2012年10月31日

しわ寄せ詰め合わせ

昨日ポカしたCDの返却に行ってまいりました。
ついでにいろいろと本を借りて来たので、読みたい本がどっさりある状態にうっきうきです。
いつ読む暇があるのかという現実はとりあえず無視。

さて。
10月末にどたばたしてます。そりゃもういろいろと(2日連続で図書館行ったり…)。
忙しさでちょっぴりやさぐれ気味のわたくしの前に、救世主現る。


やるなぁ、『越後屋』さん!!
久しぶりに声出して笑いましたよ☆

ところで。
日曜日に、1月4月以外にも集まって食べてしゃべってストレス解消しようと企画した、秋の会をしました。
その時の事を(日曜当日にブログにUPしておかなかったしわ寄せ…)。


お菓子の量が少ないのは、ひとり欠席したせいです。
今回は3人しか集まれなかったので(いつもは4人)。

友人Tがクレーンゲームでゲットした「柿の種」、樽に入った大物の中身はこんなでした。


レンゲでばかすか食べろ、という事らしい……豪快さを求められてもなぁ。
こんなのをひとりで消化したら、胃に悪かろう。


4人分に分けてもらい、持って帰りました。
ちびちび食べております。

で。
こちらは借りたマンガです。


荒川弘 『銀の匙 5』。
週刊連載の単行本は刊行ペースがとても早いな~。
この『銀の匙』、アニメ化するのかな? どうだろう。

あと、この日に買ったマンガがあるのですが、それについてはまた今度に。  


Posted by tack at 23:44Comments(0)日常

2012年10月30日

ネタふり

図書館から借りているCDを今日返却しておこうと出かけたら、ケースだけ持って行くというポカをやらかす。
中身のCDは、デッキの中。

何やってんだかな……。
まあ、返却期限は今週の金曜日なので今日2往復する必要はないけどさ。
先週借りて来て、CDを聞く時に、
(デッキに入れたまんまCDケースだけ返却したりして~、はっはっは、まさかなぁ)
とか思ってましたが、それは今日のボケのネタふりだったのか!

ところで。
夕方に灯油売りの車が近くまでやって来ました。
そろそろ電気ストーブを出さないと、朝晩がきついなー。  


Posted by tack at 23:50Comments(0)日常

2012年10月28日

いいのかな~

たま~に自転車で通る道にある、この店が気になっております。


電線が邪魔してますが、上の看板にあるイラスト……そして店名……。


世界のネズミほど縛りがきつくないけど。
いいのかな~これ。  
タグ :看板


Posted by tack at 23:46Comments(0)日常

2012年10月26日

念願

本日は図書館へ行かねばならず(貸し出し期限が今日までだったのです)。
どうせ出かけるのなら、ついでに足を伸ばそうかな~と思い、久しぶりに園芸店に行ってみました。
例年ならば9月半ばにはハーブ苗が売られてるのに、何故か今年は遅かったようで。
欲しいハーブがなかなか見つからない数年を過ごしていたら、見つけましたよ!


おおお~~っ、3年ぶりくらいですよ、ステビアの実物を見るのは。


ステビアの苗はこれひとつだけしかなかった……いろんなハーブがわんさか並んでいる棚から発見したわたくしを褒めておきましょう。

浮かれついでにこちらも買いました。


ナデシコ。
ピンク色の花が好きなのは、桜好きから来ているらしい。
桜……欲しいなぁ……盆栽用のがあるんですけど、高価なのでなかなか手が出せません(貧乏性)。  


Posted by tack at 23:35Comments(0)園芸

2012年10月25日

読んだ本

ここ最近読んだ本は3冊。

中山七里 『静おばあちゃんにおまかせ』。
捜査一課の刑事に見えない刑事の葛城(イケメン風?)と、両親を事故で亡くして元裁判官の祖母の静おばあちゃんと暮らす円(まどか)の3人が、難事件を解決する短編連作ミステリ。恋愛要素もちょっとあり。

須賀しのぶ 『永遠の嚝野(こうや) 芙蓉千里3』。
度胸と行動力の娘、フミが波乱万丈な人生を猛ダッシュで駆け抜けるシリーズ。今作でラストかな?

