2016年06月30日

気になる部分

6月も終わりですね。
もう半年たってしまったのか……早く感じてしまうのは歳のせいでしょうか。
昨日と今日とで、がっつり仕事をしたおかげ様で、明日はまるっと一日お休みです!
図書館に行くぞー!
ついでに、以前から気になっていた洋服屋さんにも行きたい……怪しげな雰囲気にしり込みし続けているのに入店できるのかなわたくし。

さて。
ベランダ園芸近況。


ホオズキの実がひとつ増えました。
穴が開いているというのかなこれ……下部のこの穴は何?


以前から出来ている実ふたつは異常なし。


3期目の花が咲いてます、ミニバラのケアフリーローズ。
先月にハダニだらけで、ばっさばさ枝を切ってしまったので枯れるかも……と思いきや、頑丈ですミニバラ。


イチゴの桃娘は、枯れました……空いた鉢に鈴っ子トマトを挿し芽してみました。
イチゴは何粒か食べられたので、枯れてもショック度はマシです(いや、でもショックはショックですが)。

おまけの最近凄く気になっている山のコレ。
ウチのベランダから撮りました。


ある日の外出先からの帰路に目にしてから気になっているんですが。
山の緑に対しての、紅白の人工物って目立ちます。


クレーン。
こんな山の中で何を??  


Posted by tack at 23:29Comments(0)園芸日常

2016年06月29日

読んだ本

 高千穂遙 『ダーティペアの大乱戦』
ダーティペア・シリーズ3。
ほぼ海の惑星ドルロイでの高級ロボット・アクメロイド殺しの犯人探し……まあ、いつも通りの破壊の限りを尽くしてます。
以下、同作家の同シリーズ。

 『ダーティペアの大脱走』
シリーズ4作目は、銀河系随一のお嬢様学校<聖エルモ学園>の奇病事件で派遣されての学園潜入モノ。
ラストは何とか逃げ延びたユリとケイが冷凍睡眠を選択しており、ここでシリーズを終わらせようかな~としていたのでしょうか。

 『ダーティペア 独裁者の遺産』
ダーティペア・シリーズ外伝です。
冷凍睡眠ラストの本編とは違って、ユリとケイのルーキー時代の話で、彼女たちのペットであり有能な助手でもあるムギとの出会い編。

……という、3冊まとめ読みダーティペア・シリーズでした。

  
タグ :読書


Posted by tack at 23:01Comments(0)本・小説

2016年06月26日

家電ドミノ

本日の夕方にセミの声が聞こえました。
勢いのある一本調子な鳴き声で、アブラゼミかと思われます。
そして本日は、カラッとした空気でとても過ごしやすかったっす。
が、しかーし。
冷蔵庫の製氷機が停止してしまい、氷がひとっつもない状況に!
まだ新しいのに冷蔵庫ーっ、というか、毎度毎度いつも製氷機から壊れるんですよねウチの冷蔵庫は。
真冬だろうが氷を作り続けているせいか……(きょうだいが一年中氷入りのアイスコーヒーを飲みまくるゆえ、製氷機は休まる暇もない)。
先週に、オーブントースターと炊飯器と掃除機を新しく買い替えたばかりなのに、冷蔵庫まで……いや、冷蔵庫は製氷機の一部品交換で済みそうですが。
家電って一気に壊れますね~。
まあ、同時期ににいろんな家電を購入してるから同時期に壊れて当然か。
ちなみに、冷蔵庫はパナソニックなのですが、え~と、隣に置いてあるオーブンレンジはナショナルです(笑)。
2001年製の、ウチの家電では断トツの古株です。  
タグ :家電


Posted by tack at 23:27Comments(0)日常

2016年06月25日

本日も雨天か……(ため息)。
とんでもないうねり方をする髪の毛に、さらにテンションが下がっております(ドライヤーで乾かさずに、扇風機で何とかしようとしているのが悪い)。
さて、昨日今日と読んだ本。

