2015年07月31日

我慢光化学スモッグ読書

「この夏一番の暑さです」←天気予報でよく聞くフレーズ。
という訳で、むちゃくちゃ暑かったですよ今日。
午前中に図書館へ行ったのは大正解でした、14:30頃に光化学スモッグ注意報が出て、ベランダから空を見てみたら、目がしぱしぱしてつらかったっす。最近注意報がよく出るようになったなぁ、光化学スモッグ。
そして猛烈な暑さ……今は仕事に追われてなくて、午後は自室で読書三昧していたのですが、扇風機の「弱」では耐えきれず「中」にしても厳しくて、椅子に座って本を読んでいるだけなのに、滝に打たれたのか? というくらいの汗がダラダラ流れる始末。
そこまでエアコンを使いたくないのかわたくし……結局、畳ベッドに倒れて爆睡15分する事でクールダウンして乗り切るその無駄な根性は何?
そして、室温36℃でも、寝たら暑さを忘れられるってどうなってるのかわたくし。

で、最近読んだ本を一気にいきますよ。

 輪渡颯介 『蔵盗み 古道具屋皆塵堂』、『迎え猫 古道具屋皆塵堂』
濡れ衣を着せられて働いていた店に居られなくなった男の再生物語の『蔵盗み』と、次々と猫が古道具屋に集まる変な展開の『迎え猫』。
この2冊で、とりあえず図書館に並んでいるぶんは読破。

 読売新聞大阪本社 『大阪あほ文化学 オモロイやつがエライ!!』
新聞の夕刊連載を書籍化したもの。エッセイ……でいいのかな。

 羽根田治 『ドキュメント 単独行遭難』
山で遭難した実際の事件集。
怖ろしい本。

 菅野彰 『晴れ時々、生ビール』、『雨が降っても、生ビール』
この2冊はセットのエッセイ。とにかく酒を飲みまくってます。
あと、『帰って来た海馬が耳から駆けてゆく 3』というエッセイも読了。
この方のエッセイは、図書館に全部揃っていないので、いきなり『3』を読むハメに……しかも、『帰って来た』とあるので、帰って来ていないバージョンもある訳で……(涙)。

 似鳥鶏 『まもなく電車が出現します』
『理由あって冬に出る』のその後の話。短編5本。
この方のこのシリーズも歯抜け状態です某市立図書館……。

 いしいしんじ 『麦ふみクーツェ』 
エッセイばかりでなく小説も読んでみようかと思いまして。
この作品は舞台化され、そのラジオCMを聞いて気になっていたのです。
音楽一筋の祖父と、素数にごだわる数学一筋の父と、港町で暮らす「ねこ」と呼ばれる少年の不思議な物語。

 山口幸三郎 『探偵・日暮旅人の望む物』
ファーストシーズンとセカンドシーズン合わせて全8冊。
シリーズ完。

 茅田砂胡 『トゥルークの海賊 4』
トゥルーク編は全3巻じゃなかったのか……後日談的な内容。
記憶が千鳥足なので、1~3巻も借りて再読しました。


他にも何冊か読んだ本がありますが、次回に。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:55Comments(0)本・小説

2015年07月30日

それよりはマシ

昨日、Windows10アップデート失敗で、ぐだぐた文句を言いながらパソコンに向かっていたわたくし。

私 「う~~~、数週間待ちしなきゃならんらしい」
母 「なら、又吉の本を図書館で借りるより早いやん」

……母よ、確かにそうだが。
先週に某市立図書館・本館へ久々に行ったら、貸し出しカウンターに立て札が置いてあり、
『芥川賞受賞作、又吉直樹 「火花」は予約件数が470になっており、ただいま予約受付できません』
と書いてあった話を伝えていたけどね……そこと比べりゃそりゃマシですね数週間って。
で、今なんとなく気になってウェブ上で予約件数を確かめてみたら、492件ですよー、増えてるよー!!
  