ヤマザキマリ 『テルマエ戦記』。
『テルマエ・ロマエ』の作者のエッセイ。

先日、TSUTAYAのコミックレンタルを覗いたら、ワゴンセールに2セットが並んでましたっけ……。
映画化のレンタル需給調整の末に、安売りワゴン行きとなった模様。
それにしても動きが早いなぁこの世の諸行無常は……と思いつつ某コンビニに行けば、これまた映画化の需要で仕入れたのが並んでました、『テルマエ・ロマエ』。
ちなみに、別のコンビニでは映画&ドラマ化の影響で『大奥』が並んでます。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:33Comments(0)本・小説

2012年10月24日

おまけ

ちょっと奈良まで行って来た時の写真の残り。
ばかすか撮った割に、これといった内容はありませんが。

とにかく広い當麻寺をあれこれと。



中将姫の像。小さい像だから、もっとアップで撮ればよかったか。





以下から石光寺。こっちはあまりばかすか撮ってなかったなぁ。


ちょうど稲刈りシーズンでした。遠くに石光寺が写ってます。


石光寺に近づく。


門。もろ逆光。
天気が良かったのだけはよく伝わるであろう写真の数々でした……。
  
タグ :奈良


Posted by tack at 00:15Comments(0)散歩

2012年10月21日

ブルーライトも何のその

「夜中にパソコンの画面を見てたら、ブルーライトの影響とかで、すんなり眠れなくなるよ」
と母。
「パソコンの電源切ってから自室に移動して、ベッドにもぐりこんだ3秒後には爆睡してますよ」
とわたくし。

最近ずっと寝不足で、動悸とふらつきが……そろそろ本気で睡眠時間増量に励まねば倒れてしまう……読みたい本が残ってるけど、今夜は早めに寝ます。
読んだ本についてや、先日に撮った奈良の写真のおまけは、体調が戻ってからUPします。  
タグ :睡眠


Posted by tack at 23:42Comments(0)日常

2012年10月20日

ちょっと奈良まで(後編)

月曜日に行った奈良の話の後編です。

當麻寺から移動、次の寺に向かっていると、やたらとこれを目にしました。


周辺の電柱の街灯は、みんなこのデザインで統一されてます。鳳凰かと思われる。さすが奈良。何がさすがなのかは分からないけど。

さて、次の寺に到着です。



石光寺(せっこうじ)なる、牡丹・寒牡丹・芍薬の花で有名なお寺だそうで。
しかしどの花も時季じゃない……。


中に入ってみると、當麻寺のべらぼうに広い境内と違って、こじんまり。
写真が撮りにくかったっす。何もかもが近いところにぎゅーっとかたまってあるもので。


これは石光寺の近くのお宅(個人宅。でかい屋敷)にあった飾り瓦の宝船。おめでたいので撮ってみました。

車は、當麻寺の時はすぐそばの駐車場(3時間¥500)に、石光寺の時は『道の駅・ふたかみパーク當麻』の駐車場に止めてました。
体力自慢のひとは、道の駅に駐車しておいて、當麻寺まで歩くといいかも。


こちらは先述の道の駅のそばの広い公園にある太鼓橋。
園内案内板にあった、水車小屋なるものは見つけられず。わたくしの予想では、木が痛んで取り壊したのではなかろうかと……。


ラストは道の駅でばったり会った、葛城市公式マスコットキャラクターの『蓮花ちゃん』。
「すみません、写真撮らせて下さい!」とお願いしたら快くポーズをとってくれました。

道の駅や蓮花ちゃんが気になった方はこちら→http://www.futakami-park.jp/

まだもう少し撮った写真があるから、後日またおまけでUPします。  


Posted by tack at 00:31Comments(0)散歩

2012年10月18日

ちょっと奈良まで(前編)

先日、酔い止め薬を飲んでまで出かけた時の写真を一部UP。
なるべく車に乗りたくないんですが、ちょうどその日は仕事がなくて時間が余っていたのと、今月は遠出が出来ずにいたためストレスが溜まりに溜まっていたから、家人の誘いにのってみました。

そんなこんなで奈良の當麻寺へ。
ちなみに、「當麻」は新字体だと「当麻」で、「たいま」と読みます。
たいま……漢字が違うとかなり危険です。



當麻寺といえばこの方、中将姫であらせられます。
美しく聡明なこのお姫様は、意地悪な継母によって無実の罪を着せられ殺されかけるも助かり……という伝説が。
以前から気になってるんですが、話がどうも『白雪姫』っぽいような……。


