2016年11月29日

読んだ本

あと一枚カレンダーをめくるだけとなり、一年って早いな! と愕然。
本日の夕方に自転車をすっ飛ばして郵便局へ行き、やっと年賀はがきをゲットいたしました。
思い切って普通紙のものを買ったんですけど、大丈夫なのか……消しゴムはんこ作るつもりではいるけど……郵便局から家に戻ると、とんでもない量の仕事が届いたんですけど……地獄って何丁目まであるのでしょうか(遠い目)。

さて、最近読んだ本を一気に簡単に。

 矢崎存美 『ドクターぶたぶた』
シリーズ何作目か失念。
消化器系内視鏡手術のエキスパートなドクター・山崎ぶたぶたさんが大活躍の短編集。

 上田早夕里 『夢みる葦笛』
SFホラー短篇集。

 嘉糠洋陸 『なぜ蚊は人を襲うのか』
蚊本。

 寺地はるな 『ビオレタ』
婚約が破綻し、人生に行き詰ったと落ち込む無職の妙(たえ)が、変わった雑貨屋・有限会社ビオレタの代表取締役社の菫(すみれ)さんと出会い、変化していく話。

 最果タヒ 『きみの言い訳は最高の芸術』
エッセイ。

 加門七海 『たてもの怪談』
エッセイのような小説のような、引っ越しの実話。
怪談って、視える人による実体験話はあまり怖さを感じないと思う今日この頃。
わたくし、心霊現象に懐疑的な人の創作のほうが圧倒的に怖いっす(例:小野不由美)。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:38Comments(0)本・小説

2016年11月28日

今年一

長年使っている電話機の調子が悪いな~、とは以前から思ってましたが。


壊れました……キャノンのFAX付きが。
というか、キャノンはもう製造してないよ電話機。
先週の木曜日に自室の子機が使えない事に気が付き、その旨を母に伝えると、
「ウチから送ったFAXが相手に届かない!」
となりまして。
ああこれはもう限界ですね~、と、本日に両親が家電量販店へ行き、パナソニックのおたっくすを購入してきたのです。
が、しかーし。
仕事をしていた11時半頃に、母が、
「電話がつながらないーーーっ!」
とわたくしの作業を中断させに来たのです。
仕方なくリビングに向かい、「何がどうした」 と聞くと、父がドヤ顔で、
「ほら見てみぃ、これは電話回線に繋げられないやろ」
と、見せた親機本体。
……。
そうですね。
電話回線用のモジュラージャックに、受話器のコードを接続したら、そりゃあ繋げられないですよね。
受話器用のモジュラージャックは、親機の左側面にちゃーんとあるのにね。
母は母で、「電話会社に連絡して来てもらう!」 と携帯電話を使い始めるし。

両親ともに取扱説明書をひとっつも見ないんですよ。
家電を買い替えるたびに、説明書を読まずにあれこれやらかして、「何で動かないんや!」 って、わたくしに八つ当たりするんですよ。
毎回言ってるんですけどね、「説明書を読め」 と。

で、今日は本気でブチ切れました。
今年一、ブチ切れました。
間違いを正して、電源を入れて117をコールして聞ける確認をした後、
「あんたら、アホか」
と吐き捨てて仕事に戻ったのですが、その一言がきつかったようで、父が落ち込んでいたと母の弁。
  
タグ :電話


Posted by tack at 23:32Comments(0)日常

2016年11月25日

駆け抜け買い物

昼過ぎまで仕事をしてから、ダッシュで買い物へ出かけまして。
夕方には納品と次の仕事の引き取りをしなければならず、1秒たりとも無駄にできない、余裕のない買い物でした。
何とかなりましたが、買い物はゆったりとしたいものです。

本日は、ドン.キホーテ → TSUTAYA → S図書館 → ドラッグストア → 100円ショップ という、某市内を自転車こぎまくり移動でした。
この中で重要なのは、マンガの新刊を買うのと、図書館です。


という訳で、発売日に新刊を買った事がいまだにないマンガ、江口夏実 『鬼灯の冷徹』 23巻を入手。
この巻、もの凄く裁断が雑でガッタガタなんですけど、どこの書店のものもこうなのでしょうか。
平積みされている中から、マシなのを選んで買いましたが。
あと、次の24巻はアニメ(DVD)付き限定版って……3,300円プラス税って……どうせならテレビでやってよアニメの2期目を~!