 木村俊介 『漫画編集者』
インタビュー集。

 橙乃ままれ 『ログ・ホライズン 1 異世界のはじまり』、『ログ・ホライズン 2 キャメロットの騎士たち』
やっぱり借りました図書館(本館)から、とりあえずキリのいい序盤の2巻まで。
先にNHKのアニメ版をざーっと見ているので、「あっ、アニメのまんまだ!」 と思い、すぐに、「いやいや、逆だ逆! こっちが原作!」 と自己ツッコミ。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:42Comments(0)本・小説

2016年06月24日

ほえ/スイカ丸かじり

梅雨らしい梅雨でへばってます。
雨が降る直前が、むちゃくちゃ体がだるいのと重いのとで、とてもつらい今日この頃です。
家の廊下の壁にムカデが一匹張り付いていてびっくり仰天するし……このじめじめから早く解放されたいよー。
いまいち読書もノリノリとはいかないし。
という訳で、読了した2冊について。

 佐藤正午 『鳩の撃退法』 上・下
「ほえ」というのが口癖で、人の名前をちゃんと呼ばない、元・小説家の津田伸一は、『女優倶楽部』 のコンパニオンの送迎をしているのだが……この主人公というか物語の語り手が、身近で起こった幸地家一家三人失踪事件について小説を書き始めたり、知り合いの古本屋の房州老人の遺産(大金!)を手に入れて動揺したり、使った1万円札が偽札で動揺したり、と忙しいのに飄々としていて掴みどころがない人物。
佐藤正午の小説は、『ジャンプ』、『身の上話』 しか読んでませんが、何だろうな……既読本はどれも千鳥足小説って感じです。
あっちにフラフラこっちにフラフラして、この話はどこに向かってるのだろうかと不安になるのと、でも面白いよな~ってのがごっちゃになってます。
最後まで読むと、ああこれはミステリだったのだ、ちゃんと謎が解明されてるよ! とほのかに感動。


おまけ。



昨日に友人Tとマンガの貸し借りで会いまして。
6月は友人の誕生日月ゆえ、和菓子でお祝いする事に。
某・百貨店地下の和菓子店で買うのはお初。夏なのでスイカ。
この店のは甘さが強烈でした……。
そして、友人もわたくしも黒文字(クロモジ)を持っておらず、仕方なくかじって食べた次第。  
タグ :読書和菓子


Posted by tack at 23:25Comments(0)本・小説

2016年06月21日

支柱は必須

ベランダ園芸近況~。


種から育てている鈴っ子トマトは順調に実をつけてます。
これ、支柱いらずで栽培できるってのが売りのはずなんですけどね。


あら不思議。
わたくしが育てると毎年、株が巨大化するというか、支柱がないと危険な育ち方する訳で。
昨夜の大雨と風で、べろ~んと株が横倒れになってしまい、本日に支柱を立てました。  


Posted by tack at 23:04Comments(0)園芸

2016年06月19日

SF

気温と湿度の高さプラス貧血で弱っておりました。
しょっちゅうへたり込むし、いつも顔が真っ白でしたが、ちょびっとずつ回復しつつあります(あるいは不調に慣れてきた?)。
予想通りに仕事が入り、読書する余力に欠ける日々ですが、数日かけて何とか1冊読了しました。

 片瀬二郎 『サムライ・ポテト』
ゆるキャラロボットの悲哀から、世紀末的ドタバタまでいろいろSF短編5本。

もうちょい読書ペースを上げたいな~。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:29Comments(0)本・小説

2016年06月16日

ひきこもり低気圧

ひねもす雨降りやまずの低気圧の影響をモロに受け、ぐったりしております。
体がだるくて、椅子に座って本を読むのも億劫でした。
時間がたっぷりあるのに読書に没頭できない不幸。
今日読んだ1冊その他、最近読んだ本を以下に。

