2015年08月31日 23:53

昨日(日曜日)は、友人Tと友人Kを誘って、かき氷を食べに行きました。
例の、大盛りなのに安くて美味しい、洋菓子店の夏限定かき氷です。
雨の中、店の軒下に三人が並んで立って食べるというのも、一種の風情があってよろしいのではなかろうか(と思いたい)。
デジカメを持って行ってたのですが、雨天ゆえ撮影する余裕がありませなんだ。
今回初参加の友人Kは、
「家から近いのに、全然知らなかった!」
と驚いてました。
そして雨天だというのに、お客さんがひっきりなしの大盛況でして、ひとりの女性などは「お持ち帰り」してましたよ、出来立てのかき氷を手提げ型のビニール袋に入れた状態で持って帰ってましたが……家が近いのならそれでもいいのか?

さて。
友人Tが、「これあげる」と渡してくれたこちら。


グミです。


何というか、グロいっちゃあグロいお菓子ですね。
こういったものがわたくしの好みだと友人Tは思っているのですね。
ひそかに好きですけどね。
大っぴらにしてませんが、友人Tにはお見通しでしたか。

で。
本日の話に移ります。
ベランダのレモンの木にいるアゲハの幼虫一匹を見守っていたのですが、今朝見ると姿が消えてました。
床に落ちている正露丸(フンの事。見た目そっくりなので)の数がいつもより少なく、それらを掃除しておいて夕方に確かめると、床はきれいなままです。
そういえば、今朝早くにモズの声がやけに近くから聞こえてたっけ……。


犯人は多分こいつ。  


2015年08月29日 23:39

端切れがあるので、シュシュを作ってみようかと思いついたのが夜の9時。


本は昨日、図書館から借りてました。
必要なページのコピーを取っておくつもりが、いきなり制作に突入。


ミシンでまっすぐ縫うのみ。


2色×2本の計4本を縫い終えたところ。
ちなみに、この端切れは、母が未使用のエプロンがやけに丈長で鬱陶しいからと、裾を大胆に切ったものです。捨てるのはもったいないほどの量ゆえ、再利用です。


髪ゴムを通して出来上がり~……と言いたいところですが、ゴムを入れた口部分を手縫いで閉じなきゃいけませぬ。
この後、ちくちく縫いますよー。

ところで。
本日正午頃に、ミンミンゼミの声が鳴り響き、びっくり仰天。
なんで今頃……と呆然としている間に、とっとと山奥に行ってしまいました(どんどん鳴き声が山の方へ向かって小さくなっていった次第)。
その直後にモズの鳴き声が聞こえて、慌ててベランダに出て見渡すと、いましたいました、ご近所のテレビアンテナに止まって、しっぽをぐるぐる回す秋の鳥が!
夏と秋がごっちゃな今日一日でした。  


2015年08月28日 23:51

一昨日から頑張って仕事をして、休日をもぎとりました。
午前中に図書館へ行って本を借り、午後は読書三昧という幸せな一日です。
という訳で、読んだ本を一気に(先日からの分も含む)。

 藤田祐樹 『ハトはなぜ首を振って歩くのか』
それを本気で研究している先生っているんですね……。
ハトが首振って歩いているように見えるパラパラ(写真版)があって、それにつられて読みました。

 ランドール・マンロー 『ホワット・イフ? 野球のボールを光速で投げたらどうなるか』
変な疑問質問に答えるウェブサイトが元の、変てこな本。

 佐々木洋 『ナンコレ生物図鑑 あなたの隣にきっといる』
「ナニコレ」を使わないのは、あのテレビ番組のせいかなぁ……。
変な虫についてが多いのは想像通りですが、ツグミ(鳥)が載っていてびっくり。

 片山恭一 小平尚典 『そうだ、高野山がある。』
旅行記のようなエッセイのような内容。
読み終えて気が付いたのですが、片山恭一って、あの本(『世界の中心で愛を叫ぶ』)の作家か!
小説をひとっつも読んだ事なくて、この本がこの作家の本を読むお初になりました。

