2014年06月30日

半分

今年も半分経過ですか。早いな~。
早いといえば。
昨日、ウチのガレージに今年初めて営巣したツバメと、その子たち(2羽いたらしい)が、姿を消しました。
強風が吹き荒れていた中を、巣立って行った模様。
巣が出来上がるまでに時間がかかり、この調子で卵を産み雛を育てられるのだろうかと勝手に心配していたのがつい最近だったように思うのに、あっという間にちゃんと子育てして、いなくなりました。
いきなり静かになり、ちょっとさみしい。

さて。
昨日から怒濤の仕事量を抱えて、わたわたしているのに、何故だか読書は順調です。
2冊も読了。

 細野晴臣 中矢俊一郎(編) 『HOSONO百景 いつか夢に見た音の旅』
『TRANSIT』(旅の雑誌)に連載されたものをまとめた本。
細野さんがしゃべり、編者が文字化してます。
しょっぱなの、
「音に溢れた都市に辟易していたんだよ。」
という話に、そうそう! と頷いたのでした。

 能町みね子 『お家賃ですけど』
レトロな家の2階奥の部屋を借りて住む著者の日記(もともとは個人的なmixiの日記)。  


Posted by tack at 00:23Comments(0)本・小説

2014年06月29日

読んだ本

夕方にひとりで食事を作ってひとりで食べて、店の手伝いに入るのが日課です。
わたくしが店番をしている間に家人が夕食を食べるのです。
今年の春に家人がいきなり、「店を始める」と言い出した時に、なし崩しに手伝いをさせられるであろうと遠い目でいましたが、まさしくその通りになってます。
「手伝って」とは一言も言われてませんが。
そこはそれ黙っていても気を使えよ、という無言の圧力ですけどね。
いざ何も手助けせずにいたら、強烈な文句を言われるに決まっているから、人見知りが激しいのに店に立っておるのですよ(ストレスで体重が減りました)。
オープンしたての頃には、昼食時にも交代してたんですが、いくらわたくしが在宅仕事で融通が効くとは言え、自分の仕事を中断してまでやってられんわ! と途中から知らんぷりです。
ちなみに、きょうだいは家事を一切しないし、店番の交代を自らやろうとはしません。
そろそろ本気でブチ切れそうな今日この頃。

で。
夕方の店番をする間に、ばかすか本を読んでます。
唯一のストレス解消……どのみち夕方はたいてい閑古鳥が鳴いているので、読書がはかどります。
という訳で、最近読んだ本。

 西原理恵子 『スナックさいばら おんなのけものみち 男とかいらなくね?篇』
シリーズ第4弾。
図書館の書架にあるのを順に借りてたら、3→1→4 という読み方になってます。
人気があり、全冊が揃ってないので、まあ仕方なし。

 上野千鶴子 『映画から見える世界 観なくても楽しめる、ちづこ流シネマガイド』
どうやらわたくし、映画を全然と言っていいほど観ないのに、こういう映画評を読むのは好きらしい。

 川上弘美 『東京日記4 不良になりました。』
図書館のエッセイのコーナーにあるからエッセイでいいのかなこの本。
妙な事が多々起こっているから、制作なのかなと思いきやどうやら本当にあった話のようです。
日常は小説より奇なり。

あと、自室でゆったり観賞してはほのぼのしている写真集が1冊。
 平林美紀 『たのしいまきば』
表紙の生後3か月のコリデール(羊)の、ぬいぐるみじゃないのかこれ! というもふもふラブリーにもくらくら来ますが、裏表紙のうさぎのお尻も捨てがたい。
定価(本体1,400+税)か……買おうかな、どうしようかなと悩み中。
昨年秋から買おう買おうと思いつついまだに買えていない、きのこの写真集もあるんですが。  
タグ :読書


Posted by tack at 00:26Comments(0)本・小説

2014年06月27日

らしく

トウモロコシがトウモロコシらしくなってきました。


ひげの先っぽがほんのり茶色です。

さて。
今日は友人Tに会って、借りていたマンガを返却。
火曜日の時点では、わたくしの仕事量が多くて外出は無理だったんですけど、水曜日に奇跡的な早起き(通常より90分早かった!)により、さくさく仕事をこなしまして、16時頃に「金曜日に暇ができたぞ」とメール送信した2時間後、いきなり追加の仕事が入るという……木曜日まるまる一日、夜中まで頑張った事で、今日の外出が叶ったのでした。
しかし無理が祟って、ずーっと頭痛がしてます。
疲れてるからと早寝しても、早起きしてしまって睡眠時間がちゃんととれてないんですよね~。