 津村記久子 『この世にたやすい仕事はない』
短期の仕事を転々とさすらう女性の物語。
変わった仕事ばかりしていて面白いです。

 池上英洋 『「失われた名画」の展覧会』
盗まれたり焼かれたり切断されたり後世に上書きされたりして原形をとどめていない&今どこにあるのかさっぱりな美術品について。
1冊の本にまとめられるくらいに大量に、「失われた名画」はあるというノンフィクション。
 
 蒼井上鷹 『お隣さんは、名探偵 アーバン歌川の奇妙な日常』
郊外のマンションの大家さんが代替わりして、現住人たちを追い出そうと画策。
住人のひとり、小柄で品のよさそうなおばあさんの平本さんが動き回る連作ミステリ。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:44Comments(0)本・小説

2016年06月15日

三日干される。

昨日の夕方に、請け負った仕事を納品したら、「三日ほど休んでて」と言われました。
え~、昨日一日まるっと休んで充電できたのに、さらに三日も休みですか?
来週の月曜日に友人Tとマンガの貸し借りする約束していたのに、仕事のスケジュール調整が大いに狂ってしまったじゃないっすか。
たぶん次に来る仕事は、とてつもない量になる……(そういえば、毎年この時期に会社が休みで、直後にしわ寄せ仕事になってたわー)。
で。
昨夜に友人Tに電話してみると、うまい具合に今日会える事になりまして。
20日(月)に会うのをやめにして、今日会いました。
無事にマンガの貸し借りできてひと安心。
という訳で、借りたマンガ。


 石動あゆま『コーセルテルの竜術士~子竜物語~ 8』
このシリーズも長いなぁ……ほのぼのファンタジーで安心して読んでいられるマンガです。


 江口夏実 『鬼灯の冷徹 白い猫好々セレクション』、『鬼灯の冷徹 紅い金魚草セレクション』
再録なので、普通に単行本を買っていたら別にこれ買わなくてもいいのじゃなかろうか。
1話ずつネームも小さく収録されてはいますが。
集めているマンガのこういったエキストラなものって買うべきかどうか悩みどころです。

とか言いつつ、わたくしも買っちゃってるのですけどね。


 『銀魂あにめイロイロ生(ライフ)』
今日、ふらっとアリオ某店内の丸善に入ったら、1冊だけ残ってまして、つい買っちゃった次第。
もうね、TSUTAYAで買うルールがなし崩しですよ。
しかもこれ、第4弾という……既刊3冊も集めないと据わりが悪いな~、中古で探そうかな~。
帯に書かれてある、「ミニ色紙付き」ってのが気になって、950円(8%税込)払いました!


ホントにミニ色紙だったわ(笑)。  
タグ :マンガ


Posted by tack at 23:33Comments(0)日常

2016年06月14日

カオスにやられモラルを買い忘れ

仕事が午前中で終わり、急に時間が空いたので、隣市のTSUTAYAへ自転車こいで行って来ました。


 空知英秋 『銀魂』 24~26巻
25巻から定価が10円上がって、400円に。
まだ全部読めてません……毎度ながらの図書館から借りている本優先なので。
ちなみに明日はまるっと一日お休みです!
行くぞ図書館~。
買ったマンガは後回しにされる運命。

ところで。
時間に余裕があった今回は、帰路にちょっぴり遠回りして、古本屋に寄ってみたのですが。
……無いよ古本屋。
いや、正確に言えば、古本を全然扱わなくなっていました。
以前の店舗は、中古コミックス・CD・DVD・トレカ中心でした。
今や中古家電・リサイクル食器・服飾という、中古品店に様変わり。
内心大いに驚愕、でも無表情で店内をぐるっと一周、ふと目についたCDラジカセの宣伝カードを読むと、
「ラジオは聞けます!!」
とあり、え? と目を凝らして続きを読むと、
「CD・カセットテープは不可」
との事。
それ、CDラジカセじゃない。
他にも、「リモコン操作ある程度できます、でも使えないボタンあります」とか、「スタッフが試してみたらMD再生できました」とか、どうなのよそれな文言とともに、中古品が並んでました。