この上の写真の右手前のは、日本最古の梵鐘(白鳳時代)だそうな。

古さ自慢より気になるものを発見し、テンションが上がるわたくし。



何なのこのじーさん! 門番?
説明書きが見つからず、すっきりしないままです。
それにしてもいい味出してます。



とにかく広いんですよ、當麻寺は。
全てを見て回れなかったっす。残念。


境内では、金木犀の香りが充満してました。  
タグ :當麻寺


Posted by tack at 01:05Comments(0)散歩

2012年10月17日

読んだ本

小川洋子 『小川洋子対話集』。
翻訳家の岸本佐知子との対談が目当て。

石原たきび(編) 『酔って記憶をなくします』。
世のヨッパライのひとびとの実話集。
わたくし、お酒が飲めないから、ヨッパライの生態が謎です。
「目覚めると食べかけのおにぎりが口にあったからそのまま続きを食べた」ってのがいいっすね合理的で。

万城目学 『偉大なる、しゅららぼん』。
京都→奈良→大阪と来て、今作は滋賀が舞台の、ぶっ飛び学園青春小説。
琵琶湖畔の石走(いわばしり)にある城に住んでいる本家から通学する事になった主人公が、巻き込まれ&運の悪い人生にイヤイヤ付き合っていたら、実際は主人公が巻き込むほうだったりする、変てこな物語でした。  
タグ :読書


Posted by tack at 00:14Comments(0)本・小説

2012年10月15日

効き過ぎ効き過ぎ

本日、ちょっと車でお出かけいたすために、酔い止め薬を服用。


わたくし、とてつもなく乗り物酔いする体質なので、普段は風邪をひいて高熱でうなされようが、はたまた胃が痛かろうが、薬が嫌いで絶対飲まないのですが、酔い止めに関しては全面降伏して薬に頼ります。
普段、薬を摂取していないせいもあるのか、酔い止め薬、むちゃくちゃ効きました。
お陰さまで楽しいドライブでした……が。
もんのすごい睡魔に襲われ続けております。
疲労から来るものではなく、薬の影響の眠さなので、とにかく暴力的な睡魔。

そういえばその昔、酔い止め薬の液体タイプが発売されたばかりの頃、子供用のは存在せず、仕方なく大人用の瓶の半分を飲んでみたら、服用後から延々眠り続け、2日間は襲いかかる睡魔に悩まされた経験が……なんちゅう危険な事をしでかしてるんだよ!

……という事を思い出しつつ、今も眠くて眠くてたまらないわたくし。
外出先で撮った写真や、どこに行っていたのかなどについては後日に。  
タグ :


Posted by tack at 23:46Comments(0)日常

2012年10月14日

お試し

昨日入手した、『チャイ用ブレンドシュガー』を使ってみました。
これにシナモンパウダーを足すともっと美味しくなりそうです(しかし今、シナモンパウダーが家にない)。


懐かしの菓子パンとともに本日の昼食はこれでした。
こんなもんばっかり食べてるから、体力が落ちる一方……。  
タグ :チャイ


Posted by tack at 23:41Comments(0)日常

2012年10月13日

貧乏性の散財

午後に暇が出来たので、図書館行きついでにお買い物してストレス解消するべし! と思い、愛車(自転車。「火の車」と名付けている)で外出。
しかし、貧乏性なので小さい買い物しか出来ません。

まずはこれ。


100円ショップで見かけて気になっていた、『チャイ用ブレンドシュガー』。
美味しいのかどうかと悩んで買うのを躊躇してましたが、ものは試しです。
2本買ったのは、友人にも渡そうかと。
まだ試してませんが、ミルクティーにぶち込めば簡単にチャイ風になるそうな。
面白いものを開発するなぁ、ハウス食品さん。

つづいてはこちら。


小岩井コーヒー(机の上がごっちゃごちゃなのは無視してくだされ)。
わたくし、コーヒーが苦手ですが、昔ながらのUCC缶コーヒーや紙パックの甘いやつなら好きなのです。舌がお子様仕様なのですよ。
ただし、グリコのカフェオレだけは駄目なんだー。苦いんだー。
小岩井のもちょっと苦かったな……飲めない事はないけど。
ちなみに、このコーヒーは昼食兼おやつです。今回またも昼ごはん抜きで動き回ってました。バカ過ぎ。
マスヤの『おにぎりせんべい 銀シャリ味』も買って食べたのですが、あまりの空腹に写真に撮る前に完食してしまいました。どうにもこうにもバカ過ぎ。

ラストはマンガ。


伊藤悠 『シュトヘル 5』。
あああ、もう5巻まで買っちゃったよ~!
今のところ6巻までしか刊行されていないのに、ハイペースで追いつきつつあるよ。  
タグ :マンガ


