2013年05月31日

ふっしゅ~

怒濤の仕事を何とかこなして、夕方に図書館へ自転車をすっ飛ばして来ました。
「外伝まで読まずともよかろう」とか言っていたのに、「外伝を見かけたら借りよう」に変化していた例のラノベ(『〝文学少女〟』シリーズの事)は、本日その外伝らしき本が4冊並んでいるのを目の当たりにして、読む気がふっしゅ~っとしぼみました
外伝って1冊だけじゃなかったのかよ!!
しかもその4冊目のあとがきをチラ見すれば、「まだ続く」的なコメントが……。
もういいよ、もう読めないよ、ぼく疲れたよパトラッシュ……。

とはいえども、読書はしたいので、いろいろ借りてまいった次第。
とりあえず1冊、姫野カオルコ 『ああ、禁煙vs.喫煙』という文庫エッセイを読み終えました。
この方のエッセイ、好きだわー。
何冊か読んでますが、この本の前作の、『ああ、懐かしの少女漫画』は未読なので、今度図書館に行ったら探さねば。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:44Comments(0)本・小説

2013年05月30日

驚きの

梅雨入りして、湿度が高く、じめじめ蒸し暑い日々でございます。
うっとうしい季節を吹き飛ばす、面白い本を求めて今日も読書すべし。
という訳で、昨日今日と読んだ本は2冊。

船所武志(監修) 『ふるさと文学さんぽ 大阪』
大阪が舞台の小説(抜粋)、エッセイ、俳句に落語などなど盛り沢山な本。
マンガも載っていて驚きました。はるき悦巳 『じゃり子チエ』の第21話「うちのお父はん」の巻 がまるまる。
アニメの『じゃり子チエ』、関西では何度も何度も再放送されていて、同じ回ばかり何度も観てしまう妙なスパイラルにはまってましたっけ。最初から最後までちゃんと観た記憶がないな~。

エレナ・ポーター 『少女ポリアンナ』
かなり以前に日本でアニメ化した、『愛少女ポリアンナ物語』の原作。
アニメでは、「よかったさがし」だったと記憶してますが、この新訳版では、「嬉しい探し」ゲームとなってます……とはいえアニメ版を観た事がありませぬ。
覚えているのは、主人公ポリアンナの顔を描けるのはひとりしかいなくて、全編ひとりでポリアンナを描いていたアニメーターさんがいた、という人生のどこに役立つのか分からないトリビアのみ(確か、『アニメディア』って雑誌に載っていた)。
物語は、両親を亡くした11歳の少女が、母親の妹のポリーおばさんの家にやって来て、周囲の人々によい影響をもたらしていくというものです。かなり強引な主人公の思考回路と話の展開で、疲れました。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:49Comments(0)本・小説

2013年05月29日

果物の王様

オスカー・ワイルド 『ドリアン・グレイの肖像』を読了。
ドリアンっつう美青年をモデルに、画家のバジルが肖像画を描いていると、友人のヘンリー卿がやって来て、うじゃうじゃ話をし出すしょっぱなからしてもう、この三人の男どものイケナイ雰囲気がもわもわしておりますよ。
正確には、画家とその友人が美青年を取り合いしてるって感じかしら☆
ぼんやりとは内容を知ってましたけど、ちゃんと読んだのは初めてです。
絵のモデルのドリアンは若いまま、肖像画だけが醜くなってゆくというのは、ホラーな設定っぽいのに、恐怖感は薄かったなぁ。最後は自業自得だったし。
それにしても、ドリアンって名前がどうも強烈な臭いが……。

その他読んだ本は2冊。

池田清彦 『アホの極み 3・11後、どうする日本!?』
エッセイです。
原発再稼働についてあれこれと……まあ確かに廃棄物処理をどーするねんってのは、ド素人のわたくしも気にかかります。大金かけて宇宙に粗大粗悪ゴミを放り投げるつもりなのか政府。そうなれば打ち上げ失敗して放射線を地球にばら撒くポカをやらかすに違いないが。

春日武彦 穂村弘 『人生問題集』
対談集。
ふたりともがネガティブで、大丈夫なのかこのひとたち……面白いけど。
人間の業の話になると、何で松本清張(の小説)で例えるのか……面白いけど。  
タグ :読書


Posted by tack at 00:25Comments(0)本・小説

2013年05月25日

読んだ本

仕事はほどほどに集中、読書はたっぷり集中が目指すべき日常。

糸通しの破壊は小康状態(使い方をちゃんとしとけば長持ちするよ、と手芸品店のおばさんに今日言われました☆)、しかし今日は針を2本も破壊してます。針穴が大きいからって、ぶ厚い布地を縫うのに使っちゃいけませんねぇ、フランス刺繍用の針は。繊細さのかけらもない事に使って、針穴部分をバッキーンと折ってしまいました。いい音がしました。

