2013年08月30日

読んだ本

昨日の夜まで、3日間連続の片頭痛に悩まされておりましたが、首を左に傾けると痛みがなくなるという変てこな対処法により快復しました。今は傾いてなくても大丈夫です。

本日は台風15号が秋雨前線をつっついたおかげで、午後は雨でした。
とんでもなく蒸し暑くなって、へろへろです。
夜はちょっと気温が下がってマシ……と思っておきましょうか。

さて。
最近読んだ本を一気にいきます。

似鳥鶏 『午後からはワニ日和』、『ダチョウは軽車両に該当します』
楓ヶ丘動物園の飼育員たちが事件に巻き込まれるミステリシリーズ。
主人公のキリン飼育員の桃君が、やたらと動物と人間に好かれるキャラで、爬虫類担当の服部君(ドSの変人)からのゆがんだ愛をこれでもかとぶつけられていて面白い。

川名紀美 『アルビノを生きる』
1万~2万人にひとりの割合で現れる遺伝性の疾患、「白皮症」についての本。

馳星周 『馳星周の喰人魂』
食べ物エッセイ。美食家がもりもり食べてます。

妹尾ゆふ子 『翼の帰る処4 時の階梯 上』
面倒事が嫌で、とっとと隠居したい主人公の野望がやっと叶うも忙しさに変化が無く、望みは叶わないファンタジー。
シリーズものなのに、この巻からいきなり本のサイズが変わるという、まじめに本を買っている読者泣かせ。

誉田哲也 『ソウルケイジ』
姫川玲子のシリーズ2。
保険金殺人の入り組んだ悪意が何ともイヤ~な話。

近藤史恵 『はぶらし』
ひとり暮らしの女性脚本家の部屋に突然、高校の部活仲間が子連れで転がり込んで来て、日常が破壊される澱んだ話。

佐々木譲 『笑う警官』
北海道警の腹黒事件。頭脳戦。
『うたう警官』というタイトルだったのを、映画化で改題して文庫化も合わせたらしいが、もとのタイトルのまんまで良かったのでは?

湊かなえ 『夜行観覧車』
高級住宅地の殺人事件を、ご近所付き合いのドロドロをからめて、ねっちょり煮えたぎらせたような……。

東野圭吾 『容疑者Xの献身』
破綻するのが目に見えていても、やっちまうからこのタイトルか! と腑に落ちる。

恩田陸 『夢違(ゆめちがい)』
寝ている時に見る夢を映像化して他人が見れる、というSFホラー。
悪夢ばかりが繰り返されて、ぞわぞわする1冊。

……まだ何冊か読んだ本があるけど、今回はここまで。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:27Comments(0)本・小説

2013年08月29日

いろいろ

友人Tから借りました。


荒川弘 『銀の匙公式ガイドブック』
人気マンガは必ずこの手の本を出版しますね~。

こちらは昨日、図書館に行った帰りに、個人経営の古本屋にて入手したもの。


左から、木原敏江 『水晶と天鵞絨』、松本洋子 『ばらの葬列』。
ちょいと昔の少女マンガって、面白いです。
『水晶と~』は、ドタバタ&ロマンス&ちびっとホラー。
『ばらの~』は、ホラー一色です。
少女マンガとホラーは親和性があるような……それにしても懐かしいな、松本洋子。その昔、『呪いの黒十字』や、『黒の輪舞』を単行本で持ってましたよ。
ところでこのマンガ文庫2冊を買った古本屋、9月15日で閉店するそうな。わたくしが中学生の頃からお世話になっている店なので、さみしい限り。

で。
こちらは、先日に『ヱヴァ展』へ向かう途中、JR森ノ宮駅のコンビニ(ハートインでしたっけ)で買った、期間限定500ml紙パックの、『白バラ紅茶ミルク』がとても美味しかったから、同じものを探しに探して、西武百貨店まで遠征(?)してやっと発見しました!