睡眠不足のせいなのか、もともとの記憶力の少なさのせいか、図書館の貸し出しカードを紛失しました。
今日気が付きました。図書館のカウンターで借りようとして、そこでカードが行方不明な事に。
先週に借りた時は何ともなかったから、その後に何かがあったのですね……全然思い出せませんが。
帰宅後に部屋中を探しましたが、見つからず。
どこかに落としたのか、借りた本に挟んだまま返したのか。
再発行してもらわないと。
ちなみに今日借りたぶんは、カードを忘れたって事で、ちょっとしたやり取りで借りて来てます。  


Posted by tack at 23:55Comments(0)園芸

2014年06月25日

弱点だらけ

先日に図書館から借りて来た本をいつくか読了です。

 小林朋道 『先生、ワラジムシが取っ組みあいのケンカをしています! 「鳥取環境大学」の森の人間行動学』
先生シリーズ、8冊目。
スラスラ読めます。

 ブラム・ストーカー 『吸血鬼ドラキュラ』(角川文庫・田内志文 訳)
有名作。
なのに読んだ事がなかった……吸血鬼ものだと、『吸血鬼ハンターD』を一番はじめに読んだのかな。本家を放ったらかしでした。
鏡に姿が映らない、流れる水・ニンニク・十字架が苦手、首を切り落として口の中にニンニクを詰めて心臓を杭で打たれたら死ぬ、太陽光を浴びると灰になる、というふうに吸血鬼は弱点だらけ。
ドラキュラ城に招かれた青年が恐怖を味わう始まりから、悪い事が起こるに決まっている、おどろおどろしい話。
伯爵のイメージが崩される原作……いや、映画のスマートなドラキュラ像の影響が強すぎただけか。
とにかく伯爵が変なじーさんでした(ロンドンに渡って若返ってましたが)。

 エリック・ハズペス 『異形再生 付『絶滅動物図録』』
奇形に取り憑かれたブラック博士の生涯と、空想上の動物たちの骨格や筋肉を細かくスケッチした図録集。
大人が本気で遊んでいる本。

  
タグ :読書


Posted by tack at 01:16Comments(0)本・小説

2014年06月24日

自主規制

今日は歯科治療の日でした。
午前中に終えて、某100円ショップに寄った時に事件が起こったのです。
この日のレジは、通路を挟んで向かい合わせに、左に1台右に2台並ぶようにある計3台が稼働していて、どれもが清算中でした。
わたくし、フォーク並びの1番手としてレジ待ちをしてまして、すぐ後ろに2番手のおばあさんが並んでおったのですが。
問題はその後ろから、不機嫌オーラだだ漏れでわたくしたちに近づいて来た、3番手に当たる人物ですよ。

「どこに並んでるんじゃお前! 邪魔や!!」

……という、いきなりの怒鳴り声が店内に響き渡りました。
発言者はもちろん、イライラしているレジ待ち3番手の人物。

相手の顔見るの、嫌だったんですよ。
関わりあいたくないですよ、こんないきなり喧嘩腰のヤツに。

「ちゃんと並ばんかい!!」

面倒臭いな~と正直思いましたよ、わたくし。
でも、無視してたら横入りされそうだったから、仕方なく発言者を見ましたよ。

じじいがわめき散らしてるんですよ。
……すみません。正確には、「クソじじい、うるせえな」と思いました。

仕方ないから、フォーク並びの説明をしましたよ。
でも、聞きやしねえ訳でして。
高齢者のクソじじいからすれば、わたくしなど年若いひよっこで、意見するなどもってのほかだったようです。

面倒なので省略して解説しますと、クソじじい曰く、
「3台あるレジそれぞれに、ひとりずつ並べ! こんな変なところに1列に並ぶのは要領が悪いんじゃボケ!!」
だそうで。
そんな事したら、レジが大渋滞だし、誰がどこに並んでいるのだか、ごっちゃごちゃです。

