2017年06月29日

ショートカット

先ほど、『奇跡体験アンビリバボー』 の、豊田商事の詐欺事件の手口の再現VTRを見て、あの手口をショートカットしまくったのがオレオレ詐欺なのだな! と腑に落ちたわたくし。
  
タグ :テレビ


Posted by tack at 22:54Comments(0)日常

2017年06月28日

前フリ

今朝早く、4時台に蚊にたたき起こされました。
3か所も刺されて痒い痒い。
そしてさらに吸血しようという気満々で、耳元に響くあの羽音。
蚊取り線香に火をつけて二度寝しました。
いつも通りの時刻に起きて、仕事したら夕方からひどい頭痛でございます。
これは地獄の仕事量のせいか、蚊に二度寝させられたせいか、その両方か。
頭が痛くても、本は読みます。
という訳で、今日読み終えた1冊。

 クリスティー・ウィルコックス 『毒々生物の奇妙な進化』
わたくし個人的趣味嗜好が炸裂な本。
生物の毒について科学的な面も含めて楽しい内容。
ボツリヌス毒素が美容のボトックス注射だとか、アナフィラキシーショックは起こる人と起こらない人がいて、何で起こるのかいまいち分かっていないだとか、ミツバチの毒がHIVを殺す、という不思議な話満載。
カバー折り返し、目次、本文の章タイトル、本文にと四度も出て来る、「『ロクソスセレス症』 は絶対にググってはいけない。」 という一文は、熱湯風呂の風呂桶に手足を掛けつつ、「押すなよ押すなよ!」 というダチョウ俱楽部な前フリでしょうか。  
タグ :読書


Posted by tack at 22:55Comments(0)本・小説

2017年06月27日

冷やし中華はじめました。


蒸し暑いので冷やし中華を夕食に採用。
盛り付けをもっと綺麗にしろよ、と自己ツッコミしつつ、でも口に入れたら味は一緒じゃないか~とも思う。  
タグ :ごはん


Posted by tack at 22:21Comments(0)日常

2017年06月25日

読まねばなるまい

梅雨らしい天候が続いております。
湿気がうっとうしいなぁ……。
本日の20:30頃に、ベランダ側の網戸越しにヤモリを発見しました。
頑張ってベランダにいる虫をもりもり食べて下さいヤモさん。

以下、最近読んだ本。

 ハンナ・ジェイスミン 『ガール・セヴン』
某市立図書館の海外小説の文庫ばかりが並ぶ棚にて見つけて手に取り、裏表紙のあらすじを読むと、主人公が清美(キヨミ)ですよ!? 海外小説なのに!
これは読まねばなるまい。
日英ハーフの21歳の清美が主人公。
彼女は3年前に家族全員を惨殺され、ロンドンのナイトクラブで 「セヴン」 の名で働いているが、生活はどん底。
幼い頃に暮らした日本へ帰りたい彼女に、ナイトクラブの経営者のノエルの知り合いの殺し屋マークがやって来て、家族を殺害した犯人捜しが始まる。
同時にナイトクラブの客の謎のロシア人二人組にも関わり、どんどんヤバイ状況に踏み込んで行ってます。

 川上和人 『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』
先日に読んだ、『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』 きっかけで、他の本も読んでみた次第。
恐竜と鳥についての本で、こちらが先に出版されてます。
そして、こっちにもキョロちゃんの話がちょろっと出てます。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:32Comments(0)本・小説

2017年06月23日

そぐわない

自室の気温が31℃まで上昇していた午後、外ではウグイスが何度も鳴いてました。
真夏日にホーホケキョはそぐわない。  
タグ :ウグイス


Posted by tack at 22:53Comments(0)日常

2017年06月22日

読んだ本

 妹尾ゆふ子 『翼の帰る処 5 ‐蒼穹の果てへ‐ 下』
隠居したいのに周りに頼りにされて振り回されて困っている病弱なヤエトの巻き込まれ人生ファンタジーシリーズも、この10冊目で完結。
2008年に1冊目が刊行されて、8年がかりで終わったー。
途中で装丁がガラッと変わって、これ完結するのか……? と不安になるゆっくり刊行でした。
物語は、主人公がぶっ倒れて寝込んでいる間にサクサク展開が進むという不思議なラスト。

 山本巧次 『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 千両富くじ根津の夢』
現代と江戸時代を行き来する、元OLの関口優佳(おゆう)が、江戸の町で起こる事件を現代科学を駆使して解決するシリーズ3作目。
伝説の大盗賊と、途方もない額の宝くじが絡んだミステリ。