……200mlですけど……。
ローソンとファミマしか探さなかったけど、他のコンビニでも扱ってたのかなぁ。
期間限定ものは入手が難しいっす。  


Posted by tack at 23:43Comments(0)日常

2013年08月27日

ヱヴァンゲリヲンと日本刀展 3(完結)

つづき。

これが目玉でしょう。


ロンギヌスの槍!
でかいです(重量もたいしたもんです。22kg以上)。


これって、ねじねじ……。


何を作るにせよ、設計図は必須です。とても細かく書き込んでありました。


兜までも制作されてます。これともうひとつ、並んで展示してありました。


刃物だけだと無骨ですが、拵えでずいぶん雰囲気が変わるものです。
他にも展示されていた切れ味抜群であろう武器を撮りましたが、ここまでとします。大阪での展示はもとより、他県でもこのヱヴァ展が開催されるので、直接見ていただいた方が楽しいですよ。


ここに来てこれを言っちゃっていいものかどうか……わたくし、初めの『エヴァンゲリオン』のテレビ放送は、第5話くらいまでしかちゃんと見てなかったのですよ。
途中で、
(このアニメ、完結しない! この話の運び方からして、終わらない!)
と思い、見るのをやめたのでした(そしてこの勘は大当たり)。
放送の数年後の大晦日に一挙放送されたのを、ちょろっとまとめ見したくらいなのでした。
という訳で、日本刀見たさで足を運んだ次第。


やたらと記念撮影してごらんよ~、なパネルが置いてありました☆

グッズ売り場も覗いてみましたけど、


どのグッズも値段が高いよ……!! 
何も買えずすごすご退散です。

大阪歴史博物館内において、一番テンションが上がったのが、6階から下りのエスカレーターに向かっていて目に入ったこの風景です。


大阪城がいい塩梅に見下ろせるんですよ、大阪歴史博物館の6階から!
左側のビルがガラスに反射して写り込んでいるのが玉に瑕ですけどね。  


Posted by tack at 23:55Comments(0)日常

2013年08月26日

ヱヴァンゲリヲンと日本刀展 2

つづきです。

さくさくと写真をUPしていきたかったのですが、会場で入手した展観目録(白黒コピーのペラペラ1枚)のナンバーと、実際展示してあるもののナンバーが一致しないという、なんじゃそりゃ!? に気付いて、わたわたしてました☆


このカウンターソード、ナンバー16と左下にあるのに、目録だとナンバー2になってます……。
あと、写真を撮る時も困ってたのですが、展示室が白っぽいから、刀の銀色が映えないのですよ。せっかくの切れ味抜群な刃物が台無し。

どの写真がどの名前(号)なのか分からなくなってしまったため、ざざっと写真をUPします。
詳しく知りたい方は、大阪歴史博物館に行ってくだされ。
9月16日までの展示です(火曜日は休館日なのでご注意☆)。










刃物を写真におさめる事ばかりに気を取られ、会場全体を撮り忘れるというポカをやらかしてます……すみません、次回にこんな感じでもってつづきます。  


Posted by tack at 23:49Comments(0)日常

2013年08月24日

ヱヴァンゲリヲンと日本刀展 1

先日の、見に行った展覧会の写真をUPです。
デジカメのモードをオートにしたまんま撮影していたため、展示室の写真が暗めです……。

で。
交通費をけちりまくって、JR森ノ宮駅から地下鉄ひと駅分を歩き倒し、方向音痴能力をちょっぴり発揮しまして、


大阪歴史博物館の裏手から入りました☆


入ってすぐの、だだっ広いロビーの端っこにあったのがコレ。
ヱヴァのプリクラ……かと思われる。

とりあえず1階でチケット(¥800)を買って、6階の展示室へGO!



……これ、ふたりの間に立って、記念撮影しろって事でしょうね~。

日本刀展でもある訳で、日本刀の作り方や歴史について分かりやすく展示してありました。



平安期から幕末までの日本刀がズラーっと並ぶと壮観であります。


これは、本物の日本刀を持ちあげてみなはれ! な展示。
ずっしり重いですよ日本刀。
両手じゃなきゃ、こんなの振り回せませんよ。

以下は、刀の鍔(つば)。
超絶技巧の美術品って感じだったのに、写真の腕が悪くて、実物の美しさを台無しにしております。




まだまだ写真があるので次回につづく。  


Posted by tack at 23:35Comments(0)日常

2013年08月22日

いきなりオチから

猛暑の中を行ってまいりましたよ、大阪歴史博物館の、『ヱヴァンゲリヲンと日本刀展』!!