 キノブックス編集部 『本なんて! 作家と本をめぐる52話』
本に関するエッセイのアンソロジー。
バラエティーに富んでいてとても楽しい。
「崩れた本によって風呂場に閉じ込められた事件」って何なんですか……むちゃくちゃ気になるぞ、草森紳一の『随筆 本が崩れる』って本を探さねば!  
タグ :読書


2015年08月27日 23:58

夕飯の支度中に塩サバを焼こうとするも、旭化成の『クックパー フライパン用ホイル』が切れてました。
我が家の魚焼きグリルはずいぶん前から壊れていて、フライパンにクックパーを敷いて焼く方法をとってます。
ないなら仕方ない、と今日はあきらめたのですが。

母が19時にスーパーへ買い物に行くと言うので、
「じゃあ、クックパーのフライパン用ホイルを買って来て」
と伝えつつ、空き箱を見せたのです。

で、帰宅した母が買って来たのは旭化成のクックパーの……
クッキングシートでした。
それも2箱(「安かったから」と母)。
クッキングシートって、おもにケーキやクッキーを焼くのに使うものです。
直火のフライパンに使えません(燃えてえらい事になります)。

しかも、わたくしが頼んだホイルは青色の箱で、クッキングシートはピンク色の箱だし、ピンクには思いっきりケーキの写真がプリントされているんですよ!
そしてこの買い間違いは今回が初めてじゃないんですよ、二度目ですよ!!
全く同じセリフ、「安いのを買った」と言ってるんです。
だから、キッチンの戸棚には、以前間違って買ったクッキングシート(未使用)が。

空き箱を見てから買いに行ったのにこれか……母がこういう行動をするのは分かってたんだから、
「値段が高くても、青い箱のを買って来て」
と先手を打っておかねばならなかったのだ。

という訳で、未使用のクッキングシートが3箱もあります……。  
タグ :ホイル


2015年08月25日 23:35

またも虫画像UPです、ご注意ください。


昨日から不動のアゲハの幼虫は、今朝も不動の茶系色でしたが、16時には変化しておりました(そしてまた葉っぱをもりもり食べてます、証拠が手前に写ってます)。
これってどうやって色の変化をしてるんでしたっけ? 脱皮?
小学校で習ったような記憶がうっすら……習ったはずなのに覚えていない……。

さて。
台風15号の強風域に入り、レモンの鉢が突風で倒されてしまって、わたわたとベランダに出て横倒しになった鉢をよっこらせと起こし、こぼれた土を戻しながら、心配していたのは幼虫がどうなったかでしたが……レモンの木の心配はどうしたのだわたくし。

そしてもっと心配すべきの台風15号ですが、思ったより雨が降らず、天気予報で明日の朝までどばどば降るって言ってたのは何。
今は虫の音がよく聞こえて平和そのもの。  
タグ :レモン


2015年08月24日 23:52

台風15号北上中。
まだ今のところ、時たま風が強く吹いたり、やたらと暖か~い空気が満ち満ちているくらいです。嵐の前の静けさって感じ。
しかし、さすがと言うべきか、体が重いのと耳に違和感があり、我ながら無駄に敏感。
強風でベランダの鉢植えが倒れたら後々大変なので、さっさと棚の上に置いてある鉢を床に下ろしました。


16時頃の東の空。

ついでに、去年から気になっている、山の変化が今年は大変化している様。


枯れ木が多いんですよねー。
木にも寿命ってのがあるにしても、こうも一気に枯れるものなのか。
ちゃんと世代交代しているならいいんですけど。

さて、ベランダの鈴っ子トマトのその後。


小さな実が生りつつあります。
二鉢育ててますが、え~と、支柱いらずで横に広がるんじゃなかったのか鈴っ子トマトって。
やたらと縦に伸びて、支柱がないと倒れるんですが。

で。
(多分)アゲハの幼虫のその後です、虫写真ゆえ以下ご注意☆


昨日までレモンの葉っぱをもりもり食べていたのが、今日は不動。  


2015年08月23日 23:52

本日も残暑厳しくてへろへろですが、湿度が前日比低めで助かりました。
読書ペースはあまり上がらず(再読冊数は多いけど)。
とりあえず2冊読了。

 上野千鶴子 『上野千鶴子対談集 セクシュアリティをことばにする』
源氏物語が、「レイプ小説」って……言われてみればそうだな~(遠い目)。
わたくしは、「マザコン男の青い鳥探して迷い道小説・周囲は大迷惑物語」かと思ってましたが。
セクハラについての対談も興味深かったっす。