こちらもゲット、『銀ちゃんねる』。
結構なお値段ですが、貯まったTポイントで買いました。
コミックスの欲しい巻は紙焼けしてたんですよー。
いや、その前に先日に買った巻がまだ読めてませんよー。


100円ショップにて購入の、『霧の浮舟』 は、明日のおやつです。  


Posted by tack at 23:30Comments(0)日常

2016年11月23日

みんぱく!

さて、前回の続き。
わたくしの趣味ドストライクな国立民族学博物館、「みんぱく」 でございます。
ド迫力の海外の仮面群を見上げて泣きだすチビッ子、「もう1周したやろ~」 と、とっとと外に出たくて親に文句を言っている小学生男子……それがみんぱくですよ。
たくさんの写真を撮ったんですけど、呪術がらみに惹かれるのはどうなのか。


これとか。


これは骸骨人形で呪具ではなさそうですが。


モロ、呪いの人形……。
でもこれらは、どうって事ないのです。
館内をてくてく歩いていたら、ふいに左手の指先がビリビリ痺れて痛いくらいになる場所がいくつかありまして、そこにはシャレにならない強烈な呪具があり、それらはさすがに撮影する勇気がなかったっす。
特に、アイヌの道具と、沖縄の石(二つ並んで置いてあり、片方は複製もうひとつは本物!)と、日本の紙人形の前で強烈な痺れに襲われました。
ちなみに、わたくしには霊感などございません。
動物的な勘みたいなものです、「あ、これ、ヤバイ」 ってやつです。


カワイイものもいくつか撮りましたが。




派手なのとか。


びっくりしたのが、憂歌団の木村さんのギター。
……そういえば展示されているってテレビだったかラジオだったかで聞いたような……。
そして、撮影しているわたくしの姿もうっかり映ってしまってます。カメラの腕が悪いなぁ。

他にもいろいろ撮影してますが、ディープな趣味全開なので秘密です。
あと、手ぶれがひどい(泣)。ピンボケ写真ばかりでした。


一応、綺麗な紅葉も撮りました。


いやぁ、面白かったです、ありがとう無料開放!
太陽の塔は内部修理の為であろう、囲いの中に立っておられました。  


Posted by tack at 23:50Comments(0)日常

2016年11月22日

日曜日に行って来ました。

何とかブログに写真をUPできそうなので、日曜日のお出かけネタです。
数日前に友人Tから誘われて、急きょ行くことになりましたのがこちら。


長年変わらずどど~んと立っておられます、太陽の塔のお膝元、万博記念公園でございます!
11月は、文化の日や(今年は)19・20日の土日が入場料いらずの無料開放デーでして、日曜日ならスケジュール調整できるからと、ずっと行きたい行きたいと思っていたここにやって来たのであります。
久しぶりに見る太陽の塔は、やはりでかい……感動するわたくし。
スケジュール調整の為に、前倒しで夜中に仕事をがっつりやって、めまいでフラフラになった甲斐があったというものです。

それにしても無料だっつーんで、人出が半端なくて。
到着は11時だったのですが、どこもかしこも人だらけ。


お弁当を安上がりにしようと、エキスポシティの奥にあるスーパーに向かう道も、人・人・人……(エンドレス)。
「今なら他の人が入らないよっ!」
と急いで撮影したこれが、エキスポシティでの唯一の写真です。
ニフレル(水族館のような動物園のような施設)に行列はなく、友人Tが、「こんなに人が少ないのは珍しい!」 と言ってましたが、わたくしの行きたい場所はそこじゃござらん。

という訳で、万博記念公園内へ向かいますれば。


入るや否や、いきなりスタッフジャンパーを着た女性に渡された袋……。
「あっ、今日、ABCラジオまつりだった!!」
と思い出したわたくし。うっかり忘れてました。
それで人が多かったのか……しかし、友人Tともども、イベント会場を完全スルー。
お弁当をもりもり食べて、行きますよ、二年前から行きたかった場所へ!