 髙田郁 『心星ひとつ みをつくし料理帖』
うっかりウィキペディアでこのシリーズのあらすじをオチまで読んじゃったよ! でも読みますよ本編。
天性の料理人だが、思い揺れる選択肢が続々な主人公・澪に、結婚話が(……って、この前後の展開を既知ゆえ驚きは薄い。なんで見ちゃったかなウィキペディア)。  
タグ :読書


Posted by tack at 23:37Comments(0)本・小説

2017年06月21日

借りたマンガ

先日に友人Tから借りたマンガ。
小説(ソードアートオンライン)は、ちゃんと用意していたのに鞄に入れ忘れ、机の上に置きっぱなしにしちゃったらしい。


 アタモト 『タヌキとキツネ 2』
ほのぼの絵柄に少々の毒をまぶしていい塩梅。


 マツダユカ 『ぢべたぐらし』 全2巻
あひる主人公の鳥マンガ。
こちらは今月上旬に天王寺のブックオフにて友人Tが発見、購入したもの。
中古品のはずなのに、開いて読んだ形跡が一切ない美品ゆえ、ブックオフに持ち込んだ人は、誤って同じマンガを買ってしまったのか、知り合いから持っているのと同じマンガをプレゼントされたのか、犯罪がらみか? とひとしきり悩んでいた友人T。


 ぷち 『ちびもうりょう』
カワウソが一人暮らしの男性宅にいきなりやって来て住み着くというシュールな話。
これもブックオフにて……あ、わたくしが発見して手に取って、買おうかどうか悩み、このサイズのマンガは本棚に入らないからと元の棚に戻したのを、友人Tがこっそり買ったのだった。   
タグ :マンガ


Posted by tack at 23:17Comments(0)日常

2017年06月19日

一目惚れ

先日の土曜日に某市立図書館・本館にて借りた本が、わたくし的に大当たりばかりでうれしい今日この頃。

 金子信久 『日本おとぼけ絵画史 たのしい日本美術』
ちょっとそれどうなのよ、な脱力してしまう絵画ばかり集めた楽しい1冊。
本を開くとニヤニヤしっぱなし。
中村芳中の 「鹿図」 が特にお気に入りです。手ぬぐいのプリントのがあれば是非とも欲しい。横向きに立つ鹿の口はパカッと開いていて、点目のおとぼけ顔。日本画のたらし込みという技法を駆使して、すっとぼけた鹿の絵ですよ。一目惚れです。
もうひとりの耳鳥斎(にちょうさい)という大坂の絵師も、ああ日本人の漫画の手法って脈々とあるんだな……(遠い目)と感慨深いような呆れるようなそんな絵。ゆるキャラっぽくもあるような。

 日向夏 『薬屋のひとりごと 6』
前の5巻で皇弟(超絶美形)に求婚されても、毒と薬にしか興味なしの薬屋の猫猫(マオマオ)。相変わらずきな臭い上流階級のいざこざに巻き込まれてます。

上野千鶴子 『スカートの下の劇場 ひとはどうしてパンティにこだわるのか』
ドロワーズが股割れぱんつ……そうか! ずっと不思議だったんだ、ズルズル裾を引きずるドレスの下に履いていたドロワーズって不便じゃね? って思ってたら、股のところは縫い合わせていないんだー。それは用足しの時に困らないわー。
そしてドロワーズが日本に上陸したら、ズロースに訛ったのね。

 吉田勝次 『洞窟ばか すきあらば、前人未踏の洞窟探検』
……見つけてしまうものは見つけてしまう、ちょーっと変わった人の本。
洞窟探検にどっぷりハマって会社まで作ってしまった男性の話。
   
タグ :読書


Posted by tack at 23:25Comments(0)本・小説

2017年06月18日

今回も半分こ

かき氷食べました。


今回は抹茶シロップ、200円也。
友人Tと半分こで完食です。


何かと比べて写さないと、いまいち大きさが伝わらないだろうか? と悩んでいたら、友人Tが扇子と写してみれば~? という事でこの写真。
結構な量なのでひとりで一つ完食はまだ無理なのです。
もっと猛暑じゃないと。
紫外線は強烈でしたが。