さすがに呆れて、
「フォーク並びのほうが早く済む」
と言ったんですが、わたくしの意見などガン無視。
ぶつくさぶつくさ悪態を吐きまくるから、もうこのクソじじいはどうでもいいわ~、と今までの騒動を止めに入ろうとせずにレジ打ってる店員たちを見れば、全員が全員、目が泳いでる訳で……。
唯一、わたくしの後ろに並んでいたおばあさんが味方をしてくれましたが。
おばあさんの救いがなければ、わたくしはブチ切れて、心の中でつぶやいていたのを口に出していたかも知れぬ。

「親の顔が見てみたいわ~、でも無理だろうけどね、フフフ……」
という、斜め方向からの、えげつない暗黒セリフですが(言うとならば低い声で淡々と)。
これを口にしたら、周りの人が確実に凍りつくであろうから、自主規制です。

まあ結局、わたくしは棒読みの丁寧語で最後まで押し通して、実のところクソじじい黙れ、と思って過ごし、順番通りにレジで精算して家に帰りました。
最も腹が立つのは、2番手のおばあさんがわたくしのすぐ後にレジに移動となった時に、
「よろしければお先にレジにどうぞ」
とじじいに言ったら、
「あ、いや、いいです」
と気弱に断っていたシーンでした。
あくまでも、わたくしに対してだけ悪態吐いてたんですよ、あのクソじじい!!!

わたくし、決して年下相手だからって舐めてかかるような汚い老人にはなるまい、と思った次第。
えげつない暗黒セリフを考えつくのはやめられませんけどね☆

  


Posted by tack at 23:59Comments(0)日常

2014年06月21日

ひげ

トウモロコシのひげ出現。


植物って無駄がないのだな~と思うのが、トウモロコシのてっぺんの穂から花粉がどさどさ降って、実になる部分にちゃんと溜まるようなつくりになっているところ。
花粉の量がとんでもなく多いのは、確実に子孫(実)を残すため……とはいえ、黄色い花粉がトウモロコシ以外の植物にも降り積もっているのは如何なものか。

続いて、鈴っ子トマト。


ちっちゃな実が出来てます!
  


Posted by tack at 23:26Comments(0)園芸

2014年06月20日

こなごな

夕飯の支度中にごはん茶碗を割ってしまい、凹んでます。
これほど見事にこなごなに砕けますか、といった割れ方でした。
最近新しくしたのにー……(いや、もう1年以上経ってますが。これ以前に使っていたのが20年以上で、それと比べりゃ歴史は浅い)。
呆然としながら、今日のところはおかず用の小鉢でごはんを食べました。
新しい茶碗は明日から使います。

さて。
午後にダッシュで図書館まで本を借りに行って来ました。
相変わらず時間に余裕がなく、館内にいたのは30分足らずです。
さっそく借りて来た本を1冊読了してますが(時間に余裕がないはずでは…?)。

 辛酸なめ子 『妙齢美容修行』
エッセイ集。
修行と称するだけあって、その辺の美容本とは大違いでした。美容関連の本などいまだかつて読んだ事がないけど。

あと、読みたくて図書館に借りに行ったら貸し出し中だった本と、読み終えたのにここに書き忘れていた本。

 中島らも 『ガダラの豚』(集英社文庫版全3巻)
ずっと貸し出し中だったのをやっと借りて再読です。
以前はぶ厚い単行本版で読んでました。
怪しげな宗教、怪しげな人々、危ないやり取りと、怪しさ爆発の面白い小説。
この作品、日本を騒がせた某新興宗教の事件を先取りしていて、その点でもぞくぞくします。

 三上延 『ビブリア古書堂の事件手帖 4 ~栞子さんと二つの顔~』
江戸川乱歩がらみのミステリ。
栞子さんの母親が、強烈な印象で嵐のように現れて嵐のように去って行ってました。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:32Comments(0)本・小説

2014年06月19日

ショック

読みたい本があって図書館に探しに行くと、必ずと言っていいくらいに貸し出し中です。
昨年末あたりから読みたかった本をようやく借りられたのはいいんですよ(まだ途中までしか読めてないので、この本の感想は後日します)。
それよりも、すでに出版されていたと知らずにいた本を館内で見つけた時のショックはでかい。
どうせ買うけどな~と思いつつ、とりあえず借りて読みました。