行って良かった……!
もともと刀剣が好物(?)なので、とても楽しかったですよー。

80枚以上の写真を撮って来てしまい、その整理にてんやわんやしてます。
『ヱヴァ~展』は、親切にも程がある、撮影オッケーなんですよ奥さん!
ただし、三脚使用と動画撮影とフラッシュ撮影は禁止。あと、ラストにある資料は撮影不可ですけどね。それでも充分親切ですよ~。

とまあ、そんな訳で、行ってきた証拠写真の1枚をUP。


お土産にと、大阪歴史博物館1階のミュージアムショップにて、『ハニワのしおり』(一枚¥50)を購入。犬形埴輪をイラスト化したものだそうです。
本読みの必需品・しおりは、いくつあっても困りません。  


Posted by tack at 23:33Comments(0)日常

2013年08月21日

燃え燃え


夕方の北の空。山の向こうは大雨。ウチ周辺は猛暑。

月曜日からずっと、大阪歴史博物館への交通費けちり大作戦を練りに練ってました(笑)。
近々、作戦を遂行しますよ~。  


Posted by tack at 23:27Comments(0)日常

2013年08月19日

空回り

大阪歴史博物館にて開催中の、『ヱヴァンゲリヲンと日本刀展』を見に行きたい今日この頃。
金欠なのですが、いつも以上に交通費をけちりにけちって行ってこようかしら……。
そこまでして見たいのかと問われれば、「もちろんさ!」と明るく答えますとも! テンションが上がりまくってますが、明日(火曜日)は休館日だという悲しき現実。  


Posted by tack at 23:28Comments(0)日常

2013年08月18日

むりくり

某商店街にて発見。


むりくりホットをアイスにしちゃってますよ。

本日は友人Tと、盆休みでシャッター通りっぽくなっている商店街をぶらぶら歩きました。
ペットショップの、通りに面して置かれたガラスケースの中のハムスターが、仰向け大の字でぐったりのびてました……。

帰宅後に、ふと西の空を見れば、変わった形の雲が。


新種の鳥っぽく見える……ような。  
タグ :自販機


Posted by tack at 23:12Comments(0)日常

2013年08月17日

大威震八連制覇

昨日のあの本を読み終えての、感動で痺れていたのは何だったのでしょうか。
しばらくは他の小説を読めないとか思っていたのに、とっとと次の本に手を出しているわたくしであります。
それにしても何でまたこの本を選んだのか……。

高井研 『微生物ハンター、深海を行く』
JAMSTEC(海洋研究開発機構)の、『しんかい6500』に乗りまくっている研究者の、ハイテンションな本。
「利根川進博士が日本人で初めてノーベル賞を受賞したのは、ボクが高校生のときで、それは高校時代に感銘を受けたニュースの第2位だった(ちなみに第1位は阪神タイガース日本一)」
だとか、
「オレだって、いままさにわかり始めたマイレボリューションなんだよ!」
といった文章は序の口といった感じ。
マンガや笑い飯の漫才ネタ、その他さまざまなオタク臭ぷんぷんな箇所があちこちにあって、わたくし久しぶりに、「大威震八連制覇(だいいしんぱーれんせいは)」と、「民明書房刊より」ってのを目にしましたよ。
この、脱力するノンフィクション(?)な1冊を読んだ事で、小説もすんなり読めるようになりました……。

近藤史恵 『ホテル・ピーベリー』
ハワイ島にある、日本人夫婦が経営するホテル(民宿に近いシステム)に集まった他人数人それぞれが後ろ暗さを背負っていて、事件が起こるに決まってるだろう! な雰囲気がどんよりと。
予想通りに宿泊者のひとりがプールで死亡、他のひとりもバイク事故で亡くなる展開のミステリ。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:26Comments(0)本・小説

2013年08月16日

オール・クリア

昨日から読み進めていた、なかなかラストにたどり着かないSF長編、コニー・ウィリス 『オール・クリア』全2巻を読了しました~。
それぞれ500ページ弱の、上下段組の文字びっしりでしたよ……それにこの全2巻は、とてつもなく長い物語の後編なのです。前編の、『ブラックアウト』は1冊のみながら、こちらもぶ厚い本でした。
訳者あとがきによると、四百字換算で3500枚(!!)の長編だそうですよ……。
本日の午後に読み終えて、しばらく椅子に座ったまま動けず、ただただラストの衝撃に呆然自失。
たまにこういう、「本を読んで痺れる」ってのが降って来るから、読書はやめられない止まらない。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:27Comments(0)本・小説