どんなカオス中古品店なのかここ……。
それ以前にいつの間に古本屋が消滅したの? としばし考え……分からない、前回いつこの店に来たのか覚えていない、1年ぶりどころか2年ぶりくらい? そりゃあ店が変わっていてもしょうがないかな~と遠い目に。
呆然自失の影響で、買う予定のモラル(下着。『鬼灯の冷徹』参照)を買い忘れました。  
タグ :マンガ


Posted by tack at 00:03Comments(0)日常

2016年06月13日

トドメ

さっき何気なく漫画原作の実写映画化について検索してたら、何で今になってハガレン? に続き、ジョジョも実写化するとか本気か!? と驚愕が止まらないわたくしにトドメの一撃が。
銀魂もやるんですね……。
もう終わってるな、日本映画界。
たぶん、人気があるマンガの発行部数を提示すればスポンサーが好反応、企画が通りやすいのでしょうね。  


Posted by tack at 01:53Comments(0)日常

2016年06月11日

読んだ本

毎日暑いなぁ……扇風機がないと耐えられなくなってしまった軟弱者なわたくしであります。
熱中症が怖いからと水分ばかり摂取して満腹になり、固形物がほんのちょっとしか入らないという、体に悪い状況です。そりゃあ貧血がひどくなって当然ですよー。
何事もほどほどに、が今後の課題。

さて、最近読んだ本を以下に。

 高千穂遙 『ダーティペアの大逆転』
ダーティペア・シリーズ2。
姿の見えない獣事件で鉱業惑星ひとつ潰してます。

 津村記久子 『くよくよマネジメント』
人生くよくよしたっていいじゃないか、なエッセイ。

 島根勝手に応援会 『島根自虐伝』
実は郷土愛あふれている……のかもしれない本。自虐だけど。

 有川浩 『明日の子供たち』
児童養護施設、「あしたの家」の職員と子供たちの成長。

 篠田真由美 『レディ・ヴィクトリア アンカー・ウォークの魔女たち』
ヴィクトリア朝の19世紀ロンドンが舞台のミステリ。
未亡人ヴィタ(ヴィクトリア)と有能な執事とメイドたちが謎解きしてますが、探偵役たち全員も謎だらけです。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:08Comments(0)本・小説

2016年06月10日

プチ贅沢/うわさを信じちゃいけないよ

とりあえず仕事は一段落。
午後にまたも図書館へ本を借りに行って来ました。
今日の日差しはギラギラ、紫外線が強烈で、目が痛かったっす。
帰路に、あれコレ熱中症っぽくないか? な体調不良になり、ドラッグストアに寄ってこちらを入手しました。
買ってすぐ飲まず、帰宅まで我慢しましたが。


明治深みミルク紅茶(ルピシア監修)。
ちょっと割高ですが、茶葉の濃さと甘さ控えめがわたくし好みで、先月からちょくちょく飲んでます。
ちなみに本日の自室は32℃を記録しまして、扇風機を使いました。

ところで。
ウチのご近所に、紅白出場の有名演歌歌手が最近来ていた、との噂をキャッチ。
帽子を目深にかぶってスッピンだったとか……。
母の店に来たお客さんからもたらされた情報ですが、まあ、あれだ、話半分で聞いておけばいいんじゃなかろうか。  
タグ :紅茶