そんなこんなで、2017年二度目のかき氷でした。  
タグ :かき氷


Posted by tack at 00:01Comments(0)日常

2017年06月16日

反動

ちょっと体調回復して、読書にいそしんだ結果を以下に。

 髙田郁 『出世花』 『蓮花の契り』
亡骸を洗い清める 「三昧聖(さんまいひじり)」 になったお縁の生き方を描く時代小説。2巻で完結。

 友麻碧 『かくりよの宿飯』 1~4
祖父の借金のために、あやかしの世界へ連れて来られた女子大生の冒険と料理のファンタジー。
またも続き物に手を出してしまった……。

 千早茜 『ガーデン』
面倒臭い男子の面倒臭い人間模様の恋愛小説。
人間のどこかしらの変さがホラーちっく。

明日はマンガの貸し借りと、どうやら暑い日になりそうなので、友人Tとかき氷を食べに行こうかと思ってます。
図書館にも行きます!
先日までの、どんより体調でさくさく読めなかった反動で、今は強烈な読書欲まみれ。
  
タグ :読書


Posted by tack at 23:35Comments(0)本・小説

2017年06月13日

読んだ本

梅雨入りしたのにカラッとした気候に逆戻りしております。
過ごしやすい毎日ですが、もの凄く体調が悪く、さっき自室で横になって何とか回復。
原因はアレだろうな……仕事だろうな……かなり面倒臭い手間暇の掛かる作業をえんえんと続けてるからな……。
読書する体力があまり残ってません。
最近読んだ本は3冊。

 梨沙 『鍵屋甘味処改 4 夏色子猫と和菓子乙女』
梅雨入りしたところから始まるので、珍しく現実と季節感が合うも、物語はどんどん進んで夏休みへと先に先に行ってしまい、置いてけぼりに。

あとの2冊はエッセイ。

 小川有里 『おばさん百科』
 平田俊子 『低反発枕草子』

……がっつり長編小説を読みたいんですけどね。
手持ちのマンガすら1冊読み通せないって異常事態だわー。  
タグ :読書


Posted by tack at 22:19Comments(0)本・小説

2017年06月12日

さらに

ベランダにハーブが増えました。


コモンタイムとパイナップルミント。

新たな苗を買うという事は、枯らした植物があるという事ですね。
という訳で、今年の綿は全滅しました。
ハーブの、「しょせん雑草」 パワーに賭けてみようかと思ったのですが。
これまで散々いろんなハーブを買っては枯らしているのにな……(遠い目)。
  


Posted by tack at 23:00Comments(0)園芸

2017年06月10日

オンブかショウリョウ

ベランダにて小さな虫をよく見かけては、両手の中にそっと捕まえて、隣の空き地に逃がしているここ最近です。
はじめはコンクリート床の掃除を箒でした後、じょうろの水を撒いた時に見つけた、水流に逆らってうごめく、3ミリほどの緑色で。
わたくしはとてつもない近眼で、メガネをかけていても0.6くらいしか見えないのですが、動くものを捉える力はある訳でして、何だこりゃ? としゃがみ込んだらば、それはオンブバッタかショウリョウバッタのどちらかの極小サイズでありました。
人差し指で救い上げて、空き地に向けたら、3階のベランダから下までひょーーーい、と飛んだというより落ちて行ったので、まぁいいかとその日は過ぎたのですが。
翌日には5ミリサイズ、数日後には4ミリサイズがベランダにいるって事は……ウチのベランダで繁殖してますね!?
いや、一匹目を見つけた時から、うすうすそうじゃないかな~と思ってましたが。
本日は、ハーブのアップルミント(シソ科)の葉をもりもり食べていた一匹を捕まえて逃がしました。
あと何匹いるんだろう。
そして、今年はこれまた小さな蜘蛛がベランダのあちこちで巣を作っていて、こちらは有無を言わさず滅しております(巣を作らないタイプの蜘蛛は見逃してます。ゆえにわたくしは地獄で蜘蛛の糸に助けられる事はない)。  
タグ :バッタ


Posted by tack at 23:30Comments(0)園芸日常

2017年06月08日

砂糖は入ってます/ツバメ巣立ち

図書館へ本を借りに行って来ました。
帰りにスーパーに寄って、友人Tから聞いていたミルクティーを発見。


午後の紅茶 ティーウィズミルク(買って帰った後でテレビCMを初めて見ました…)。
人工甘味料不使用。
砂糖は入ってます。
無糖じゃなかったー。
飲むと、確かに砂糖がいる……ちょっと離れたところにいる感じで。
ガツンと甘くないから、まぁいいか。
ウバとアッサムのブレンドで、美味美味。