2013年08月15日

三角形の秘密はね

行って来ましたよ図書館へ。
来週まで取り置きしてくれるのですが、予約を入れるくらいに読みたい本なので、蒸し暑い中を青の6号(自転車)で向かいました。
さっそく読み始めるも、なかなかにぶ厚い本(上下段組の文字びっしり全2巻)ゆえに、読めども読めども終わりが来ないという、わたくしにとってはヤッホーな状況です。

図書館に行った帰りに、スーパーに寄って紅茶(ティーバッグ)をかごに入れ、店内をぶらぶらしていて見つけた、湖池屋の『ポリンキー』の安売りに思わず手が出ました。
わたくし、ポリンキーを食べた事がなかったのですよ……『スコーン』は何度か食べているのに。
という訳で、ポリンキー初・体・験☆
三角形の秘密はよく分からないが、美味しかったですよ。
  
タグ :ポリンキー


Posted by tack at 23:31Comments(0)日常

2013年08月14日

何てこったい

VictorのマイクロコンポーネントMDシステム(10年前に買ったMDコンポ)に録音済みのMDを入れると、しばらく迷ってから、勝手にEJECTしてくれます。何遍やっても、ペッと吐き出してくれます。
録音機能は4年くらい前から働きませぬ。
CDとカセットテープとラジオは何ともないから、まあいいや、と諦観しつつ、それでもたまに調子がいいと再生してくれるMDデッキに期待を込めて、MDを突っ込んでは、無情に吐き出される今日この頃。

さて、今日読んだ本は2冊。

伊坂幸太郎 『マリアビートル』
『グラスホッパー』とまとめて再読するはずが、2日がかりになってしまいましたよ。
殺し屋がぞろぞろと出て来るこのシリーズ、どのキャラも強烈です。
『機関車トーマス』が大好きな殺し屋の男の、トーマス愛が異様で、もともとトーマスが怖いわたくし、もっとトーマスが怖くなり申した(テレビでトーマスをちらっと見て、その見た目におののいたのです。あの顔、怖いよ!)。

緑川聖司 『晴れた日は図書館へいこう』
タイトルに惹かれて借りました。
読書好きな小学5年生の女の子が主人公の、本にまつわる日常の謎もの。


ところで。
先週に図書館で借りたい本の予約を入れておいたら、今日になって、「予約本の用意ができました」と連絡が……昨日行ったばっかりですよ、図書館!  
タグ :読書


Posted by tack at 23:36Comments(0)本・小説

2013年08月13日

今日も読書

自転車を飛ばして図書館まで行けば、館内が静かでした。
今は盆休みだって事を、人の少ない館内を見てやっと思い出している鈍いわたくしです。
とにかく、のんびり本を探して来ました。
がっつり読書ができる毎日で、多幸感に包まれてます。
という訳で、今日一日で読んだ本。

中島らも わかぎえふ 『じんかくのふいっち 2』
同じお題(テーマ)でそれぞれがエッセイを書いたもの。
再読です。何年か前に読んでいるはず。

伊坂幸太郎 『グラスホッパー』
夕飯のカレーを煮込みながら読了。
これまた再読。
急に、『グラスホッパー』と、『マリアビートル』をセットで読みたくなり、図書館からまとめて借りて来ました。
しかし、『マリアビートル』は今日中に読めそうにないな~。

津村記久子 『ポトスライムの舟』
第140回芥川賞受賞作。ゆえに図書館から借りたこの本は、痛みが激しいです。他の本は綺麗なので、まあ、そういう事です。
苦労苦悩するOLさんが主人公の、重苦しくなりがちなテーマなのに、どこかあっけらかんとしている不思議な話でした。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:36Comments(0)本・小説