さて、最近読んだ本。

北村薫 『読まずにはいられない 北村薫のエッセイ』
いいタイトルだ~。内容も濃くて面白かったっす。

如月ゆすら 『リセット 4』
人生やり直しファンタジーものシリーズ第4弾。この作品、人気があってなかなか借りられず。そしてまだ終わりが見えません。どこまで巻を重ねるのでしょうか。

木村千世 『双界幻幽伝 三人で相思相愛?』
シリーズ初の番外編だそうです。バカップルが何組も出て来て、わいわい楽しい話。本編がどんより暗いほうに突き進んでいるぶん、明るさが際立つ外伝でした。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:52Comments(0)本・小説

2013年05月24日

ベランダ近況とその後の糸通し

晴天続きで気温がぐんぐん上昇、湿度が低めで過ごしやすい毎日です。
ベランダ園芸は順調のようですよ。


ナデシコの花がようやく開花です。


ダイソーで買った種から育てている、つるなしインゲンも、花が咲き始めました。


同じくダイソーで買った中玉トマトの種からのは、勢いよく上に伸びてます。支柱を立てました。


ジャガイモも元気いっぱいです。


ハーブのマロウは、鉢が小さくて、すぐに水切れ。花がわんさか咲くので、花がらを処理するのが面倒臭いっすよ。もういっそばっさり刈って処分してしまいたい衝動が……。


さて。
ここ最近、わたくしを悩ませている糸通しの件。
本日、4個目の糸通しを破壊☆


少しばかりブチ切れましたわたくし、仕事を途中で投げ出して、糸通しを買いに出かけました。
糸通しうんぬんよりも、針穴の大きい縫い針を買ったほうがイライラしなくて済みそうなんですけど、手芸品店ってどこにあるのでしょうか。ここ十数年で3店舗が姿を消してます。
仕方なくダイソーに行って購入するも、必要ないミシン用のものが混じってました……。

ついでというかこっちがメインじゃなかろうか、図書館に行って本を借りました。
読みたい本が部屋にあると、落ち着きます。  


Posted by tack at 23:58Comments(0)園芸

2013年05月23日

二度ある事は

昨日、糸通しの3個目を破壊。
壊さぬように丁寧に扱っているにもかかわらず……!
長らく家の中にあって、使われずにいた糸通しは壊れやすいのでしょうか。
買い足しに行きたくても、仕事の量が半端なくて、外出する暇がないっすよ!!
図書館にも行けなくて、か~な~りのストレスでござる。  
タグ :糸通し


Posted by tack at 23:32Comments(0)日常

2013年05月21日

予定通りにならず読んだ本

糸通しを買いに行く予定、大ハズレ。
買い物に行く暇などなかった……家中を探しまわって、ふたつばかり糸通しを発掘、これでしばらくは安泰です。

で。
最近読んだ本について。

千早茜 『桜の首飾り』
うっすら恐ろしい短編集。妻を亡くした男性と結婚した女性が、時間をかけて前妻そっくりに仕立て上げられてしまう話が、何ともイヤ~で面白かったっす。

児玉清 『ひたすら面白い小説が読みたくて 文庫解説コレクション』
タイトルまんま、文庫解説文のみ集めた本。

野村美月 『〝文学少女〟と神に臨む作家(ロマンシエ)』上・下巻
シリーズの本編ラスト。どろどろの内容で、読むのがしんどかったこのシリーズもこれにて完……といきたいのに、外伝があるのですな~これ。今度図書館に行った時に見かけたら借りるとしよう。

九月文 『銀の竜騎士団 薔薇香る夜のウサギの告白』
シリーズの4冊目だったかな。久しぶりに続きを読んでいるため、いい加減で済まぬ。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:32Comments(0)本・小説

2013年05月20日

糸通し

手芸用品の糸通しを、一日でふたつ、ぶっ壊してしまいました。
糸通し、ご存知でしょうか。
銀色のペラペラの先に、細い針金が菱形の輪になっているアレです。誰か分からぬ横顔のレリーフのあるアレです。
仕事で使ってるんですけど、まずは先月から使い始めていたものが壊れ、仕方ないなと今日おろしたものは1時間もたずに壊れました☆
手持ちの糸通しはあとひとつ……その最後のやつを、ひやひやしながら使ってます。
明日、買い足しにいかねば。
ついでに、針穴の大きくて丈夫な縫い針も探さないと。  
タグ :糸通し