タグ :図書館


Posted by tack at 23:51Comments(0)本・小説

2015年07月29日

「待て」状態

Windows10への無償アップグレードに失敗し続けております。
検索してみたら、手間取って大変だ、という書き込みが……。
29日中に成功って、無理っぽい気がするぞー。  
タグ :Windows10


Posted by tack at 23:10Comments(0)日常

2015年07月25日

247

噂のアレが我が家に……。


ブレンディボトルコーヒーのパッケージに、芥川賞作家・又吉直樹のエッセイ9作品が載っているバージョンですな。
母が、
「今日買ったブレンディ6本に、あの、あの、ホラ、直樹って人のアレが!」
という、説明になってない妙な話をするので、
「ああ、又吉さんの書き下ろしエッセイが載ってるってやつね。ネットニュースで流れてた」
と返すわたくし。


確認したところ、9作品のうちの、2・4・7番の三種のみを買って来た模様(しかも2本ずつ……)。
中途半端な……。
(ちなみにわたくし、コーヒーが飲めぬ。このボトルコーヒーはきょうだいが一日2本弱ずつ飲む)

ところで、昨日のDVD・ビデオデッキ不調の件。
仕事に追われて時間が取れず、とりあえずプラグを引っこ抜いて放置状態。
一度、デッキのカバーを外して中を覗いてみて、自力でどうにかなるか調べないとな~。
ビデオデッキ時代は、自力でカバーを外して中のホコリを払えば何とかなったけど、DVDって未知なのでどうなる事やら。  
タグ :ブレンディ


Posted by tack at 23:22Comments(0)日常

2015年07月24日

謎の停電

18:50過ぎ、わたくしは自室で本を読んでおりました。
もう薄暗いので部屋の明かりをつけて、扇風機も回していたのですが、突如明かりが消え、
(あ、蛍光灯が切れた!?)
と視線を天井に向けようとしたら、目の前の扇風機が停止するとともに、固定電話の子機が充電できてないのを知らせる電子音を響かせて、ようやく停電だと気が付きました。
3階のブレーカーが落ちたかもな~と思いつつ、階下のリビングやキッチンはどうなってるのかと確かめに行くと、こちらも停電。
さて、この停電は我が家だけかね? と確かめに外に出ると、騒いでいる人がウチの家族以外皆無……。
どうなってるんだコレ……と家族ともども首をひねっていたら、若い女性が、
「停電ですかー?」
と歩いてこちらに近づいて来たので、ご近所も停電していると判明しました。
結局、3分かからない程で通電。
雷が鳴っていた訳でもなし、あの停電は何だったのか。
とりあえず、リビングのFAX機能付き電話の年月日と時間設定をやり直し(停電になると初期化するのだ!)、自室のコンポの勝手に電源が入っているのを切り、次いで物置部屋(と言いつつほぼわたくしの第2自室)にあるDVD・ビデオ再生専用デッキの日時設定を入れ直し……が出来ない!!
デッキ、電源が入りませんよー。
コンセント入れ直しても駄目ですよー。
今日はもう面倒臭いので、明日に取扱説明書を片手に向きあう所存。  
タグ :停電


Posted by tack at 23:19Comments(0)日常

2015年07月22日

寝落ち

テレビの恐怖映像特集(TBS系列)を見ていたのですが、始まってすぐに寝てしまい、ふと目が覚めると、どこかの廃墟の地下にカメラを持ち込んだ芸人さんたちが、わーわーキャーキャー言っている場面でした……え~と、この廃墟はどこですか?……恐怖よりも疑問が先立つってどうなのよわたくし。
  
タグ :テレビ


Posted by tack at 23:36Comments(0)日常

2015年07月21日

読んだ本

 鮎川哲也 『リラ荘殺人事件』
夏の終わりに美術科と音楽科の大学生男女数名が泊まりに来た別荘で起こる連続殺人事件。
途中、素人探偵がひょっこり現れて思わせぶりな発言をするものの、肩すかしな展開でびっくり。

 開高健×島地勝彦 『蘇生版 水の上を歩く? 酒場でジョーク十番勝負』
ジョークがぽんぽん飛び交う対談集。

 新井文彦 『きのこのき きになるきのこのきほんのほん』
タイトルに惹かれました。
写真と解説。

 清家未森 『身代わり伯爵の結婚行進曲 Ⅳ 裏切りと婚約解消』
シリーズ最終直前の、「次へつづく」引きが大きい4巻。
あと1冊でシリーズ制覇~。
でも人気作なので、いつ借りて読めるのか不明……。  
タグ :読書


