2011年12月08日

やっちまってる

三浦しをん『小暮荘物語』を読みました。
いまにも崩れそうな木造二階建てのアパート「小暮荘」に住む人や大家の犬(ジョン)や周囲の人たちの、一風変わった日常からなる7話です。
どことなく昏い雰囲気が漂う場面があって、そこが三浦しをんらしくて好きです。
もちろん、くすりと笑える所もバランスよくあって、楽しく読みました。

加藤耕一『「幽霊屋敷」の文化史』も読了いたしました。
TDLのホーンテッド・マンションのトリック解説、ゴシック小説の歴史、幻灯機、マダム・タッソーと蝋人形などについての本。
この本の序文を読み始めてすぐ、
(あれ、この文章に見覚えが……?)
と、わたくしのつたない記憶に引っかかりがあり、不安を感じて、「読書記録ノート」を調べてみると、やっぱり借りて読んでます、2009年6月に。
同じ本を借りてしまわぬようにとの予防で、図書館から借りた本のタイトルと著者名をノートに記録し始めて十数年。
それでも同じ本を借りてしまうのか……。
年に1回はやっちまってる気がしないでもない。


タグ :読書

同じカテゴリー(本・小説)の記事画像
気になる/読んだ本
読み始めたところ
夕方ダッシュ
発売日でした!
5月末を知る
左手が決め手
同じカテゴリー(本・小説)の記事
 突き抜けるまで突き抜ける (2018-09-21 23:34)
 読んだ本 (2018-09-16 22:47)
 記憶力の信頼性 (2018-09-13 23:16)
 アニメじゃない (2018-09-10 23:34)
 さすが (2018-09-02 22:53)
 読んだ本 (2018-08-30 23:09)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。