Posted by tack at 23:06Comments(0)日常

2016年06月08日

ぐーるぐる再放送

蒸し暑い日々にへろへろです。
人間は弱っているのに蚊は元気溌剌、一日に1ヵ所は刺されております、ああ痒い。
昨日の午後にようやく地獄の仕事量から解放されたのですが、次の地獄が待ち構えてました。
予想通りに6月は延々と地獄らしいです。
さて。
仕事をしなくちゃいけないが、銀行にも行かなきゃいけない訳で、午後に出かけました。
用事を済ませて、ついでにちゃっかり図書館に寄って本を借りました。
そんなこんなで読んだ本。

 高千穂遙 『ダーティペアの大冒険』
19歳のケイとユリのコンビが破壊の限りを尽くしつつ仕事をこなすSF、ダーティペア・シリーズ1作目。
アニメと違って、破壊の規模が全然違いますね、原作はシャレにならないっす。
主人公コンビが所属する会社というか組織というかが、アニメだと建物が真上からだと、社名のWWWAの文字になっていたような記憶が……アニメ版を見たのって、かなり昔……しかも再放送で。
その昔は、アニメの再放送が多くて、わたくしはそれでいろんなアニメを見ました。
日曜日のお昼っていうと、キャッツアイかシティハンターかルパン三世あたりが、ぐーるぐる再放送され続けていた時代がありまして。
平日の16時頃にもいろいろ再放送していて、ダーティペアや、らんま1/2もこれで視聴していたはず。
最近はアニメの再放送を地上波でやらないので寂しい(CSでも古いのはあまり流してくれないし)。
再放送ネタついでに、今、暴れん坊将軍の初期のを見ると、将軍様の若さに驚きます。いや、当たり前なんですけどね、画面を見てのけぞってしまいます、時の流れが一目瞭然。

 山本幸久 『寿フォーエバー』
バブル期の終わりかけに建て替えられた結婚式場・寿樹殿は、真上から見るとハート形、外壁もピンク(!)。
そこで働く井倉靖子さんの物語。
ライバル社に、『凸凹デイズ』 の面々がデザインと運営に関わっていて、結構出番が多い。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:31Comments(0)本・小説

2016年06月06日

奇天烈さんたち

読みたくても某市立図書館にはなく、ならば買おうかと思っても探すのをど忘れしていた文庫本が実は某市の本館にあったのですが、いや、わたくしずーっと図書館の蔵書検索をしては、「ない」ってのにがっくり来ていたのに、しれっと書架に並んでいるってどういう事ですか。
そういえば、別のとある文庫も検索したら、自宅から一番遠いR館にしかないって結果で、遠出して借りに行ったのに、後日にS館の書架にも本が並んでいたりしてましたが。
図書館の蔵書検索データはアテにならない模様。
自分の目で探せ、という事か。
という訳で、長年読みたかった文庫本を発見、読了いたしました。

 高野秀行 『ワセダ三畳青春記』
著者が1989年から2000年まで、三畳間、家賃月1万2千円の古いアパートで送った青春の日々。
アパートの他の住人の奇天烈さが凄まじい(著者も奇天烈ですが)。
小説への、「人間が書けていない」っていう訳の分からないツッコミがありますが、実際の奇天烈さんたちって突き抜けていて、「こんな人間いねえよ!」なのだなぁ、と遠い目になる本。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:23Comments(0)本・小説

2016年06月05日

クセ

昨日、梅雨入りしました。
プラス、仕事が山積みです(自業自得)。
体がだるいのは湿度のせいか仕事のせいか両方か。
ついでに貧血でフラフラしております。
あまりがっつり読書してませんが、とりあえず2冊続けて読了。

 山本幸久 『凸凹デイズ』、『カイシャデイズ』
普段着は古着の着物でガリガリ君をよく食べる黒川(クロ)と、有名キャラクター好きな大滝(オータキ)と、彼氏を見る目はないが他の人を見る目は確かな凪海(ナミ)の男女三名のみのデザイン会社・凹組(ぼこぐみ)と、ライバル社・QQQの気の強い女社長の醐宮(ゴミヤ)との過去の因縁をからみつつ展開する、『凸凹デイズ』。
オータキのバイト時代の社長が、デザインについて擬音語ばっかりで話す無茶苦茶なキャラだったり、腹黒なオッサンがいたりと、クセありまくりで楽しい。
『カイシャデイズ』 は、個人経営の店舗デザインをする会社で働く、これまたクセの強いデザイナーがいっぱいだし、依頼者も変わり者揃いな話。ちょこっと凹組の人が出演してます。