 木村千世 『双界幻幽伝 目覚めは青天霹靂!』
幽霊が見える女の子が頑張るシリーズその13。
この巻から本のデザインが変化、というか、このシリーズだと二度目のデザイン変更です(一度目は微妙、今回は派手に変化)。
シリーズが長くなると展開がゆっくりになる気がする……いや、ページ数が少ないせいか? 今回やけに薄い本だったもので。

ところで。
大阪で中学1年生の女の子と男の子が、ろくでもないやつのろくでもない身勝手に巻き込まれた件で、ちょっと気になっていた事があるのです。
女の子の遺体が見つかり、同時に行方不明になっていた男の子の消息が分からなかった時に、「男の子をよく知る子供たち」のインタビューがテレビで流れ、顔は映さず音声はそのままのコメントのほとんどが、「こういう性格の子だった」と過去形で答えていたので愕然としたわたくしですが、あれって子供たちは、マスコミが質問する際に過去形で聞いたから素直に過去形で答えたのでは? と思った次第。
質問者の声は端折って、子供たちのコメントだけ流していたからな……多分そうなんじゃないのかな……。
  
タグ :読書


2015年08月22日 23:22

午前中で仕事を切り上げ、予約を入れていた本を借りに図書館まで行って来ました。
昨日まで鳴いていたクマゼミが今日は全然聞こえず、ツクツクホーシが増加、アブラゼミが減少しております。
帰宅後は疲労で使い物にならず。
しばらく30℃以下の涼しさで、それに慣れた脆弱なわたくし、ちょっと気温&湿度が高くなるともうダメだー。
明日はもっと暑くなるらしいって、勘弁してくれー。  


2015年08月21日 23:40

何となくは知っていてもちゃんと読んだ事がなかった本を読んでみました。

 エクトル・マロ 『家なき娘』(岩波文庫版、上下巻)
1941年の日本語訳ゆえ、旧字・旧仮名遣いです。読みづらい。
旅をしながら写真屋を営んでいた父を病気で亡くし、母とロバのパリカーヌとでパリにたどり着いた少女ペリーヌは、病気で弱っている母の治療のためにパリカーヌを売るも、結局母も亡くしひとりぼっちで父方の親族を頼りに徒歩で旅をして、祖父に会いに行くがすったもんだあって苦労するも最後はめでたしめでたし……ってもの凄く力技で縮めたあらすじですが。
ロバのパカリーヌがいい仕事してます。

もう1冊。

 斎藤環×田房永子 角田光代 萩尾望都 信田さよ子 水無田気流 『母と娘はなぜこじれるのか』
対談集。
<母性本能が存在しないということは歴史的に証明されている>という一文に、やっぱりそうか! と納得。
確かに、日本では昔の農家の嫁は働き手であって、子育てはおばあさんや周囲の人たちが担っていたし、ヨーロッパでは乳母が当たり前にいましたからねー。
あと、大阪であった、シングルマザーが幼い姉弟をマンションに閉じ込めて餓死させた事件についての話もあり、あれは親族たちが離婚に際してとんでもなく厳しい誓約書(誰にも頼らず借金もせず母親一人で子供をちゃんと育てろ、という無茶)にサインさせていたらしい。それをメディアは知りつつ黙って、「母親(女)が悪い」で済ませてたのな。
ちなみに、この大阪の事件は2013年に映画化、『子宮に沈める』がそれで、今年8月上旬にCSで放映されたのをハードディスクに録りました……が、まだ見てません。見るには覚悟がいる作品らしいので、躊躇しております。

  
タグ :読書


2015年08月19日 23:30

昨日、図書館へ行って面白そうな本を何冊か借りて来ました。
今日、図書館から予約を入れていた本が用意できたと電話がかかって来ました。
……こんなのは何度もある事なので、もう驚きも落ち込みもありませんよ。嫌気に包まれますが。