4本まとめて購入でーす。
限定販売、と表記してあったから、このミルクティーは生産数が決まっているのでしょうか。
次の外出時にまた買えるとは思えず、手持ちの保冷トートバッグにぎゅうぎゅうに詰めて持ち帰った次第。
重かった……何しろ図書館で本を10冊も借りた直後だし。

ところで。
ツバメは一昨日と昨日とで全6羽が巣立ちました!
去年のヒナは3羽……今年は一気に倍ですか、道理でエサを求める鳴き声がもの凄かった。
来年のお越しをお待ちしております(親鳥は夜になると巣に戻って来てますが)。  
タグ :午後の紅茶


Posted by tack at 21:53Comments(0)日常

2017年06月07日

飲んだ読んだ

先日に友人Tがあべのハルカス内にあるファミマで買ってくれた、午後の紅茶を味わう。


サマーシトラスティー。
さっぱりしてますが、後味がむちゃくちゃ甘い……もっと甘さを抑えて欲しい。
友人Tによると、無糖のミルクティーが新発売されているらしいので、今度出かけた時に探そう。

さて、最近読んだ本を以下に。

 佐川俊彦 『漫画力 大学でマンガ始めました』
京都精華大学マンガ学部の事や、このマンガ凄いよ~という紹介。

 レイ・カーソン 『炎と茨の王女』 『白金の王冠』 『魔法使いの王国』
神に選ばれたしるしのゴッド・ストーンをおへそに持つ、16歳の第二王女の恋と冒険と成長ファンタジー三部作。

 斉藤洋 『ルドルフともだちひとりだち 続・ルドルフとイッパイアッテナ』
イッパイアッテナの飼い主が帰国したのを機に、岐阜のふるさとに一匹で帰った黒猫ルドルフだがそこには……というドラマ。

 東川篤哉 『魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?』 『魔法使いと刑事たちの夏』 『さらば愛しき魔法使い』
まさかの本物の魔法使い(みつあみの女の子・マリィ)と、八王子市警察の刑事が事件を解決(?)するシリーズ。
竹箒で空を飛ぶ姿を、月刊 『マー』 に撮られる、という3作目に笑う。
『マー』 って……。

あと、友人Tから借りている、川原礫 『ソードアート・オンライン』 1、2巻も読了。

私 「1巻で物語完結してるやんかーーーっ!!」
T 「そうやねん」
私 「1巻でラスボス、あっけなく倒されてるし! あかんやん! 悪役はしぶとく暗躍しないと!」
T 「だよねぇ」
私 「しかも2巻目は、1巻の過去篇、主人公モテモテハーレム状態だし!!」
T 「はははは(乾いた笑い)。この先、つじつまの合わない展開が続くよ~」

……毒舌コンビの意見ですので、このシリーズが好きで好きでたまらない方、すみません。
読み始めたからには最後まで読みたいと思ってます。

ところで。
アメリカで、『カウボーイビバップ』 実写テレビドラマ化って本当ですか?
どうするの音楽。
菅野よう子さん以外の曲が想像つかないっすよー。


  
タグ :読書


Posted by tack at 21:37Comments(0)本・小説

2017年06月05日

愛をとりもどせ!!

愛しい桜の苗を枯らしてしまった落ち込みの反動で、次々と買ってしまう植物。
失くした愛は戻らないけどな……。

今回は、銀行に用があって出かけた帰りに、園芸専門店に寄ってみました。
国道沿いにある店なんですが、ここ最近この付近は開発著しく、家電量販店のジョーシンがオープンしたばかりだってのに、本日はコメダ珈琲店が出来つつあるのを発見。
もう看板が上がってましたよ。オープンは近いと見た。

で。
本日買った苗はふたつ。


ハーブのステビア。
何度も買って何度も枯らしているのに懲りない。


こちらは、ブラックベリー。
何度も買って何度も以下略。


花が咲いてます。
ステビアもブラックベリーも、水やりをたっぷりされていて土がむちゃくちゃ重いので、植え替えはポット苗の土が乾いてからにします。

おまけ。


今年も咲きました、品種不明の多肉植物の花。  


Posted by tack at 23:22Comments(0)園芸

2017年06月04日

ためらいもせず

昨日、TSUTAYAで買ったマンガ。


 空知英秋 『銀魂』 56・57・58巻
本日読了~。
やっと将軍暗殺篇です……先にアニメ見てショック受けてたぶん、原作では落ち込み加減が緩め。

もうね、昨日はがっつりマンガを買う気満々だったものだから、ブックオフにも突撃しまして。


自宅で写真撮る際、TSUTAYAの袋の上に並べただけで、買ったのはブックオフです(ややこしい事になっててすまぬ)。
非売品だから手に入らないと諦めていた、劇場版の零巻が、フツーに古本として扱われておりました。
しかも三位一体フィルムまで付いて。
因みにこの零巻、中身はノートです。
ノートにしてはちょい高めだったな、510円でした。
しかも天王寺のブックオフには、あと2冊、この零巻が売られてました。