もう1冊、『寿フォーエバー』 って本も読まねば(凸凹→カイシャ→寿、と続いているようなので)。  


Posted by tack at 23:08Comments(0)本・小説

2016年06月03日

今日も今日とて

午後に出かけました。
一応、仕事はしてますよこれでも……いや、いつもより量が少なめですが。
本日は、隣市のTSUTAYAまで、自転車こいで片道15分程度。


 空知英秋 『銀魂』 22・23巻
先月に続いて、今回も貯まったTポイントで入手しております(銀魂買い集めだしてこれで5冊かな、ポイントでゲットは…いや、7冊でした)。
読むのに時間がかかるな~銀魂……文字数が多い!
活字中毒なわたくしにとってはうれしくもあり、眼精疲労との闘いでもあり。

さて。
今年も咲きました、謎の花。


サボテンというか多肉植物です。
品種名がてんで分からない……まあ、きれいな花だからいいか、と今年も謎は謎のまま。
  
タグ :マンガ


Posted by tack at 23:40Comments(0)園芸日常

2016年06月02日

自業自得地獄

仕事したくない……と思っちまったらもうダメっすね。
午後から仕事を放置してお出かけしました、図書館へ。
今回は某市立図書館・本館まで行って来ました。
先日の市役所へマイナンバーカードの引き取りに行った時も、帰りに本館に寄ったのですが。
いつの間にかラノベの本が増えてるのですよ、本館。
『ログ・ホライズン』 が10冊も並んでる……ああどうしよう、アニメ版見たけど原作も読むべきか……。
今回は全3巻らしき、乙女向けなファンタジーものを借りましたが、え~と、感想はパスさせてください、本と波長が合う・合わないってのがこの世にはある訳で。
とりあえず、わたくし個人が読んで楽しかった本のみブログにUPしております。

 グレゴリ青山 『ブンブン堂のグレちゃん 大阪古本バイト日記』
エッセイマンガ。
古本屋で働く人も買いに来る客も、キャラが濃ゆい。

 サンキュータツオ 『ヘンな論文』
何でそんな事調べたの? という一風変わった論文を紹介するラジオ番組から書籍化。
ラストにある無断引用のゴタゴタ話に凹む。

 いしいひさいち 『現代思想の遭難者たち』
哲学エッセイマンガ。
読めば読むほど大混乱。
哲学って面倒臭い。

 三土たつお(編著) 『街角図鑑』
<主に赤くて円錐形。道路の端に立っていることが多い。>パイロンから、<防波堤などにいくつも置いて、大きな波が港や陸地に直接来ないようにする。>消波ブロックまで、いろんなモノの図鑑。
変わった本だな、と思ったら 『デイリーポータルZ』 が元でした、納得。

今日の午後の仕事サボったぶん、明日から地獄です……。
   


Posted by tack at 23:47Comments(0)本・小説

2016年06月01日

夏の匂い

夏草の青臭い匂いがします。
この匂いがするともうじき梅雨です……は~(ため息)。

予定通りに図書館に行って本を借りて来ましたが、読んだ本については後日まとめて致したく候。
今ちょっとどころか、がっつりというか、とんでもない量の仕事が入っておりまして、6月は地獄模様……。
はっはっはっ(とりあえず笑っておく)。
ベランダの花を見て和み、落ち込みをちょっぴり回避です。


鈴っ子トマトの花が咲きました~。


ローマンカモミールも咲いております。  


Posted by tack at 00:00Comments(0)園芸