前だったか、種をまいて育てて、大量に収穫したトウガラシがもう残り少なくなりまして、今年は栽培しようと、乾燥保存していたタカノツメの種を試しにまいてみたら、ちゃんと発芽生長。


本日、一番花が咲きました~☆
種をまく時期が遅かったのと、台風襲来で葉っぱがズタボロになったりしましたが、この様子だと収穫が望めそうです。

種をまく時期が遅れたのは、こちらもそうです、綿花。


毎年毎年、種まきをど忘れしております。今年は特に遅く種まきしてしまい、育ちがとても悪い。
やっと花が咲きました。  


Posted by tack at 23:28Comments(0)

2012年07月08日

夏は来ている

本日は午前中に図書館へ本を借りに行き、午後は散歩しました。
15時過ぎに急に歩きたくなり、デジカメ持ってぶらぶらと。


いい天気に誘われて、ひとり気ままに歩く。


わたくし、虫が大の苦手だったんですが、現在住む家に越して来て、いろんな虫に遭遇するにつれ、慣れました。


木々に囲まれると、一気に気温が下がってひんやり涼しいっす。


梅雨入りして長らく散歩していなかったせいもあって、緑の濃さに驚く。
先日の大雨で、まだ地面は湿っており、土の匂いが強い。


数年来の調べたかった事、それは、「アカネの花の香りがハチミツに似ているのは本当か」。
花を発見、匂いを嗅いでみるが、湿った土の香りしかしない……そして、帰宅して手持ちの植物図鑑を調べてみると、アカネの花の香りの記述がどこにもない……記憶違いか! 何と間違えて覚えていたのだ、わたくし!


イイ感じの廃屋。植物に乗っ取られてます。


とにかくいい天気で、気温もさほど高くなく、歩くのにもってこいの午後。
60分の散歩でした。


ラストのこれは、来週の祭仕様の電柱。
神輿を通すための準備です。電柱を守るためというより、神輿を痛めないための処置。
散歩中、あちこちで蝉の声を聞きました。すっかり夏です。  
タグ :散歩


Posted by tack at 23:45Comments(0)

2012年07月06日

強引なおとぎ話

桜庭一樹 『傷痕』を読了いたしました。
え~と……物語の冒頭から、
(あれ? あれ?)
と大いなる違和感。
20世紀のポップスター、キング・オブ・ポップなる男性の死から、母親不明だしポップスターの実子なのかも分からない、11歳の娘、傷痕という名の少女(メディア対策で、父親に木彫りの仮面を被らされている)がひとりで歩きだすまでの話。
舞台が日本となると、何でこうも違和感がでかいのだろう。
元ネタが有名だからかな。

本に載っている参考文献、本物のキング・オブ・ポップに関する書籍ばかり(笑)。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:32Comments(0)

2012年07月05日

読んだ本

ベランダでの栽培に挑戦中の小玉スイカの育て方に不安を感じ、図書館へ行って、園芸本コーナーで立ち読みしていたら、ふと、
(わざわざ本で調べずとも、ネット検索すれば手っ取り早かったのでは?)
という冷静な自己ツッコミが入りました。
調べ物は本で、というのが身にしみついている模様。
てな訳で、借りて読みました、飯塚恵子(監修) 『基本の野菜 じょうずな育て方』を。
やはりわたくしの育て方は間違ってました……育て方って言えるものじゃなく、単につるの伸びるがままに放置していただけですが。つるの葉の数が6枚くらいになると、先っぽを切り、脇から芽を伸ばしてやらねばならないそうです。

深沢七郎 『みちのくの人形たち』という短編集を読了。
独特の小説を書くひとで、ちょっとぞくぞくします。

1960年代のテレビ時代劇の黎明期を中心に、チャンバラ愛に満ち満ちた1冊、
黒鉄ヒロシ 原案・構成ペリー荻野 『名作時代劇おもしろドキュメント 伝説 日本チャンバラ狂』も読みました。
わたくし、テレビ時代劇の再放送を観るのが大好きです。
新作は観る気がしません。ちょっと古いのがたまらなく面白く感じるのです。
『暴れん坊将軍』のシリーズ第1作目を観て、
(上様が若い……!!)
とびっくりするのがまた楽し。
  
タグ :読書


Posted by tack at 23:33Comments(0)

2012年07月03日

半泣き

羽根田治 『ドキュメント 道迷い遭難』なる本を読みました。
これがもう怖い内容で、わたくし読んでいて半泣き。
(これ以上読んでられない!)
と何度も途中で本を閉じて深呼吸、休み休み読み進めました。
1999~2005年にあった、山で遭難するも助かった人々の話なんですが、どの事件も、「おかしいと思ったら引き返せ」・「道に迷ったら沢を下るな」という山の鉄則を無視、どんどこ悪い方へ悪い方へと突き進んで行くから、胸がドッキドキ。
わたくし、方向音痴なので、遭難は恐怖です。どんなホラー小説よりも怖い本でした。

他に読んだ本は2冊。
深沢七郎 『言わなければよかったのに日記』というエッセイと、
マルコ・ポーロ 『東方見聞録』。
『東方見聞録』、これってマルコが自分で書いたものじゃないとは……。
<1928年、ジェノバの牢獄にあったマルコが同房のルスティケッロにフランス語で書き記させたもの>らしいが、自分で書かなかったから、ルス君の勝手な脚色はあるわ、写本する時にもあれやこれやと手を加えられ、眉唾ものです。最初は真面目に読んでましたが、途中から斜め読み。
  
タグ :読書


Posted by tack at 23:27Comments(0)

2012年07月01日

脱法じゃない

小玉スイカの花が咲きました。


花は午前中に開いて、午後には閉じてしまいました。
こんなのでちゃんと実がなるんですかね? 受粉はどうなってるのでしょうか。
初めてのスイカ栽培だからって、闇雲もいいところですが。
まあ、何しろ苗が¥30の激安だったから、枯れてしまってもいいや、な軽~いノリで育ててますから。


こんなにすくすく生長してくれるだけでありがたいってものだ。

こちらはスペアミント。花穂が出現しております。


ここから種を取ってみるのも面白そうですが、他のハーブと交雑したらややこしそうでもあるので、ばっさり刈り取りしました。


このミントと水と砂糖を鍋で煮て、ミントシロップを作りました。
キッチンでミントを煮ていたら、母が今ちょうどラッキョウ漬の作業中で、10Kgものラッキョウを流し台に持ち込み、家の中に漂うミントとラッキョウ臭。
どちらがより匂うかってーと、当然ラッキョウです。

母 「ああもう臭いな~! その脱法ハーブ!!
私 「脱法ちゃうわ! ラッキョウのほうがよっぽど臭いわ!」
母 「そんな事ない! 脱法ハーブのほうが臭い!!」
私 「大声で脱法脱法言うてたら、ガサ入れしに来るでー!」

……という、心温まる言葉が交わされてました。


ミントシロップは、氷水で割って飲んでみました。美味です。  


Posted by tack at 23:56Comments(0)