あともう少しで希望の地、というところで、「すいたん」 に遭遇。
「すみません! 写真を一枚撮らせてください!」
とお願いすると、快くポーズを決めて下さりました。
ありがとう、「すいたん」 !!
この日は蒸し暑かったから、中の人は大変だったであろう……。

さて、行きますよ、「すいたん」 の背後の建物へ。


到着です。
時刻は正午。
さあ、これから魅惑の世界にどっぷり漬かりますよー!
テンションが上がるわたくし。
こちらも、入館料が無料です。


国立民族学博物館~~~icon12


特別展示も無料って、どんだけ太っ腹なんですか!?
しかし、こっちの展示は照明が暗すぎて、ド近眼(眼鏡で矯正していても暗いのは苦手)のわたくしには見えづらかった……そして、写真撮影が禁止で残念。
この顔出しパネルのみ撮影オッケーだったので、誰もいない隙に撮ってみました。

ハイテンションのまま次回に続く。  


Posted by tack at 23:29Comments(0)日常

2016年11月20日

うまくいかない

日曜日に外出して、たくさん撮った写真の一部をブログに上げようとしてもうまくいかず。
たまにご機嫌斜めになるなぁウチのノートパソコン。
今日の出来事は後日に。  


Posted by tack at 23:10Comments(0)日常

2016年11月19日

気になる

数年前から気になっていた個人的な事ですが。
ファッションにおいて、オリーブグリーンやモスグリーンをカーキって言うのは違うだろう! と思っております。
踊る大捜査線の主人公のコートの色をカーキだって言う人がちらほらいましたが、今や本格的に色の名前が取って代わった感じです。
カーキは、あまり綺麗でない黄色(系統)のはず……。
絵の具の色もファッション業界に押されて変化するのかなぁ……どうだろう。

さて、最近読んだ本。

 荻原規子 『エチュード春一番 第二曲 三日月のボレロ』
実は八百万の神様である、見た目は愛玩犬の白黒パピヨンと女子大生のヘンテコなストーリーその2。

 三萩せんや 『神様のいる書店 冬を超えて咲く花』
魂の宿る本、「まほろ本」 を扱う書店に、土日祝のみバイトで入る、手先の不器用な女子高校生と濃いキャラたちのファンタジーその2。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:32Comments(0)本・小説

2016年11月17日

読んだ本

明日の午後は休めそうです。
良かった……!(感無量)。
明日、石油ストーブを出して寒気に備えます。

さて、最近読んだ本を以下に。

 『みうらじゅんと宮藤官九郎の世界全体会議』
対談。

 香月美夜 『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第二部 神殿の巫女見習い Ⅳ』
転生先で本作りに燃える病弱な少女マインが主人公のファンタジー。
第二部完結のこの本では、家族を守るために領主の娘ローゼマインとなり、兵士の娘マインは死んだ事に。

 紫はなな 『かまどの嫁 3』
甘いもの好きの神々、あやかし、人間たちによる和菓子ファンタジー完結巻。
1,2巻も再読。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:23Comments(0)本・小説

2016年11月16日

怒涛の仕事に追い掛け回されております。
金曜日の午後には、ちょっと休めるかなぁ……と希望は抱いておきたい。

さて、先日の火事ですが、いろいろと噂が流れて来ているものの、裏が取れないので、ほぼ聞き流し状態です。
とりあえず放火ではなかったのは確実かと(噂調べ)。

どんどん気温が下がって来て、わたくしもそろそろ石油ストーブを出そうかと思ってまして、これから火の用心しなければ!  


Posted by tack at 23:14Comments(0)日常

2016年11月14日

燃えてはいけないものが燃える臭い

午前中に仕事が終わり、自室床に倒れこんで寝ていた午後、異臭に気づき飛び起きたわたくし。
猛烈に煙たい&燃えてはいけないものが燃える臭いに、ああこれは間違いなく火事だ! と一気に覚醒。
そしてトイレに直行するわたくし(いや、ほら、避難してもすぐにトイレに入れない場合を考慮してだな…)。ここで消防車が続々と近づいてくるサイレンを聞く。
玄関から外に出ると、濃い灰色の大きな煙がもわもわ立ち昇って、強い風で周囲に広がっているのが近くに見えたのでした。

わたくしの家は風下だったので煙たかったものの、小雨が降っていたのでまだマシだったのかも。
火災現場の特定はしてませんが、結構近いかと思います。
夜になってもまだ、自室はちょっぴり臭いっす。化学物質が燃えた、イヤ~な臭い。
雨が降っていたから窓は締め切っていたんですが……どんだけ通気性のいい部屋ですか。
トイレの小窓は開いていたから煙が入り込むのは分かるが、リビングや廊下は全然臭いを感じなかったのに。  
タグ :火事


