2011年12月06日

読んだ本

------そこの旅のお方。
「なんでしょうか」

で始まる、質疑応答小説(と言っていいのかどうか)の、福永信『一一一一一』を読みました。
タイトルは、「いちいちいちいちいち」と読むそうな。
質問者がほとんどああだこうだと説明的で、応答者は、「そうですね」「たしかに」「ええ」「そうでしょうね」と短い言葉しか発さない、変てこさ。
会話の中で、結構えぐい展開が待っているとは夢にも思わず。
ファンタジーでシュールでちょっとばかし残酷でミステリアスな小説でした。

そして、谷川流『涼宮ハルヒの憤慨』も読みました。
シリーズの8巻目。
図書館の蔵書で、今まで借りて来たこのシリーズのカラー口絵がことごとく破り取られておりましたが、市立図書館としてもどうにかせねばと思ったのでしょう。
表紙に、「お願い 本のイラストやページを切り取らないでください!」という、1.6×3.7cmの白い貼り紙があって、泣かせます。

妹尾ゆふ子『翼の帰る処』上・下巻を再読しました。
先日借りた3巻(の下巻)の影響。
内容のほとんどを忘れているのはいつも通り。

タグ :読書

同じカテゴリー(本・小説)の記事画像
やっと読了
おにぎりん具、その後
ケーキ甘過ぎ/読んだ本
きのこ地獄
緑の背表紙
やはり置き場に困る
同じカテゴリー(本・小説)の記事
 この先に苦労 (2020-02-14 23:10)
 読んだ本 (2020-02-12 23:04)
 春は名のみの風の寒さや (2020-02-10 23:13)
 にょろにょろ (2020-02-02 22:57)
 そして寒波 (2020-01-31 23:02)
 ちょっと光明 (2020-01-25 23:15)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。