2018年02月04日

ペースが早い

自主的に仕事を休んで、地元で友人Tとマンガや小説の貸し借りをしました。
またもTSUTAYAにて本を購入です。


 香月美夜 『本好きの下剋上』 第一部の3巻
これで第一部完結のキリのいいところまで揃いました……が、先は流い……(遠い目)。
サラッと読み通してみましたが、結構忘れてます内容を(わたくしの海馬はどうなっておるのか)。
それにしても、買い集めるペースが我ながら早すぎる。
この先はもっとゆっくりにしたい(希望的観測)。

さて。
昼食は友人Tのオススメで、地元で有名なお持ち帰り専門の揚げ物店に行きました。


単に上から覗き込んで撮影した、ひとつ50円のコロッケ(×2)と200円の唐揚げ。
もうちょっと綺麗に写そうとしろ、わたくし。
揚げたてを、自宅から持って出たロールパンとで美味しくいただきました。

ところで、借りた本とマンガですが。


先日に借りた続きです、藤木稟 『バチカン奇跡調査官』 の3・4巻。
図書館から借りている本を優先に読むため、この2冊はお預け状態。


こちらは、わたくしが古本市場で1巻完結だと思って買い、「読み終えたからあげる~」 と友人Tに渡したら、続きが出るわ出るわの3巻目です。
このマンガ、友人Tのドストライクだったため、新刊が出るたびに買っており、わたくしに貸してくれているのです。
そして、このマンガの新刊は必ず、わたくしと本屋に行った時に新刊棚で見つけるという、謎のお約束な流れが……。  
タグ :読書マンガ


Posted by tack at 23:35Comments(0)本・小説日常