Posted by tack at 22:27Comments(0)本・小説

2015年07月19日

プランターきのこ

今年もベランダのプランターにきのこが出現。


綿を育てている土に、去年も7月にぽこぽこ生えてました。
今年もか……。
去年は茶褐色のきのこ、今年は白いきのこです。


とりあえず4ヶ見つけて、割り箸でつまんで引っこ抜きました。


小さいので、見落としがありそう。

ところで。
昨日今日と、地元の夏祭りでにぎやかです。
人ごみが苦手なわたくしは遠くのS図書館へ行き本を借り、ついでにキャン★ドゥ系列の100円ショップで使い勝手のいい指サックをゲットしました! やっぱり売れ残りがありました、一袋だけ……。  
タグ :きのこ


Posted by tack at 23:09Comments(0)園芸

2015年07月18日

お達者で。

昨夜(17日)は、台風11号による大雨の影響で、22時過ぎに避難準備せよの連絡があった後、0時になって避難勧告が出ましたよ……いや、みんな寝てますその時間(わたくしは2時過ぎまで起きてましたが)。
外はもう真っ暗だし雨が降ってるしで、自宅にいるべきだろうと判断。
深夜1時過ぎには雨は上がり、避難勧告解除は翌18日朝6時でしたが、何ら被害もなく無事でした。

さて。
2週間前にちょっと言及していた件が落ち着いたので、事後報告です。
発端は、7月4日(土)の早朝。
ご近所の理髪店の奥さんが、道にうずくまる茶色い塊を見つけ、ウチの母にどうしたものか相談したのです。


という訳で、我が家に運ばれて来ました、アオバズク(フクロウ)でーす。
カラスに襲われて落ちたのか、路上に転がっていたそうですよ。
右足と右翼を負傷。
動物病院に連れて行っても、野生の生き物ゆえ何の病気を持っているのか知れず治療を断られるだろうし、役所に連絡しようにも土曜日でダメだしで、とりあえずウチで様子を見てやろうとなった次第。
ネットで調べて、暗い場所が落ち着くだろうと、段ボール箱にスカーフを被せて廊下の隅にそっとしておきつつ、鶏ササミを買って来て食べさせる。

7月6日(月)、役所に電話するが、「野生生物は手を出さず、カラスに襲われていようとも助けちゃいけません、保護しちゃったのでしたら怪我が治り次第自然に戻して下さい」と、やっぱりな~というお答え。

7月7日(火)、夜中に段ボール箱から脱走。
さすが夜行性!
大慌てで家中を捜索するわたくしと母。
すると……。


和室に逃亡しておりました。
背後の掛け軸及び日本刀については追及しないでください、どちらもニセモノです☆
右の翼がだら~んとしていますが、右足は回復した模様。
軍手をはめて捕獲し、段ボール箱に戻して、すのこで蓋をする事に。

夜中にごそごそ動きたがるアオバズクに、だったら一度外に出してやろうじゃないかと、夜にご近所の神社へ段ボール箱ごと運んで放鳥してやるも、まったく飛べずよたよた歩いて転び、おとなしく再び捕獲される……。
以降、日が暮れると3階のベランダに出して好きにさせる事に。


北側のアロエがお気に入りになる(暗い写真で見えにくいが)。
あと、室外機の上も気に入って、よく立ってました。
一晩中ベランダに放ったらかしでも、朝にはおとなしく捕まってましたが。


7月17日(金)、台風11号で大荒れの夜に写したこれが最後の姿。
わたくしは何となく気になって、深夜2時過ぎにベランダを覗いて、アオバズクが室外機の上に立っているのを確認してから寝たので、それが最後の姿です。
まだ右翼は変な曲げ方をしていたのですが……「外」のほうがいいのでしょうね~。
お達者で。  
タグ :アオバズク


Posted by tack at 23:59Comments(0)日常

2015年07月17日

そう言われても

のろのろな台風11号の影響で、一日中雨天。絶え間なく降雨。
夜10時過ぎに避難準備情報が届いても……。
外はもう真っ暗ですよ、出歩くほうがよっぽど危険ですよ!