Posted by tack at 23:14Comments(2)日常

2016年11月13日

手加減

金曜日に引き受けた仕事が、今までと違うやり方をしなければならず、もの凄く手こずっている今日この頃。
全身が筋肉痛。
数年前の、仕事を始めたばかりの頃にも、全身筋肉痛でへろへろになっていたのを思い出しました。
主に使うのは手先というか指先なのに、全身が痛むという……手加減が下手です不器用です我ながら。
無駄な疲労で、夕方に自室の床にダウンするも、10分間の爆睡で復活です。

さて、最近読んだ本。

 太田紫織 『櫻子さんの足下には死体が埋まっている 骨と石榴と夏休み』
シリーズ2作目。
このシリーズは、ほろ苦い結末ってのがよくあるなぁ。

 松田青子 『英子の森』
英語が話せても正社員にはなれない英子さんの仕事と家族の話の表題作ほか5編。
短編の、『おにいさんがこわい』 は、言われてみればそうだ! な不思議な話。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:19Comments(0)本・小説

2016年11月11日

しかも今年の5月

金曜日の午後には図書館へ行けるかも~、と思っていたわたくしですが、金曜日の天候が怪しいため、木曜日に行って来ました。
という訳で、金曜日はがっつり仕事します……。
で、借りて読んだ本を以下に。

 角幡唯介 『旅人の表現術』
記事、解説、対談集。
対談相手との会話がいまいちかみ合っていないのが、まんま収録されているのが面白い。

 武田花 『猫のお化けは怖くない』
エッセイ。

 松田青子 『読めよ、さらば憂いなし』
先日に読んだエッセイが面白かったから、著書をさかのぼって読もうと探した本が、既読本でしたよー。
しかも、今年の5月に読んでましたよー。書評と対談集ですよー。
図書館で探し当てたこの本をひと目見るなり、
(これ、前に借りて読んでる!) と愕然。
タイトルだけで既読かどうか判断がつかないあたり、わたくしらしいっちゃらしいが。いや、さすがに本の表紙を見たらそれと判断つきます(たぶん)。
まあいいか、再読しようと借りて帰りました。
武田百合子についての対談の中で、「(武田百合子の娘の)花ちゃん」 が出てきて、あれっ? と思ったら、さっき読んでた 『猫のお化けは怖くない』 の著者でした。  
タグ :読書


Posted by tack at 01:56Comments(0)本・小説

2016年11月08日

サブル

本日もさくさく読書。

 似鳥鶏 『一〇一教室』
親たちから大絶賛の、全寮制の恭心学園。
ダブルスタンダードの嫌な大人の世界に強制的に染められる学園で、一人の男子生徒が死亡。それを事件だと確信して、学園を調べる人とその協力者たち。
読み始めてすぐに、これはイヤ~な話だなと思ったら大当たり。
世界の縮図な小説。

 中島らも 『なにわのアホぢから』
十数年ぶりの再読。
この本だったのか、イカ焼き屋のサイズ表記が、シングル・ダブル・サブルとなっている話が載っているのは。どの本で読んだのか思い出せずモヤモヤしてました。

 松田青子 『ロマンティックあげない』
エッセイ。
<YouTubeでシャンプーのCMを強制的に三十秒見せられる時、人は簡単に絶望できる(中略)宣伝になっていると思っている企業は一度考えてみてほしい。きみたち、普通に 「敵」 でしかないぞ。>
や、
<バレエ作品の王子といえば、のほほーんとした表情のハンサム白タイツ野郎が多かったが>
に激しく首を縦に振る。
好きだな~、こういう書きっぷり。
これ、2冊目のエッセイだそうなので、ぜひとも1冊目を読みたいっす。
仕事のめどがついたから、金曜日には図書館へ借りに行ける……のか……(不安)。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:17Comments(0)本・小説

2016年11月07日

読んだ本

仕事が~、終わらない~。
土曜日にサボったせいですが、それにしても量が多いです。
久ぶりに疲労でフラフラしてます。
そして忙しければ忙しいほどに進む読書。
最近読んだ本を以下に。