Posted by tack at 23:56Comments(0)日常

2012年10月12日

読んだ本/衣替え

畠中恵 『やなりいなり』を読了。
『しゃばけ』シリーズの10作目、で合っていますかね?
食べ物のレシピから始まる、ちょっと変わった展開の短編集でした。

もう1冊、福岡伸一 『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』も読了。
読んだものの、内容はほんのちょびっとしか理解出来てないという……いいのかこれを読書と称しても。

さて。
かなり涼しくなって平年並みの気温な今日この頃、さすがに衣替えをすべし、という訳で先程ちゃっちゃと済ませました。
昨日まで夏のパジャマ(正確には、着古したTシャツと総ゴム綿ズボンというだらしない格好)でいましたが、それだとやはり肌寒いので春秋仕様(着古した長袖Tシャツとジャージという以下略)に替えました。
あと、やっとこさ扇風機の解体水洗いも果たしました。洗った部品は一晩乾かして、明日組み立てて押し入れに突っ込む予定。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:26Comments(0)本・小説

2012年10月09日

読んだ本/テレビ

氷室冴子 『なんて素敵にジャパネスク』を2巻まで読了。
ここんところ少女小説ばかり読んでいます。さくさく読める本を選んでいたら自然にこうなってしまった次第。
氷室冴子は小説じゃなく、マンガ化された『クララ白書』を先に読んで知ってました。雑誌の巻頭カラー第1話を偶然読んだと記憶してます(はるか昔の思ひ出…)。
『なんて素敵にジャパネスク』は初めて読みました。
乙女ちっく全開なので、ちょっぴり疲れました。こういう本を読むのにタイミングって大事だなぁ。若い時に読むべきだったなぁ。

さて。
秋の新番組(ほとんどアニメ)の録画が溜まる一方で、ちょびっとずつでも消化していかねばなるまい! と時間を見つけてはちびちび観てます。
わたくし、気になった番組は毎週予約を入れておいて、1話目をチェックして続きを観ようと思ったらそのまま続行、もういいやと思ったら予約解除します。
以前にも書きこんでますが、ウチのテレビは気まぐれで、予約を入れておいても、「電波状況が悪かったんだよ~、録画は無理でっせ~」と実行してくれない事が多々ありまして、今回もいろいろやらかしてくれてます。

『マギ』
この秋スタートで一番気になっていたアニメ。
番宣がしつこいくらい流れていたせいであるが。
いざ予約、録画一覧に無事並ぶも、音声と映像が大荒れで観れた代物ではなかった。
ためらわず消去、毎週予約も解除。

『となりの怪物くん』
きちんと録れているのは、深夜枠アニメだからか(深夜のは大概すんなり録画してくれるのだ)。
少女マンガ原作なのでキラキラ乙女っぽいかと思いきや、少年マンガ寄りな気がする。
最近は少女と少年に大きな壁はないのか。
いろんなマンガを読み漁ってないから、詳しく分からず。
とりあえず録画続行。

『銀魂』
録画出来ているがまだ観てない。

『勇者ヨシヒコと魔王の城』
BSで1話目から再放送。
去年に観損ねて悔しかったから予約してみた。
録れているがまだ観れてない。
どんどん溜まっていくのは確実。

『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』
来週からスタートの新作。
これまたどんどん溜まっていくのは確実で、どうしたものやら。

『このへん!!トラベラー』
地域密着番組(というさっくりした説明でいいのか)。
最終回だっつーから録画してみたら、大荒れ映像再びですぐさま消去。  
タグ :読書テレビ


Posted by tack at 23:59Comments(0)本・小説

2012年10月08日

18℃スイッチ

とうとうやって来ました、気温低下による特殊な鼻炎が。
わたくし、最低気温が18℃くらいになると、とめどなく鼻水があふれるわくしゃみが出るわという、何とも厄介な体質なのです。
ちなみに春は、最高気温が18℃くらいでスイッチが自動的に入る模様。
今日一日で箱ティッシュ半分量をひとりで消費してしまいましたよ。
うう……洟のかみ過ぎで皮膚がひりひり痛むぅぅ……耳も聞こえにくい……。
この症状が出たら、この先ずんどこ寒くなるから、衣替えしないとな~。  
タグ :体質