さて。
本日読んだ本は1冊。

 桶谷繁雄 『金属と日本人の歴史』
読んだのは2006年刊の講談社学術文庫版。
原本は1965年刊なので、文章が少々堅苦しい……たまには毛色の変わった本を読もうと思ったのでした。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:35Comments(0)本・小説

2015年07月16日

読んだ本

台風11号が大暴れしてます。
強風が吹き荒れているものの、雨量はマシで助かってますが。
この台風が接近するって分かっていたので、昨日のうちに図書館へ行って来ました。
ちょうど、予約を入れていた本が貸し出せますよ、の電話がかかって来たのもあって、そそくさと外出した次第。
いろいろと借りて帰ると、汗が滝のように流れるわ貧血で顔面蒼白だわで、我が体力の無さにがっくり。
とりあえず読んだ本を以下に。

 広瀬煉 『魔導師は平凡を望む 9』
バラクシン編その2。
王家に対抗というか、頭の悪い嫌がらせをしまくる教会派貴族を〆るべく、主人公の魔導師が暴れ始めて次の巻につづく。

 穂村弘 『ぼくの短歌ノート』
現代短歌についてのエッセイのような本。

 森まゆみ 『森まゆみの 大阪不案内』
大阪観光エッセイ。

 中村うさぎ 佐藤優 『死を笑う うさぎとまさると生と死と』
もの凄い内容の対談集。
STAP細胞騒動での彼女の両親の危機管理能力を褒め称え、政治家の美学ポエムはどうなのかとか、Vシネマは良いとか、某売れっ子作家に対しての、「それ言っちゃっていいのか? まあ確かにそうなんだけど」な濃ゆいやりとりがてんこ盛り。   
タグ :読書


Posted by tack at 23:34Comments(0)本・小説

2015年07月14日

不調

仕事が一段落したな~と思ったら、どっと疲れが襲いかかって来てます。
ここ数日は多忙すぎて、床に転がって爆睡数分すら出来なかった程で。
喉に違和感が……こんな暑い時に発熱したくないよ! 寝込みたくないって! と、とりあえず気合いで何とかなりませんかね。  


Posted by tack at 23:23Comments(0)日常

2015年07月13日

ひさびさ

暑い……。
台風11号の影響で、少しずつ風が強く吹くようになってます。熱風です。
自室の気温が夜中でも32℃ってどうなのか……デジタル温度計はアテにならないようですが。
さて。
怒涛の仕事に追われている今日この頃、他にも厄介な問題が絡んで、ストレスが溜まって大変です。
とうとう今日、仕事を放り出して一日遊び呆けてました。
明日は怒濤を超えて地獄の仕事が待ってますよー……今は何も考えたくないぜ~。

友人Tとマンガの貸し借り及び、ひさびさに和菓子を食べようぜ、となりました。
という訳で、借りたマンガ。


 堀田きいち 『君と僕。 15』
あれ? 絵の変化が大きくなったような気がする。
もともとシンプルな線だったのが、さらにシンプルに。
キャラの顔もこんなだったっけ? となるのは、久しぶりにこのシリーズを読んだせいか。

で。
ひさびさの和菓子。


夏限定の「麩まんじゅう」押しなパッケージ。


よもぎの麩まんじゅうと、桃の果実入りの和菓子を買ってみました。美味。  


Posted by tack at 23:35Comments(0)日常

2015年07月11日

勝手に梅雨明け宣言

昨日(7月10日)の午前中に突然、「梅雨明けしたー!」と勝手にのたまったわたくし、そそくさとベランダに布団を干し、シーツの洗濯をしました。
気象庁や気象予報士を差し置いての、素人の個人的な梅雨明け宣言ですが。
何となく、湿度の質が変化したような感じだったもので(髪のうねり具合が違うのです)。
台風のトリプル発生(9号10号11号!)のせいでの体感の変化かも知れぬが……クマゼミが鳴き出してるし、山向こうにはでっかい入道雲が出てたし、もう本格的に夏ですよきっと。

さて。
怒涛の仕事量な毎日なのに、突然布団干しとシーツの洗濯をしたわたくし、夕方にダウン。
ここ最近は毎日、夕方に寝込んでます(といっても5~15分の爆睡というか気絶と言うべきか)。
それでも読書は順調です。
最近読んだ本を一気にいきますよ。
 
 いしいしんじ 『アルプスと猫 いしいしんじのごはん日記 3』
ウェブ連載日記の文庫版。
図書館のエッセイ棚にこの1冊だけあり、ごはん日記の1と2は無い……やってくれるぜ某市立図書館!