Posted by tack at 23:24Comments(0)日常

2013年05月19日

食べるしゃべる

やっとこさいつも集まる面々のスケジュール調整がうまくいきまして、持ち寄り昼食会をいたしました。


あ。右上に友人Kの手が写ってしまった。

本日は、花見ができなかった憂さを晴らすべく、もりもり食べてしゃべりました。
新年会だろうが花見だろうが、どのみち我々は、食べてしゃべるのがメインですけどね。
メンバー4名、一風変わった仕事をしているので、それぞれの仕事の話を聞くのがとても面白いっす。
マンガ好きな面々でもあって、『ONE PIECE』の最終回は生きているうちに読めそうだが、『王家の紋章』と、『ガラスの仮面』の最終回は無理っぽいな、といった話で盛り上がりました。  
タグ :マンガ


Posted by tack at 23:47Comments(0)日常

2013年05月17日

読んだ本

野村美月 『〝文学少女〟と慟哭の巡礼者(パルミエーレ)』
       『〝文学少女〟と月花を孕く水妖(ウンディーネ)』

結城光流 『モンスター・クラーン 紅涙の弾丸(クーゲル)』

篠田真由美 『黎明の書 巻之弐 荒れ野を越えて』

の4冊を読了です。
『文学少女』シリーズは、1作目から重苦しく、すっきりしない展開続きで疲れます。登場キャラの毒気がどうにも苦手っす。
でもここまで読み進めたからには、ラストまで付き合わないとな。
似たような理由で、『モンスター・クラーン』も読んでます。
『黎明の書』もそんな感じになりつつある……。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:36Comments(0)本・小説

2013年05月16日

おされ道フォーエバー

前回までのあらすじ: わたくしは友人Tを誘って、大阪は南堀江にある、『ASOKO』という雑貨店の開店11時に合わせてやって来て、無事に雑貨をゲットするに至ったのであった。

店内を1時間も回遊したため、外に出たらもうお昼です。
何か食べようかと、ふたりが堀江の街を歩いていると、広い公園を発見。

私 「コンビニでごはんを買って来て、ここの木陰で食べたらいいんでない?」
T 「いいね~。ところでさっきから気になってるねんけど、このへん、カレー屋さんが多くない?」
私 「確かに。乱立している感じ。カレー屋激戦区ってやつかな」
T 「あ、あそこにコンビニあるよ~」

コンビニでおにぎりとパスタを購入、堀江公園にてランチ。
このあと、ずんずか歩かねばならぬため、炭水化物を摂取しまくるふたり。
そこへ、アンチエイジングについて教えているという女性が現れる。

女 「あのう……、わたし、この近くでアンチエイジングの教室をやっている者でして、地元の人にお声をかけているのですが……」
私 「あ、地元民じゃないっすよ、私たち」
女 「えっ? でもあの……?」
私 「この公園に馴染んで見えましたかね~。でも、地元じゃないんですよ~。単にお昼ごはんをここで食べてただけです」
T 「あはははは。馴染んで見えるのか~」
女 「あ、え~と、あの、このすぐ近くに店があって、無料体験が出来るので、どうですか?」
私 「すみません、このあと予定があるので、お店には行けません」

実はこの女性とそのダンナのふたりの会社で、夫婦ふたりがかりで勧誘を受けたのですが、友人Tとわたくしへのしゃべり方が違和感ばりばりで、後になって、「どうやらあの夫婦、わたくしたちを年下だと思っていたのではなかろうか」と。アンチエイジングに長けた夫婦だとしても、わたくしたちのほうが年上でしょう。年齢性別不詳なわたくしと、年齢国籍不詳な友人Tとのコンビによる結論。

で。
堀江からアメ村を抜けて、心斎橋筋を歩き、ブックオフ2店舗をめぐり、NGKを通り過ぎ、難波のブックオフも見たけど探している本は見つからず。
ここまで歩いて来たのならばと、なんばパークスにまで足を伸ばしました☆


証拠写真。
カップルが写り込んでしまいました……顔が写ってないから大丈夫かな。


これはパークス内のペットショップのウィンドウにあった、アホロートル。
手作り感満載です。

この日、わたくしたちが歩いた距離、およそ4~5km。
……疲れました……。



おまけスペシャル。


誕生日プレゼントだよと、友人Tがくれた、『夏目友人帳』のニャンコ先生座布団。
ありがたく使っております。  


Posted by tack at 23:58Comments(0)日常

2013年05月15日

おされ道 リターンズ

先日の、おされスポットを歩き倒した疲労ゆえか、立ちくらみが連発しており、さっさと更新できず申し訳ない。
本調子ではないので、『ASOKO』で購入した雑貨の写真と簡単な説明のみいきます。