 梨木香歩 『冬虫夏草』
10年くらい前にNHK‐BSで放送していた、『週刊ブックレビュー』の紹介を見て、図書館で借りて読んで気に入り、単行本と文庫本の両方を買い揃えてしまった、『家守綺譚』の続編です。
わたくしの好みど真ん中の変てこな話の、まさか続きがあったとは!
続編でも変てこさ全開でした。
本棚に余裕がないから、文庫のみを手に入れるとするかー。
単行本もデザインが良く、正直欲しいっちゃ欲しいけど。

もう1冊読了していて、こちらは書架で見つけて脱力した本です。

 ダイヤグラムグループ 『じょうずなワニのつかまえ方≪21世紀版≫』
タイトルにやられました。
内容は、ハウツー本……でいいのか?
人生の役に立つのか立たないのか大いに悩む、いろんなノウハウが詰まってます。
真っ先にタイトルの、ワニのつかまえ方が載ってると思いきや、何でそのページなんですかこれ。
  
タグ :読書


Posted by tack at 00:48Comments(0)本・小説

2014年06月17日

梅雨なのに雨降らず

曇り空ではあるけれど、しとしと降って蒸すという梅雨にありがちな状況ではない今日この頃。
例年なら、髪の毛がうねりにうねってまとまりにくい鬱陶しい季節なのに、さらさらで助かってます(が、そろそろ梅雨本番になりそうな週間天気予報が…)。

さて。
今日もお仕事バリバリでございますよ。
昼間だけじゃ時間が足りずに、夜も仕事してますよ。
というか、今週の仕事量が多すぎるんですよ!
今日(6月16日)は確か、「和菓子の日」だったはずで、時間があれば和菓子を買って食べたかったのに、ずーっと仕事していて無理でした。

ちょっとくらい外に出たい、とベランダに出ておのれを慰めてみました。


ラベンダーの花がちらほらと。
この株、何年物だったろうか……4年くらいかな?
今まで1年で枯らしていたわたくしにとって、このラベンダーは驚異の生命力です。
どんどん株が大きくなっているし。
挿し芽をして、小さく育て直ししたいんですが、何遍やっても挿し芽に失敗、計画は頓挫中。


トウモロコシ(水やり直後)。
DAISOで買った種から育ててます。
てっぺんに穂が出現。
上の穂の花粉を受粉して実が生るんでしたっけ、トウモロコシって。


その実に当たるのは、この三角折りふたつがハサミみたいになっているこれでしょうか。
初めて育てるから、よく分かってないんですよ。
  


Posted by tack at 00:23Comments(0)園芸

2014年06月15日

読んだ本

別篇があるはず、と探せばありました。
 西原理恵子 『スナックさいばら おんなのけものみち 七転び八転び篇』
某市立図書館の本館に数冊あるようですが、人気作だから大抵が貸し出し中で、書架に並んでません。
これは運よく借りられた1冊。
出産経験者による冷静な意見(新生児はETか土偶にそっくり)に笑いました。

 西原理恵子 吾妻ひでお 『実録! あるこーる白書』
前述の別篇探しをしていた時に発見した本。
アルコール依存症についての対談集。

 東雅夫(監修) 『女たちの怪談百物語』
漫画家、作家の女性たちが一晩語り合った怪談99話。
怖さはあまりなく、不思議な話が多かったっす。

まだ途中ですが、もう1冊、
 茅田砂胡 『茅田砂胡全仕事1993‐2013』
を読んでます。
702ページもあるんですよこれ。小説が上下二段組みなんですよこれ!
読んでも読んでも読み終えられない、読書好きには楽しい本です。
  
タグ :読書


Posted by tack at 23:26Comments(0)本・小説

2014年06月13日

ややこしや

昨日に友人Tから借りたマンガです。
仕事がたんまりあるのに放置して遊び呆け、予想通りに今日は半泣きで大量の仕事に追われていた訳ですが、そんなオチが見え見えの話はどうでもよろしいっす。

今回借りたのは以下の2冊。


 石動あゆま 『イルベックの精霊術士 2』
光の反射で、イの字が見えない写真で申し訳ない。
帯にあるように、『コーセルテル』のシリーズ本編にがっつり続く展開です。
だったら外伝扱いの同タイトルにすれば良かったのに、ややこしいやんか! とツッコミを入れたくなるマンガです。
この巻で一応完結……というか、確実にシリーズ本編への伏線がばりばり張ってありますよ~。