 小林朋道 『先生、洞窟でコウモリとアナグマが同居しています!』
[鳥取環境大学]の森の人間動物行動学シリーズ、その9。
このシリーズも長くなってきました……楽しいからさくさく読んでます。

 赤瀬川源平 『妄想科学小説』
ショートショートとエッセイ集。
主人公の名前が適当ながら法則があって、ニヤニヤ笑う。

 宮部みゆき 『泣き童子(わらし) 三島屋変調百物語 参之続』
変わった話を聞くシリーズ(って言い方もどうなのか)。
表題作がずど~んと怖い話でびっくり。

 輪渡颯介 『猫除け 古道具屋 皆塵堂』
シリーズ2作目。
前作では幽霊が見える青年のトラウマ克服がメインでしたが、こちらは叔父に騙されて土地と金を失った庄三郎が古道具屋で立ち直っていくまで。

 綿矢りさ 『かわいそうだね?』
女と女の軋轢2本立て。

 広瀬煉 『魔導師は平凡を望む 8』
異世界で自己中に生きる女性・ミヅキが活躍するファンタジー。
王家と教会の二大勢力がギスギスしているバラクシン(国)編に突入。
おバカな王子の相手メインで、あまり暴れてない8巻。次に期待。

 蜂飼耳 『空席日誌』
エッセイ。
道を歩いていたら後ろにいた散歩中の小型犬に足をガブリとやられた、という話が頭に残る……。
  
タグ :読書


Posted by tack at 23:52Comments(0)本・小説

2015年07月08日

夢叶う・・・?

収穫した小玉スイカを冷やして、縦半分に割ってみました。


あ、ちゃんと(うっすらとだが)赤くなってる!
わたくしの長年の夢、「スイカ半玉をスプーンでしゃくしゃく食べる」が叶いました……。
味については、何というか、ひと口目はほんのり甘くてスイカ感がありましたが、後は水っぽかったですよ。普通のスイカを食べ進めて、皮のそばになると薄~い味&青臭くなる、あの残念な味に例えたい。
まあでも、自分で作ったという贔屓目でもって、美味しかったです。
種の数が異様に多くて、食べづらかったとしても。
残り半玉ぶんは、明日のおやつです。  
タグ :小玉スイカ


Posted by tack at 23:29Comments(0)園芸

2015年07月06日

仕方なく収穫

小玉スイカを収穫しました。


本来ならまだ収穫時期ではないのですよ。
しかし、苗全体にハダニがびっっしりついてしまい、どんどん枯れていくので、仕方なく収穫です。
やはり日当たりと風通しの悪いウチのベランダでは無理があったかー。


比較対象にと、母の知り合いの畑産の巨大きゅうり&ナス、はさみと一緒に記念撮影してみましたが、大きさがよりいっそう分からない写真になってますね……。
中身がどうなっているのか気になるも、割って見る元気がありませぬ。  
タグ :小玉スイカ


Posted by tack at 23:24Comments(0)園芸

2015年07月05日

コピーロボット

怒濤の仕事に追いかけまわされております。
忙しすぎて、めまいと動悸がひどい。
昨日の土曜日の朝早くにちょっとした事件が舞い込んで、さらに忙しさが増してます(この件については何もかも片付いた後にUPします)。
本気でコピーロボットが欲しい今日この頃。  


Posted by tack at 23:35Comments(0)日常

2015年07月03日

嘘八百

昨日の夕方に、「リサイクルショップの者です。箪笥に仕舞い込んだままの着物や使っていない時計などの不用品を引き取りますよ」といった電話がかかって来ました。
わたくし、「実は最近引っ越したばかりで、不用品がないんですよ~」と返し、とっとと会話をぶった切りです。
もちろん嘘ですよ、引っ越したのは十数年前ですからね。
我ながらサラッと嘘を吐けるものだ……。
ちなみに、家のリフォームについての電話だと、「借りている家なんですよ~」と返します。