 古川春秋 『ジッシュー!!』
教育実習で小学校に来た青年の話が、なぜにこんな展開に? という古川春秋らしい小説。どう転がるか予想がつかない面白さ。

 山下好孝 『関西弁講座』
真面目に不真面目。
もしかしたら再読かも知れぬ(図書館内で立ち読みした記憶が)。

 藤本由香里 『きわきわ 「痛み」 をめぐる物語』
人々が話題にするのを避ける 「きわきわ」 な問題だけを綴った 「ゼロ年代(+α)の日本」 論(あとがきによる)。
自傷行為、美容整形などの他、特に風俗嬢の本音については読み進めて行くと遠い目になります。<自分は風俗嬢の 「恋人」 だと信じたがる男は後を絶たない>ってのがもう……このズレの大きさ深さは尋常じゃない。

 グレイム・ドナルド 『【図説】 偽科学・珍学説読本』
何であろうが、悪用する/されやすいインチキ科学。
人間は愚かです。
ルワンダ大虐殺の根っこもインチキ科学ってのも凹む話ですが、この本にあるHIVの話がもう、どうしようもない愚かさです。
この本を読むまで、1980年代にサルのSIVがヒトに感染してHIVに変異したものと思ってましたが、1920年頃にお金儲けを企んだひとりの外科医が、「精力回復できますよ」 と、多くの金持ちの男性に、サルの睾丸の一部を移植してるんですよ!
しかも、これまた多くの金持ちの女性には、サルの卵巣を移植!!
実際の人数はよく分かりませんが、数百人単位らしいっす。金儲けできるから、他の医師も移植手術を行っていたみたいです。
これは……年代的に合ってますよね、HIVが世界中に広まった理由ってこれじゃないのか? 人災じゃないか?
暗い気分をちょっとマシにさせるべく、もうひとつ別の意味でツッコミどころの多いネタを。
獣(ビースト)の数字は、「666」 じゃなくて、正しくは、「616」 だとこの本に書いてあるんですが。
え? 
って事は、いま広まっている悪魔の数字って間違いなのダミアン!?
誰が最初に間違ったんですかー、そしてその間違いを鵜吞みにした、きちんと元ネタを調べなかったヤツは誰ですかー。   
タグ :読書


Posted by tack at 23:44Comments(0)本・小説

2016年11月05日

がっつり

まるっと一日お休みを取って、友人Tと会ってマンガの貸し借りその他な土曜日でした。
今回借りたマンガはこちら。


 緑川ゆき 『夏目友人帳 21』 と、望月淳 『ヴァニタスの手記 2』 です。
まだ読めてません。ゆっくりじっくり読みます。
前回に借りていたVHSテープ3本も全部見たので返しましたが、こちらの感想は後日、10月スタートアニメの感想の時に覚えていたら一緒にUPします。

さて、朝食抜きで、食べる気満々で挑みました、炭水化物をがっつり食べる昼食でございます。
地元の商店街にあるテイクアウト専門店、『ちこちゃん』 再び。
今回は行列に並びました。


本日は、イカ玉です!
280円!
入っているイカの切り身が結構大きいっすよ。
そして美味。


たこ焼き6個・230円もいただきました!
ひとりでこんなに食べていいのか。小食じゃなかったのかわたくし。平気で食べつくしてますよ。
そして、写真を撮り忘れて食べ始め、途中で思い出して慌てて撮影してどうする!
友人Tも同じものをがっつり食べて、自宅で食べるためにと、焼きそば(値段失念)まで買ってましたよー。
どうやらこの店、午後3時過ぎには閉店してしまうそうで、前回帰りに買って帰ろうと4時過ぎに店に寄ったらシャッターが下りていたそうな。
「今日は買えた~! 温めて食べられる~♪」 と嬉しそうな友人Tでありました。

おまけのおやつ。


ファミマで野菜ジュースを買ったついでに発見、きのこの山のほうじ茶ラテ味。
美味。
わたくし、幼き頃はたけのこの里派でしたが、いつしかきのこの山派になりました。
たけのこの里、クッキー&チョコレートなので甘すぎる……。

で、こちらは帰路に寄った百円ショップにて見つけた掘り出し物。


カッチェスのグミが108円……! 
賞味期限が11月というざっくりな設定ゆえのこの値段。
この先の地獄の仕事の合間に食べて、和みたいと思います。  
タグ :マンガ