さて、読んだ本。

 神山典士 『ペテン師と天才 佐村河内事件の全貌』
なぜ今この本を……? と自分でも思いますが、書架で見つけてしまったのですよ、読むしかないじゃないですか。
やはり早い段階でペテンだと気づくのは地元の住人です(まあ、当たり前ですね)。
嘘が肥大して、話のつじつまが全然合わなくなるのに、誰もそれにツッコミを入れられなかったという話。

ところで。
久しぶりにミヤネ屋を見たら、東京オリンピックのエンブレム問題から広がるパクリ騒動話の中で、高級腕時計のフランクミュラーのデザインをパクった、フランク三浦について話していて、わたくしテンションが上がる上がる。
数年前に関西ローカルのバラエティー番組で、ちらっと紹介されていたのを見て、気になっていた時計です。
まだ製造販売していたのか!
ちょっとどころか本気で欲しいな~、フランク三浦。  
タグ :読書


2015年08月17日 23:36

 結城光流 『白き面に、囚わるる 陰陽師・安倍晴明』
『少年陰陽師』シリーズは晴明の孫が主人公ですが、こちらはじーさまの晴明が若かりし頃の苦労話シリーズその3。
主人公が苦労するのは遺伝じゃないのかと思われる……。

ここ数日、仕事に時間を奪われ、暇が出来たらベランダ園芸に回し、本を読むペースががた落ちです。
もっとがっつり読書に没頭したいものだー。  
タグ :読書


2015年08月16日 23:42

まだまだ残暑厳しいものの、ずいぶん過ごしやすく感じるのは、強烈な猛暑だった時と比べるからでしょうか。
ほんの少し気温が下がっただけで、食欲が戻り、体重が減りました。
今までは水分ばっかり摂って、全身がむくんで重苦しかった我が体……しかし何故にがつがつ食べているのに体重が減るのだろう。
そして悲しいかな、むくみで苦しんでいた時は何ともなかった貧血が、ここに来てひどくなってます。
わたくしの面倒くさい体質、どうにかならぬものか……。

さて。
夕方の涼しい時にベランダに出て、サボテンの植え替えをしました。


種から育てて……11年くらいかな~。
大きくなり過ぎです。
このサイズのを素手で植え替えするのはかなり危険ですが、強行してみましたよ。
これ、凶器と言って差し支えないような気がします……。
しばらくは植え替えしたくないため、大きい鉢を選んだ次第。
そろそろ花が咲いてもいいと思うんだけどな~。

以下、最近のベランダ状況。


綿の実の現在。
今年は例年以上に種まきが遅かったので、収穫は少なそうです。

で、次の写真は小さくUP。
虫が写っているから、苦手な方はご注意ください。


レモンの葉の上にいるのは、アゲハの幼虫っぽいな~。
育ててみようかな、この1匹くらいなら木が丸裸にならないだろうし。


レモンも種から育ててここまで巨大化。
5年前に思いつきで種をまいてみたらこうなったのです。
まだ一度も花は咲かず。


ラストは石竹。
花期が長いのはいいけど、ハダニが発生しております。
捨てなきゃならないレベルまでもうちょっとって感じ。
今年はハダニがうようよ出て、姫リンゴ(アルプス乙女)が枯れ、アップルミントも危険な状態……ってハーブに虫がつくってどういう事だ。  


2015年08月13日 23:42

雨が降ったりやんだりで、とても蒸し暑い一日です。
マシな気温になって来たかな~と思ったら、湿度が上がりますか……。
数日前までのここ最近は仕事が少なくて、ほぼ夏休みって感じでしたが、昨日から普通に多忙です、日本語が無茶苦茶ですがとにかく通常の忙しさです。
どうすれば外出する時間を作れるのだろうかと不安になる今日この頃。
いや、以前は怒涛の仕事量でも平気で遊ぶ時間を捻出していたな……(遠い目)。

さて、最近読んだ本。
とあるシリーズの再読を始めてしまい、新しい本との出会いを自ら妨げておりますが。

 中島らも(著) 小堀純(編) 『中島らもエッセイ・コレクション』
既刊のエッセイ集から編者が1冊にまとめたもの。
これも再読といえば再読になってしまう気がしないでもない……。