 堀田きいち 『君と僕。 14』
主人公たちのドタバタは相変わらず、でもリリカルさが増していっているような。
夏の話なので、今読むのにぴったりの14巻でござった。  
タグ :マンガ


Posted by tack at 23:57Comments(0)日常

2014年06月12日

読んだり読んでたり

火曜日に行った歯医者さんで、待合室にて30分間読んでいたのは、
 豊﨑由美 『まるでダメ男じゃん! 「トホホ男子」で読む、百年ちょっとの名作23選』
でした。
名作の中の、「ダメ男」に鋭いツッコミが容赦なく入っていて、とても楽しい本でした。

で、本日読んだ本は、
 万城目学 『ザ・万字固め』
なんですが……え~と、再読でしたね、この本。
歯の治療後に、午前中に行ったY館とは別の、S図書館に行って借りて来た本ですが、まあ、書架から手に取った時点で、
(これ、以前に借りて読んでいるような気がするのだが)
と思った自分の、うすらぼんやりな記憶力を信じてやればいいものを!  
タグ :読書


Posted by tack at 00:52Comments(0)本・小説

2014年06月11日

非日常

行って来ました歯医者。
朝11時の予約なので、9:50に家を出てY図書館に借りていた本の返却をして、館内をぐるっと見て回って2冊借りてから、銀行の用事を済ませて病院に向かえば、何故だか30分前に到着してしまいました。
まあいいやと、借りた本を待合室で読みましたが。

今回は治療時間が長く、途中で睡魔に襲われましたよ。
ちゅいーんちゅいーん、ずぼごぼご(削る機械&よだれ吸引機)といった、歯科治療独特のあの音が、まるで子守唄のようでした。
子供に限らず、大人も歯医者が苦手な人は多いそうですが、わたくしは、日ごろ目にしない珍しい機器がある歯医者の非日常さが楽しいです。
にしても眠くなるか普通……。  
タグ :歯医者


Posted by tack at 00:05Comments(0)日常

2014年06月09日

明日のために

今日は、朝食を食べつつ、『鬼灯の冷徹』のアニメのまだ見てない回を1話見て仕事して、昼ごはん食べながら1話分消化して仕事して、夕方に2話分見て、やっと全話見終えました~。
夕食後は、図書館から借りていてまだ未読分の2冊を、がつがつ読みました。
で。
明日は午前中に歯医者さんに行って来ますよー。
やっと削った歯の型取りです。
治療後には、図書館へ行こうかと思ってます(天気と体力次第では他にも行きたいところが多々あり)。
ここ最近どたばたで体調がちょっと悪く、貧血でふらふらしてますが、図書館に行くとなると、しんどいとか言ってられない。

さて、読んだ本です。

 金井美恵子 『金井美恵子エッセイ・コレクション[1964‐2013] 映画、柔らかい肌。映画にさわる』
とてもぶ厚い本で、数日がかりで読了しました。
タイトル通りに映画の話がたくさんなのですが、全くと言っていいほど分からないのは、わたくしがとことん映画を見て来なかったから。
映画を見ると画面酔いするからな……テレビですら長時間見ると頭痛がするし。

 町田康 『猫のよびごえ』
猫を飼っている人は、次々と猫を拾う人でもあるのだな~というエッセイ。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:49Comments(0)本・小説

2014年06月08日

咲いたり生ったり伸びたり

多肉植物(品種不明)の花が咲きました。


これ、母が仕事先のベランダの室外機そばに勝手に生えて繁茂していた大株から、少しもらって来たものです。
それを、「育ててや~」とわたくしに丸投げしたという……多肉植物は雑でも育つからと、なかば放置状態でしたが、ちゃんと咲いてます。

つづいて、春に種をまいた鈴っ子トマト。


ベランダの日当たりが悪いせいか、そんなに縦に伸びない品種のはずなのに、結構背が高くなってます。
花のサイズがとても小さいっすよ。
食べられる実が生るのかなぁこれ……種苗カタログの説明だと、「観賞用でも食用でもいい」ってあったはずなんですが。