Posted by tack at 23:37Comments(0)日常

2016年11月04日

読んだ本

本日に追加でまたも仕事量が増えました……。
でも、急がなくてもいいようなので、明日はサボります(きっぱり)。

さて、最近読んだ本。

 山本巧次 『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 両国橋の御落胤』
二百年前の江戸と現代を自由に行き来する、元OLの関口優佳(おゆう)が、江戸での難事件を解決するミステリシリーズの2作目。
小間物問屋の主人から、息子が実の子かどうかの相談をされ、別件のさる大名の御落胤騒動も加わって事件が大きくなってます。

 松田青子 『スタッキング可能』
独白・やさぐれ・本気と書いてマジと読むってな感じでしょうか(個人の意見です。というかこの感想じゃ誰にも伝わるまい)。
『ウォータープルーフ嘘ばっかり!』 の会話劇が面白かった。
この著者の他の小説も読んでみたいっす。

 津村記久子 『浮遊霊ブラジル』
短編集。
気になっていた、第39回川端康成文学賞作の、『給水塔と亀』 がやっと読めました。
7作ある短編の中でも、『運命』 が特に好きです。しょっちゅう誰かに道を尋ねられる主人公に激しく同情するわたくしも、しょっちゅう道を尋ねられがちな人生。しかし、話の終着点がそこですか!? とびっくり。

 山下裕二 橋本麻里 『驚くべき日本美術』
対談。
日本画の、特に絹地の作品は、印刷では再現できないから実物を見ろ! と力説されておられる。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:27Comments(0)本・小説

2016年11月03日

甘っ

何とか夕方にダッシュで図書館まで本の返却に行けました。
そしてまた追加で何冊か借りて帰っております。
学習能力なし。
読んだ本については次回にまとめます。

さて。
疲労で甘いものが無性に欲しかったわたくし、霧の浮舟(板チョコ)を買うべく帰路にファミマに寄ってみたのですが。


買ったのは、ブルボンの芳醇ミルクティー。
いや、霧の浮舟も売ってましたが、その横にあったこちらに興味をひかれまして。
紅茶味のお菓子に弱いっす。

帰宅後に食べました。
甘っ。
思ってたよりも甘っ。
ちゃんと紅茶の香りがして美味しいのですが。
疲れていて甘いものが欲しかったはずなのに、驚きの甘さ。
あ……そうか、最近はがっつり甘いお菓子を食べてなかったから、衝撃が大きく感じられるのかも。  
タグ :ブルボン


Posted by tack at 23:09Comments(0)日常

2016年11月02日

に付ける薬はない

11月になり、怒涛から地獄へ一歩踏み込んだ感じの仕事量です。
それなのに、やらねばならぬ雑用がいろいろ……。
本日は、隣市のTSUTAYAへコミック&DVDの返却と、銀行その他に行って来ました。
レンタルは明日まで借りていられますが、明日に外出できるとは思えない量の仕事を抱えているので、今日行って来た次第。
丁度、Tカードの更新手続きのメールも届いた事ですし(貯まったポイントで無事更新)。
ついでに買っておかねば便利グッズを!


という訳で、コーナータップを購入です。ダイコクドラッグだと税込み100円なのでありがたや。
仕事する際に使っている部屋には、わたくし専用のテレビとビデオデッキとDVDプレーヤーも揃っているのですが。
テレビ本体でコンセントひとつ使って、残りひとつをビデオデッキとDVDプレーヤーとで取り合いしてまして、起動させたいほうのプラグをいちいち挿し替えするという面倒臭さに嫌気がさしたのでありました。
これで面倒がちょっと減ったよ!
赤白黄の接続プラグの挿し替えはどのみちやらなきゃならないけどな!
この面倒を一気に解決する方法はあるけど、そこまでこだわる気はござらん!

ところで。
隣市のTSUTAYAまで来たのなら、買っておこうかこちらも。


 空知英秋 『銀魂』 40巻
先週に買った38巻39巻がまだ読めていないのに……。
まあいいか、キリのいい巻数まで買っておいても。貯まったポイントで買えたし。

で。
何とか雑用は全部こなせたかな~と帰宅したら、明日中に返却しなければならない図書館の本がある事が判明。
あ……明日も出かけなきゃ……何で今日出かける時に本の件を思い出さなかったのかな、わたくしの馬鹿。  


Posted by tack at 23:56Comments(0)日常