 木村千世 『双界幻幽伝 祝祭は不倶戴天!』
幽霊が見える眼を持つ少女・朧月(ろうげつ)の謎が少しずつ明かされるシリーズその12。
謎の根幹とも言えそうな、朧月の母についてほんのちょびっとヒントが出て来ましたが、まだまだシリーズ完結までとは行きそうにない展開です。

ほかにも2冊、ロマンス小説を読みましたが……解説するのが正直面倒なのでパス。  
タグ :読書


2015年08月11日 23:58

立秋を過ぎたので、残暑お見舞い申し上げます。
暑いっちゃあ暑いけど、外の匂いが秋っぽくなり、風が涼しくなってます。
今年は夏バテしなかったな~……5月に何度か倒れてたのがそうなのかも知れぬが。
まあ、まだまだ暑いので気を抜けない日々ですが。

さて、最近読んだ本の続きというか、じ~わじわ読んだ本の冊数は増加している今日この頃。

 木津川計 『含羞都市へ』
まじめに大阪を書いたもの。
グリコ・森永事件や豊田商事事件、釜ヶ崎暴動など、物騒な事件が相次いで大阪は怖いとか野蛮だとかいうイメージが定着してしまったのが悔しい、といった話。

 大阪オールスターズ(編) 『大阪呑気大事典』
1988年9月刊。
面白おかしく大阪を紹介する本。
執筆者紹介からして濃いメンバー。
中に、「桂べかこ」がいて、昭和だな~と遠い目になったわたくし。

 和多田勝 『相惚れ大阪』
こちらは上記2冊より10年古くに出版された大阪についてのエッセイ。
悪いイメージが定着する以前の、のんびり明るい大阪の話。

 池谷裕二 『脳には妙なクセがある』
ネアンデルタール人の男と、ヒトの女が交雑したというのがDNAで判明した、というのに驚愕。
混血したのは、白人や黄色人で、アフリカ系の黒人は純血・血統書付きの現代人だそうな。
この結果に衝撃を受けた白人の話もなぁ……どこまで至上主義なのか。

 阿部和重 中原昌也 『シネマの記憶喪失』
映画について対談。
相も変わらず映画自体は見ないのに、映画評を読むのは好きです。  
タグ :読書


2015年08月08日 23:52

今日の暑さは半端なかったっす。
あまりの暑さに口で呼吸するほどでした(犬のような呼吸)。
自室のエアコンを使おうかと本気で悩みましたが、結局は扇風機で我慢しました。
15時台に夕立……かなり豪勢な雷と大雨が南から北へ通り過ぎ、気温が一気に下がって、ずいぶんとましになりました。
そういえば、8月4日(火)にツクツクホーシの鳴き声が聞こえ、もしかしたら聞き間違いかもな~と思うも、昨日も聞こえたので、早く羽化したやつがいる様子。

さて、最近読んだ本。

 仔鹿リナ 『うちのダンナは野菜バカ』
『別冊ほんとにあった笑える話』連載の四コマを単行本化……って、図書館の新刊棚で見つけて手に取ってみたらまさかのマンガでびっくり。
文章もののエッセイかと思いきやエッセイマンガでした。
タイトルまんまの内容。

 工藤美代子 『ノンフィクション作家だってお化けは怖い』
エッセイ。
「あれ? なんか変だな~?」という日常にある引っかかり話。

 谷川栄子(著)本間秀和(写真) 『里山のつる性植物 観察の楽しみ』
写真を眺めて和む。

 押井守 『勝つために戦え! 監督家業めった斬り』
洋・邦の映画についての対談集。
押井守の「それ言っちゃっていいの?」な対談も興味深いが、西尾鉄也のイラストのうまさに仰天。

 椹木野衣×会田誠 『戦争画とニッポン』
戦争画についての対談。
第二次大戦当時の絵を小さいながらカラーで載せてます。


まだ読んだ本があるけどそれは次回に。   
タグ :読書


2015年08月05日 23:16

昨日、友人Tから借りました。


 荒川弘 『銀の匙 13』。
ジャガイモとベーコンのジャーマンピザがとても美味しそうな巻。
『アルスラーン戦記』の連載もあるので、コミックスの発売ペースがゆったりしてます。
そして、そろそろ終わりそうな感じです。
というか、どうなってるのでしょうかアルスラーンのほうは。
友人Tいわく、「コミックス3巻までのぶんはもうアニメが追い越して行ってるよ~」らしいが、わたくしはアニメ版は見ていないので謎が多いのですよ。