さて。
昨日に図書館へ行って、貸し出し上限10冊ぶんを借りたわたくしですが、今日の15時頃に図書館から、「予約本が用意出来ました」の電話が入りました……タイミング悪いな~。
この電話を受けたのが父で、「上限の10冊を借りられてますので、1冊交換していただく事になります」と聞き、びっくり仰天。
母に、「あいつ、10冊も借りてるんやって!!」と驚きを伝えに行ったそうな(母談)。
そんなに驚く事でもあるまいに。
体調と本の内容によっては、2日間で読み切ってしまうぞ、10冊なら。
……しかし、昨日図書館に行ったばっかりだし、怒涛の仕事で疲れきっている今日また行くのはつらいので、明日行きます。
昨日借りた10冊のうち、5冊は読了しているのは家族に秘密☆

と言う訳で、最近読んだ本の一部を一気に。

 アントニー・マン 『フランクを始末するには』
変てこな話ばかりの短編集。

 輪渡颯介 『古道具屋 皆塵堂』
幽霊が見える青年・太一郎が家業を継ぐために奇妙な店主の古道具屋で修業する、江戸時代ファンタジー。

 いしいしんじ 『いしいしんじの音ぐらし』
音楽にどっぷりな生活をしている作家のエッセイ。
レコード愛たっぷり。

 百田尚樹 『フォルトゥナの瞳』
近く死ぬだろう人が判別出来る能力に気付いた青年の苦悩、葛藤。
主人公の性格からすると、そういう最後になるだろうという話。
少々強引な展開でしたが、ファンタジーにはありがちなのかも。

 遙洋子 『私はこうしてストーカーに殺されずにすんだ』
規制法がなかった頃から、芸能人ってだけで狙われる恐怖の事実。
周囲との温度差に愕然としますが、だからこそ今でもストーカー殺人は起こる訳で。
しかし、この本によってますますこの人に対する嫌悪感をあらわにする男性とそれに追随する女性が増えそうです(ゆえにストーカー気質の人が多いとも言える)。

 一橋文哉 『未解決 封印された五つの捜査報告』
1997年の神戸連続児童殺傷事件のものだけ読了(他の四つの事件も読むと精神的に疲れそうなのでパス)。
あれですよ、『舌禍』(ぜっか、と聞くやこの字に勝手に脳内変換される)って本が金儲けに走った出版社と組んで出たのが引き金です。
でも、あの本は手に取るのも目にするのも嫌だし、そもそもあの事件については当時の浮かれワイドショーと新聞でしか知らず、詳しく知りたいとも思ってなかったのですが、図書館の書架にあったこの本を見つけ、読んでみる事に。
心底バカだなと思いましたよ、何がって父親と、特に母親にカウンセラーをつけて、びしばしスパルタ教育してない事が。
少年Aだけ矯正すれば大丈夫って考えてるのがお粗末です。
他の著者のルポも読んでみなきゃ駄目かなぁ……内容が内容だけに読むと疲れるけど。
   
タグ :読書


Posted by tack at 23:59Comments(0)本・小説

2015年07月02日

鬼灯の花

黙々と仕事に向かうも、量が減らないので数えてみたら、怒濤の仕事量でした。
おかしいと思ったんだ、昨日いつもより多く仕事をこなして今日も多めに仕事をしたのに、明日休みにならないし。
未読本がないストレスも加わり、夕方に自転車をすっ飛ばして図書館へ行って来ました。
読むと血圧が上がるイヤな本を借りるわたくし、病んでいるのでしょうか。
読んだ本については次回に。

さて。
咲きました、ホオズキの花が。


白いんですね~、知らなかった。
約1.5cmサイズです。  
タグ :ホオズキ


Posted by tack at 23:32Comments(0)園芸

2015年07月01日

下半期は痛いスタート

明け方4時に蚊の羽音で一度起こされ、蚊取り線香を焚いて二度寝したらば30分寝坊いたしました。
あわてて起き上がると右肩に激痛が走りまして、それはもう見事な寝違えでございます。
右肩は、ずーっと鈍痛あり。
左斜め上に顔を向けるととても痛い一日です。
そんな下半期スタート。  
タグ :ぼやき


Posted by tack at 23:19Comments(0)日常