そして、この4冊のキャラクターズブックも、各210円にてゲット。
書店で買おうと思ってたんですが、紙焼けがひどくてな……古本の方が美本ってどういう事ですか。

それにしても、ここ最近、マンガを買うのにためらいがないなぁ。  
タグ :マンガ


Posted by tack at 23:29Comments(0)日常

2017年06月03日

かなりふつう

友人Tを誘って、JR天王寺へお出かけしました。
マンガの貸し借りとか新しいマンガを買ったりがメインだったり。
久しぶりにあべのハルカスに行ったり。
タワー館11階の美術画廊を見学(美術品ひとつひとつにお値段表記されてますが、衝動買い出来る額じゃない…)、ウイング館9階のあべの雑貨タウンを見学(ハンドメイドグッズひとつひとつに美術品ほどではないにしろお値段が以下略)、ランチはタワー館12階にしました。
麻婆丼とサラダのセットにしたのですよ。
辛さは5段階から選べるというので、わたくしは一番辛くないものを、友人Tは普通の辛さをチョイス。
ところが、伝票を見た友人Tが笑い崩れる。


「マーボ丼 2 かなりふつう」 って何……?

私 「あ、そうか、『かなり控えめ の辛さ』 と、『ふつうの辛さ』 を選んだからか! そういう略し方か」
T 「組み合わさって謎の言葉になってる……(笑い過ぎて苦しそう)」


因みに、手前がわたくしの 『かなり控えめ』 、奥が友人Tの 『普通』 です。
この写真じゃ分かりづらいでしょうけど、奥の方が赤色強いです。
ものすご~く美味しゅうございました。
食事となるとわたくしたちは無言で食べ進めるため、傍から見てると、「このふたりかなりの腹減りなのだな」 と思われるでしょうな。
実際は、食べながらしゃべるのを嫌うのです(ちょっとはしゃべりますが)。
あと、わたくし個人の問題で、ゆっくりだとすぐに満腹になって完食できなくなるから、一気に食べなくてはならないのです。
食後を見計らって店員さんが、「ジャスミンティーをお持ちしましょうか」 と聞きに来られましたが、お腹いっぱいゆえ断りました……お茶はサービスで付くのかな? 初めて入ったお店だったのでよく分からず。  
タグ :ランチ


Posted by tack at 23:31Comments(0)日常

2017年06月02日

ラブイズオーバー

午後がお休みだった本日、図書館へ行った帰りに、ホームセンターへ寄ってみました。
イチゴ苗が30%オフになっていたので、迷わずゲット。


宝交早生(ほうこうわせ)です。
「甘みが強くて育てやすい!!」 と書いてありますが本当ですか信じていいのですか。


小玉スイカの苗もゲット。
久しぶりに育ててみようかと思います小玉スイカ。
こちらもかなりのお手頃価格でした。

いつぞやお安く入手して、ウキウキだった桜(一切桜/旭山桜)は、水のやり過ぎで枯らしました……。
乾燥させてはいけないとはいえ、蕾の段階でドバドバ水をやってはいけなかった。
桜好きなわたくしの愛が重かった。
さようなら桜(でもまだ苗を捨てられない未練たらたら)。


こちらは元気もりもり、ミニバラ(品種不明)。
蕾がたくさんでうれしい限り。


ホオズキは実がふたつ~。
今年はハダニの被害もなく、葉っぱがツヤツヤです。

ところで。
図書館でとあるシリーズを3冊まとめて借りたのですが。


同じシリーズならば、タイトルの文字デザインを揃えてくださいよー。  


Posted by tack at 21:29Comments(0)本・小説園芸

2017年06月01日

あわわわ

いつの間にやらもう6月……。
時間が足りないというか、体力のなさ過ぎが問題か。
蚊取り線香を焚いているのにピンピンしている室内の蚊を見習いたい今日この頃。
部屋の中はとても煙たいというのに、腕を蚊に刺されました。  


Posted by tack at 23:37Comments(0)日常