まずは、一目惚れしたこちら。


フォトアルバムです。
この他に、ピンクとシルバーのものがありましたが、この2色を選びました。


ふたつともボールペンです。


左のクスリみたいな形のは、伸ばして使うデザイン。
右のロケットのは、4色ボールペン。

そして、またも安い画材をほいほい買ってしまいました……。


水彩色鉛筆24色で¥420だったから、つい。

でもまあ、安いのは落とし穴が大きかったりするものですね。


オレンジ色の芯って、こんな青いのね☆

……とまあ、こんな感じです買った物は(あと、クローゼット用のいい香りのグッズも購入)。

  
タグ :雑貨


Posted by tack at 23:57Comments(0)日常

2013年05月13日

おされ道


という訳で、1週間ずらして行ってまいりましたよ、おされスポット。
大阪は南堀江にある、『ASOKO』。
雑貨店です。
11時の開店に間に合うように家を出て、自転車こぎこぎ40分弱、友人Tの家に着くや、借りていたマンガと貸すマンガを降ろし、そこから3分ほど自転車こぎこぎ、JR某駅から終点の難波駅まで電車移動(20分くらいだったかな)、あとはひたすら徒歩です。
とは言え、JR難波駅から『ASOKO』は600メートルほどの距離で、遠くありませぬ。

自宅はK鉄線の某駅すぐそばで、そこから難波まで行けるのに、何だってわざわざ自転車で長距離移動してまでJR線を使うかってーと、K鉄線の運賃が鬼高いからです。
あと、借りたマンガを直接友人T宅に返せば、持ち運ぶ荷物の量が軽減されるからです。

……閑話休題。
『ASOKO』に到着したのが、開店3分前。
その時もうすでに店の前には行列が出来ておりました。20数人ってところでしょうか。

私 「うわっ! 平日なのにこの行列か!」
T 「凄いね~……」
私 「土・日はもっと並ぶんやろな~これ。整理券が出るって話、ホンマやったんや」
T 「……知らなかったよ、こんな店があるって……」
私 「うん。偶然、CATVの番組で観て、ここは面白そうと思って、ネットで調べた」

店内の写真はさすがに撮れないから、買い物終わりの外観のみ。
ちなみに、わたくしたち、11時の開店で無事に入店しまして、そう広くはない店内を、1時間かけて何周も回りました☆


……歩き疲れて睡魔に襲われているため、次回につづく。  
タグ :ASOKO


Posted by tack at 23:49Comments(0)日常

2013年05月12日

耽美

篠田真由美 『黎明の書 巻之壱 出会いと旅立ち』 を読了。
登場人物のカタカナ名に苦労しつつ読んでました。
吸血鬼もので、耽美全開で残酷という王道なのですが、あっさりした感じもある不思議なシリーズです。
さあ、巻之弐を読まねば(まとめて2冊、図書館から借りておるのです)。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:45Comments(0)本・小説

2013年05月11日

いろどり

気が遠くなる仕事量を前に、やさぐれ気味です。
月曜日に今度こそ、友人Tと外出したいから、土日はどたばたです。
倒れない程度に頑張ろう……。

さて。
ベランダが、ちょびっと華やかになってました。


種でいくらでも増えるヒメヒオウギ。


ハーブのチャイブ(ネギみたいなものです)は、冬に全滅しかけて焦りましたが、ひと株だけ生き残って花を咲かせました。


これもハーブ。マロウ。
その辺に生えていた株から種を取って、去年ウチのベランダで育てて、そこからまた種を取って育ててます。
今年は、花が咲くのが遅いな~。
春先に冷え込んだせいか。  


Posted by tack at 23:48Comments(0)園芸

2013年05月10日

ハイテンション

マイケル・ブース 『英国一家、日本を食べる』 という、やたらハイテンションなノンフィクションを読了。
英国のトラベル&フードジャーナリストが、妻と子供2人の計4名で日本へ行き、日本食を食べまくった記録です。
感動屋といえばそうなのかも知れない、熱い文章。これ、原文からしてテンションが高いのか、日本語訳で盛っているのか分かりませんが。

木村千世 『双界幻幽伝 再会は一蓮托生!』
シリーズ6作目。
久しぶりに続きを読むから、シリーズの何作目まで読んでいたのか、はっきりしないままで手を出したわたくし。
ちゃんと5作目まで読了していたと判明して、思わずガッツポーズ。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:14Comments(0)本・小説