2013年08月12日

読んだ本

中山七里 『七色の毒』
ミステリ短編集。
これ、『切り裂きジャックの告白』なる本を読んでからにすればよかったのかも、と読み終えてちょっぴり落ち込む。
でもこれだけを読んでも充分面白かった(と自分に言い聞かせておく)。

綾辻行人『アナザー エピソードS』
記憶喪失の幽霊の正体は実は……という、ホラー長編。
前作の、『アナザー』は映画化されましたが、こちらは無理です映像化。

津村記久子 『アレグリアとは仕事はできない』
コピー機能だけがまともに働かない会社の複合機(商品名アレグリア)にブチ切れるOLの話。
主人公のブチ切れっぷりが、いっそ清々しかった。

大槻ケンヂ 『オーケンの、このエッセイは手書きです』
タイトルに偽りなしのエッセイ。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:30Comments(0)本・小説

2013年08月11日

予想だにしない

23時でも、自室の気温が34℃もあります。
今朝4時には、あまりの寝苦しさで起こされ、その時点で32℃でした。
それでもエアコンをつけないのは、単なる意地です。
扇風機の風は、熱風です……家人に、「アホな我慢しとらんとクーラーをつけろ」と言われました。
多分、今日の暑さがこの夏のピークかと思われます、というか思いたい。

さて。
最近のベランダの様子をUPしようと目論むも、デジカメ持ってベランダに出たら、もんの凄く暑くてですね、1分が限界でした。
ダッシュで写真を撮って、すぐさま自室に避難です。
ちなみに本日の自室の最高気温は、37℃でございました。

とりあえず撮った写真。


綿です。
今年は2株を、プランターひとつで育ててます。
収穫した綿でクッションを作る野望は、達成までの道のりが遠いです。
そもそも、去年の収穫した綿から種を分けておく作業を、まだしていないという体たらく。

今年の春に初挑戦した、ダイソーで買った「つるなしインゲン」の種を、夏の初めに再びまいてみたのですが。


どう見ても左の株は、つるを伸ばしておりますよ~。  
タグ :綿インゲン


Posted by tack at 23:48Comments(0)園芸

2013年08月09日

無能

横溝正史 『八つ墓村』を読み終えました。
かれこれ二度は読んでいる作品なのに、内容のほとんどを忘れているのはどういう事なのでしょうか……わたくしの海馬は働いていないのか。
猛暑の自室で、イライラしながら読んでました。
暑いのもイラつくが、金田一耕助の無能さがひどすぎる。
まあ、金田一耕助は、事件が行き着くところまで行かないと、犯人を名指ししない名探偵なんですけどね。
  
タグ :読書


Posted by tack at 23:33Comments(0)本・小説

2013年08月08日

読んだ本/冷静

緊急地震速報にビビらされましたが、何事もなくて良かった。
久しぶりにあのカンに障る電子音を聞きましたよ。
東日本大震災以降、何度も聞いていたのに、ちょっと間が空くと、のど元過ぎれば何とやら……わたくしは自室にいて、ラジオからの速報にびっくり。
しかし、地鳴りが一切聞こえて来ないため、
(今回は大丈夫っぽいな~)
と、読みかけの、横溝正史 『八つ墓村』に再び集中してましたが。危機感が無さ過ぎなのも問題だし、読んでいる本についてもツッコまねばなるまい……。

さて、読んだ本。

上野千鶴子 湯山玲子 『快楽上等!』
小林美希 『ルポ 産ませない社会』
この2冊は同時に読むとイイですよ~。
少子化に至った理由がよく分かる2冊です。

川上弘美 『晴れたり曇ったり』
エッセイ集。文庫解説も収録してあります。

結城光流 『少年陰陽師 こぼれる滴(しずく)とうずくまれ』
<尸櫻編(しおうへん)>の2冊目。
毎度ながら、主人公にこれでもかと降りかかる不幸の連続です。
ハッピーエンドになってくれよ! と強く願わずにいられません……。



おまけ。
先ほど、入浴しようと脱衣所に行ったら、壁にヤモリが。
という訳で、激写してみましたよ。
苦手な方は、この先に進まぬようご注意☆


下の小窓の隙間から入ったと思われます。


ヤモリとの遭遇率が高い家に住んでいるため、わたくしとても冷静。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:54Comments(0)本・小説