Posted by tack at 23:36Comments(0)日常

2012年10月06日

いつそんな暇が

予定通りに仕事に追われております。
秋の新番組(おもにアニメ)の録画がどんどこ溜まっていってます。いつ観るのだろうか……。
昔に録画したビデオテープも、たまにはデッキに入れて観るか、せめてテープの早送り巻き戻しをして様子をみないと痛むし、デッキ自体もちょくちょく動かしておかないといけないんですが、何しろそんな時間的余裕などござらぬよ。
なのに何故だか本は読めている不思議。
清家未森 『身代わり伯爵の婚前旅行 1 すれ違いの蜜月』を読みました。
このシリーズを読むのは、いつ以来だろう……かなり時間があいてしまい、キャラ名と性格を一致して思い出すのにひと苦労。と言って、イチから読み返す気力はなし。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:56Comments(0)本・小説

2012年10月05日

わたしバカよね~

仕事どっさりで精神的にへこたれております。
この土日は家にこもって、えんえん仕事しまーす(←ヤケっぱち)。
行きたかったなぁ、『四天王寺 秋の大古本祭り』に。行く気満々でいたのに。

さて。
ここ最近仕事に追われてゆっくり外出がままならぬ状況のわたくしですが、図書館の貸し出し期限ぎりぎりの本があったので、本日あわてて自転車を飛ばして返却しに行ってまいりました。
ついでに新たに何冊か借りて来ました。いつ読む気なのか……と自己ツッコミするも、今日ちゃっかり読んでたりするのもどうかしてます。
午前中にいくらか仕事をこなして、部屋の掃除をしてから外出したんですが、昼ご飯を食べるのをど忘れするといううっかりっぷり。空腹感がなかったのと、普段から昼食はあまりがっつり食べていないってのもありましたが、ただでさえ他人よりない体力なのに食べずに動き回るのは無謀の極みでした。
ふらふらで帰宅しました。行き倒れにならなかったのは奇跡。

で、読んだ本は1冊、茅田砂胡 『天使たちの課外活動 2 ライジャの靴下』。
登場人物が多いのに、キャラ立ちがしっかりしているから、すらすら読めるありがたいシリーズです。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:59Comments(0)本・小説

2012年10月03日

読みごたえ重視

本日は、綾辻行人 『Another』を読了。
ハードカバーのとても厚みのある小説ですが、読みだすと一気に最後まで行けます。
ぶ厚い本が読みたく、読みごたえ重視で、『海底二万里』とともに図書館から借りて来ていたものです。
学園ホラーミステリで、中学の三年三組にだけ長年続く呪いに振り回される生徒と先生とその家族たち。呪いの回避法が行われている事を知らされずに転入してきた主人公の戸惑いが、そのまんま読者の戸惑いです。
この小説、映画化されてましたね。今年でしたっけか。とか言っているという事は観てないって事です。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:41Comments(0)本・小説

2012年10月02日

脳散らす業

ジュール・ヴェルヌ 『海底二万里』、新潮文庫の上下巻を読了。
ノーチラス号という名の潜水艦と、ネモ船長の名は知ってましたが、どんな物語なのかはてんで知らずにおりました。
現在再放送しているNHKの例のアニメも、実はちゃんと観た事がないわたくし、ただ単に、「何か読みどたえのあるぶ厚い本が読みたいな~」という軽~いノリで、図書館から借りて来た次第。
読んでみると、ずどんと重い&暗い&オタク臭(作者による)満載でした。

世界中の海で、謎の巨大生物が確認され、それが何なのか調べるために、研究者のアロナクス教授と、使用人のコンセイユは船に乗るが、何やかんやで沈没し海に投げ出されてしまう。
巨大生物を仕留めてやろうという漁師のネッド・ランドなる、怒りっぽいおっさんも投げ出されていたが、教授と使用人とともに、謎の巨大生物扱いだったが実際はどでかい潜水艦だったノーチラス号の上に乗っかって助かり、ネモ船長と出会い、あちこちの海を旅する……という説明でいいのかどうか。
さっさと陸に帰りたい漁師のネッドは、終始ぷんすか怒っているし、教授は知的好奇心のおもむくままだし、使用人は唯一まともなようではあるが教授への忠誠心でいっぱいで変だし、ネモ船長は謎だらけで言う事なす事重苦しいし。読んでいてとても疲れました。
あと、時代だな~というのが、クジラの扱い。
「マッコウクジラは獰猛」、「凶暴で有害な海獣どもは根絶すべき理由があります」そうな。いやはや。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:56Comments(0)本・小説