こちらは食べられます、つるなしインゲン。
今までに3回収穫していて、計25本くらいは塩茹でで食べてます。
あともう1回、6~7本食べられるかな~。

ラストはトウモロコシ。


ずんずん縦に伸びてます。
大きくなるって理解して育ててますが、こうもでかくなると、正直言って邪魔(←ひでえ)。
置き場所に困り始めてます。  


Posted by tack at 23:45Comments(0)園芸

2014年06月07日

曜日感覚

来週にまた歯医者に行くため、前倒しで仕事してます。
虫歯治療と歯石取りとで、あと2~3回は通わねばなりませぬ。
今のところ、3回行ってまして、虫歯治療と軽~く歯石取りをしてもらってます。
来週には詰めものの型取り、あと奥歯の歯石取りもしてくれると助かりますが(なるべく通う回数を少なくして欲しい、てのは伝えてあるけど)。

まあとにかく前倒しですよ。
昼も夜も仕事で、読書する暇がないっす。
ばたばたしてたら、金曜日の夕方に急に、「今日何曜日だっけ?」となりました。
ちょっと不安定ですなー。  
タグ :歯医者


Posted by tack at 23:20Comments(0)日常

2014年06月05日

看板に偽りなし

4日がかりで1冊を読了です。

 いしいしんじ 『京都ごはん日記』
web連載を書籍化したもので、約1年ぶんの日記がみっちり詰まってます。
内容のメインは、その日食べたものという、看板に偽りなしの本。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:39Comments(0)本・小説

2014年06月04日

梅雨入り/読んだ本

寝起きからひどい髪のうねりだし、室内の湿度がバカ高いわで、今日から梅雨入りでございます。
一昨日あたりから、じ~わじわ湿度が上昇して不快でしたが、とうとう来てしまったのか梅雨め……(恨み節)。
今年の梅雨は長引きそうって勘弁して下さい、本気で嫌ですよー。
あと、冷夏だけど西日本では関係なくて暑いってのも勘弁して下さい。

さて、今日読んだ1冊。

 中野翠 『東京プカプカ』
週刊誌連載(『サンデー毎日』2012年11月~2013年11月)のエッセイ集。
時事ネタ中心だから、そう言えばこんな事件があったよなと、なけなしの記憶がつつかれる感じです。

やっと忙しさにも慣れて来まして、ぼちぼち本が自由に読めるようになりました。
次は溜まっているビデオをどうするかですねー(遠い目)。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:40Comments(0)本・小説

2014年06月03日

誘われ

先日に図書館で見つけた変な本を読了です。
見つけたというか、誘われたというか、何だってこういう変てこな本を、ひと目で探しあてられるのか……。

 サー・ピルキントン=スマイズ 『世界の奇妙な生き物図鑑』
無脊椎動物から哺乳類まで、世界中にいる変な生物の紹介本。
ちょびっとずつ読み進めて行くはずが、読みやすくて一日で全部読んじまいました。


そう言えば、昨日の午後に、光化学スモッグの注意報が発令されてました(まあいいやと自転車で外出してましたが)。
光化学スモッグ……わたくしが住んでいる某市、公害混じりの風が山脈にぶち当たって、澱んだ空気がとどまりやすく、昔っから耳にしてましたが、今でも聞く事になろうとは。  


Posted by tack at 23:49Comments(0)本・小説

2014年06月02日

あゆみののろいものはない

午後にちょこっと時間が空いたので、自転車をすっ飛ばしてTSUTAYAとDAISOと宝くじ売り場へ行って来ました。
行ったはいいけど、余裕がなさ過ぎました。
急ぎ足での買い物って楽しくないわー。


とりあえず、江口夏実 『鬼灯の冷徹 参』を入手。
やっと3巻ですよ!
最近14巻が発売されたってのに、まだ3巻目……。
大人買いすると、雑な読み方をしてしまうから、1冊ずつ買って熟読してから次の巻に手を出したいんですよ。
とは言え、あまりののろのろさに、ちょっと気が遠くなる今日この頃。
最新刊に追いつくのはまだまだ先です。

DAISOへは、ベランダ園芸に使う腐葉土と、柚子胡椒があれば買う目的という、変な組み合わせで向かったんですが、腐葉土と、家人に頼まれていたバークチップ(園芸用品)をカゴにインしたら、柚子胡椒の存在をど忘れして探しもせずに、レジに直行して店を出てしまいました。

でも、宝くじは買い忘れしなかったけどね!
ジャンボとミニを1枚ずつ購入したら、また、
「はずれ」
の3文字が脳内に勝手に浮かびました。
無駄に当たる予感を、ここで発揮しないでほしいものです。  
タグ :マンガ


Posted by tack at 23:43Comments(0)日常