さて。
昨夜にとうとうアップデート出来ました、Windows10……出来たのはいいけど、むちゃくちゃ時間がかかりました(2時間弱ですよ! ウチのノートパソコンが古くて処理能力に問題大ありだとしてもそれはないわー!)。
長らくWindows7だったので、10に変わって戸惑うこと多々。
いずれ慣れるはず……。  
タグ :マンガ


2015年08月04日 22:07

猛暑のなか、外出しました。
友人Tも今日は休日だったので、ならば地元のケーブルテレビで紹介されていたかき氷を食べに行こうかとなる。


手前のが、わたくしが買ったカルピスぶどう味(シロップ)がたっぷりとかけられたかき氷・税込120円!
これで小サイズですよ!
普通のいちごだのメロンだののシロップだと、税込100円という安さ。
写真の左端に映ってしまった友人Tのかき氷は、すっぱいレモンのシロップ、こちらも120円。
炎天下の路上で立ったまま、しゃくしゃく食べましたが、量が多くて友人Tに援護してもらいました。
小サイズを選んで良かった……中サイズ150円のは絶対に食べきれない……。
氷自体がとても美味しく、がつがつ食べても頭が痛くなりません。
これはまた食べに来ないと! 


このお店、実は洋菓子店。
夏の間だけかき氷も販売しているそうです。  


2015年08月03日 23:57

連日の猛暑でへろへろです。
麦茶をがぶがぶ飲んでいたら、なんと翌朝には両足がパンパンになっておりました。
飲み過ぎ……。
むくんで歩くのもつらい状態ってどうなのか……。
とりあえず手で軽くもんで、座ったままで足を上げ下げする軽い運動で何とかなりました。

……というのが昨日の事。
今日は夕方からむくんでまーす。
水分を減らしてもむくみますかそうですか、て事は運動不足のせいでしょうかねこれって。
でも暑くて動きたくないよ!

ところで、ようやく咲き始めました夏の花。


綿。
ハダニがわんさかいて、一時は枯れるかもと心配でしたが、無事に咲きました。


鈴っ子トマト(ミニトマト)。
さすが夏野菜、暑さをものともせず。  


2015年08月01日 23:57

先週に友人Tと会った時の事。

「これは忘れずに言っとかなきゃならんのだが、8月4日と11日の夜11時台にNHKのEテレで、ピタゴラ装置の特集をやるよ」
異物混入事件と後始末の悪さからお客さんが少ない某ファストフード店にて、わたくしがこう話すと、目の前に座ってジュースを飲んでいた友人Tの眼がキラーンと光り、おもむろに鞄からスケジュール帳とペンを取り出すや、
「書き込んでおく」
と真剣な面持ちでペンを動かしたのだった。
うん、忘れずに言っておいて良かった。
わたくしは偶然、番宣を見て知ったのですが、友人は全く知らなかったそうな。

さて、本日も猛暑でござる。
しかし人間は慣れる生き物です、今日は扇風機の「弱」で何とかなりました(自室は扇風機と扇子でしのいでますが、リビングはエアコン使用ですよさすがに)。
昨日の続きの最近読んだ本、いきます。

 西澤保彦 『小説家 森奈津子の華麗なる事件簿』
男性の小説家が実在の女性小説家になりきった、という変わったシリーズを再編集した文庫。
あとがきに何故こういう本が出来たのか理由が書いてありますが……こうも開けっぴろげにしていいんですか、読んでいるわたくしは楽しいけど。

 結城光流 『少年陰陽師 留めの底にわだかまれ』
<道敷編>その3。
不安たっぷりのまま次に続く展開……。

 綿矢りさ 『ひらいて』
高校生の女の子がクラスメイトに恋をして、とくれば青春小説の王道ですが、一筋縄ではいかず。
残酷でドロドロしつつ、清らかな部分が見え隠れ。

 辻村深月 『家族シアター』
この方も結構怖い人間をサラッと書く小説家。
いろいろな家族の問題と対処の短編集。  
タグ :読書


このページの上へ▲