2013年05月07日

見つけたのと読んだ本

昨日に引き続き、今日もお出かけいたしましたよ。
体調が元に戻って食欲増加→体重増加。
昨日、ブックオフで探していた本を、今日、古本市場にて発見です。


という訳で、森岡倫理 『おとぎの島への招待』。
とうとうハーレクインコミックスに手を出すとは……(遠い目)。
森岡倫理の作品だからって理由だけで入手です(この方の絵が好きなもので)。
まだ他にもこの手のロマンスもののコミックスを出しているようなので、探さないとなー。

もう1冊は偶然見つけて、「発売していたのか!!」と驚愕したこちら。


山口美由紀 『パラダイス パイレーツ 2』

1巻を去年の秋頃だったか、ブックオフで買ってまして、偶数月のみ発売の雑誌連載だから、2巻はなかなか出ないだろうと高をくくっている場合じゃなかったのでした。


ちゃんと1巻も持ってます。
話はかなり重苦しいのに面白くて明るい、というマンガ。

今回、デジカメで綺麗に写せなかったから、スキャナー使ったよ……複合機を使うのは面倒臭いなぁぁ……。


ところで。
最近読んだ本を一気に。

三木笙子 『流の雨降る探偵社』
腐女子が好みそうな小説。
デビュー作の、風変わりなキャラ(美形変人絵師・有村礼)が、会話の中で出て来る、ファンサービスあり。

野村美月 『〝文学少女〟と死にたがりの道化(ピエロ)』
       『〝文学少女〟と飢え渇く幽霊(ゴースト)』
       『〝文学少女〟と繋がれた愚者(フール)』
       『〝文学少女〟と穢名の天使(アンジュ)』
一気に読み過ぎな気がするこのシリーズ……。
青春ってこんなに息苦しいものだったか? といった話。
あと4冊で一応完結ですかね。
外伝みたいなのとかコラボ小説もあるようですけど、そこまで追っかけずともいいかな~。
  
タグ :マンガ読書


Posted by tack at 23:59Comments(0)本・小説

2013年05月06日

地味にめでたい

本日は誕生日でした。
惰眠をむさぼり、午後にブックオフへ行って来ましたが、探している本が見つからず、手ぶらで帰宅。
体調がいまいちなのに動き回って、さらに悪化させてしまいましたよ。
読書にいそしんで、ゆったりしておけばいいものを……(ちゃっかりたくさん読了してますが)。

誕生日なので、母がケーキを買って来てくれました。


毎年の事ながら、子どもの日用のケーキが安売りされているのを選んでくださる偉大なる母であります。


さて、ここからはベランダ園芸近況。


ミニバラのケアフリーローズが、次々に花を咲かせて、地味な我がベランダ園芸に華やかさをもたらしてます。
という訳で、この先は地味な写真ばかり……。


ジャガイモは、じゃんじゃか発芽していたので、芽かきをしました。
このふたつを育てていきます。


ダイソーで買った、つるなしインゲンの種から育てている株は、やっとマメ科の葉っぱらしい葉っぱが出て来たところ。


同じくダイソーで買った種からの、中玉トマト。
3月9日に種まきしたのに、なかなか大きくなりません。


大葉(青シソ)は、毎年種をとって育てているもの。
これまた育ちが遅い。


昨日今日と、ばかすか読んだ本については、後日まとめてやりまーす。  


Posted by tack at 23:49Comments(0)園芸

2013年05月05日

ばたんきゅう

貧血でへろへろ状態だった夜7時に、友人Tから電話がかかって来ました。

T 「明日出かけようってなってたんやけど……ごめん、風邪ひいた~」
私 「ああ~~……うん、分かった。ゆっくり休んどき」
T 「ほんまごめんな~」
私 「いいからいいから」

思わず、丁度良かった! と手を叩いたわたくしでありました。
昨日の夜から、急に食欲がなくなって、ふらふらだったからな……。
ふたりして、子供が遠足前にテンション上がり過ぎて体調を崩したかのようで笑えます。
しかしこれで今年のGWはどこにも出かけずに終了だー。
おとなしく読書にいそしむとするか。  
タグ :GW


Posted by tack at 23:48Comments(0)日常

2013年05月04日

ごぶんのいち

昨年12月に、ご近所の畑の脇に生えていたジュズダマの種を持ち帰り、5粒を小さな植木鉢に埋めてみたのです。


ひとつ発芽しました……。
湿った土が好きな植物なので、水やりをこまめにせねば。

さて。
安値で苗が売られていて、育つかどうか不安だったカモミールは、わっさわさに茂ってます。


花を摘んで、ホットミルクに入れると美味しいんだ~。
  


Posted by tack at 23:50Comments(0)園芸