2013年08月07日

暦の上では

立秋を過ぎたから、もう残暑扱いなのですね……このクソ暑いのに!! って、ああもうすみません下品で。
昨日の夕方に、ツクツクボウシの鳴き声を聞き、今日もまた聞いたから、空耳ではなかった模様。
ついでに今日はカネタタキの声も聞きました。
……秋なのか? これって秋の訪れなのかしら?
わたくしの本能が、「ちがうわーーーっ」と叫んでますが。
週間天気予報の、『最低気温29℃』を見て、数日後に味わうであろう熱々さを想像して、げんなりしてます。2日後だか3日後だか知らないが、来るならさっさと来やがれ!(やけっぱち。)

さて、最近読んだ本は以下に。

誉田哲也 『ストロベリーナイト』
くせ者キャラぞろいで楽しかった~。

海堂尊 『ケルベロスの肖像』
「メディカル・エンターテインメント・シリーズ」って言うとは知らずに読み進めてました。わたくし、「チーム・バチスタのシリーズ」と勝手に思ってましたよ。
そして、『玉村警部補の災難』をすっ飛ばしていたのを、読了後に知ってがっくり。

津村記久子 『ミュージック・ブレス・ユー!!』
洋楽好きの女子高校生アザミのもやもや日常。

津村記久子 『婚礼、祭礼、その他』
友人の結婚式(披露宴)の真っ只中に、会社の上司の父親の葬儀に呼び出されたOLさんの受難。
もう1本、事故が起きた道をめぐる、妙な話。

日明恩 『やがて、警官は微睡(ねむ)る』
無口なザ・刑事の武本と、おしゃべりなお坊ちゃま刑事の潮崎の、息が合ってるんだか合ってないんだかなふたりが、活躍してるんだかしてないんだかなシリーズ(…説明になってない)。

はるき悦巳 『じゃり子チエ』26~28巻
双葉文庫の28巻まで来ました。
ゴールまであとひと踏ん張りなのですが、このマンガが揃っているS図書館までは、自転車で片道30分かかるため、猛暑の中を通う気力がもうありませぬ……涼しくなるまでストップと相成りました。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:47Comments(0)本・小説

2013年08月06日

結局こうなる

本日は友人Tとマンガの貸し借り。
待ち合わせ場所は、ブックオフ某店にしたのですよ。冷房が効いていて、時間がつぶせますからね。
そして見事に友人Tが1時間の遅刻をしましたよ。
わたくし、涼しい店内にてマンガを読みふけりながら、
(これは確実に待ち合わせ時間に起床してるな~友人Tは)
と思ってました。その予想、大当たり。
「二度寝してしまった……」そうな。

まあとりあえず無事に貸し借りできました。
わたくしからは13冊のマンガを、友人Tからは12冊の小説とマンガを……本というものは重いものだ、というのを再認識するふたりであった……。

で。
借りたマンガはこちら。


堀田きいち 『君と僕。 13』
高校生男子たちのほのぼの日常マンガ。

そして、結局こうなるのがこちら。


小野不由美の十二国記シリーズ……しかもホワイトハート版ですぜ~。
先日に借りた新刊(『丕緒の鳥』)を読んだ後に、シリーズ再読がしたくなって、図書館に行ったら貸し出し中だった件を友人に言ったら、「ウチにあるやつをまとめ貸しするよ」と。
ありがたく借りました。

1時間の遅刻のペナルティという訳で、お昼ごはんは友人Tのおごりでした(笑)。


しかし、わたくしは暑さで食欲がガタ落ち中。
「でかいヨーグルトにするわ~」と、写真右のブルーベリーのを選びました。
小さいスプーン(蓋の上に乗ってるやつ)だと食べにくかったので、飲むヨーグルトのごとく容器に口をつけてごくごくとワイルドに食しました☆


スイカはふたりで半分こ。
美味しかったっす。

おやつは久しぶりに和菓子。こちらは割り勘。


左から、水まんじゅうのぶどうと甘夏、右端のが、「涼風」というレモン餡入りの桜餅(?)。塩漬けの桜の葉が強烈な香りを振りまいて、レモンの香りはほんの少しでした。

さ~て、借りた本をじっくり読むぞー。  


Posted by tack at 00:11Comments(0)日常