2019年08月10日

すっとばす

残暑が厳しくて、エアコンに頼りっぱなしな中、ちびちび本を読んでます。
読んだ本は以下の2冊。

 木皿泉 『ぱくりぱくられし』
夫婦で共同執筆している脚本家のエッセイというか対談というか。

 穂村弘 『短歌ください 双子でも片方は泣く夜もある篇』
出されたお題に一般の人が短歌を投稿するシリーズ。
ちゃんと第一弾から読んでいると思っていたが、この本は単行本第四弾だとあとがきで知り、わたくしは第三弾をすっとばしている事実に愕然。
図書館の書架には、第一弾第二弾とこの本しか並んでなかったよ……シリーズ作品が勢揃いしている訳ではない地元の図書館あるある再びか……。


タグ :読書

同じカテゴリー(本・小説)の記事画像
やっと読了
おにぎりん具、その後
ケーキ甘過ぎ/読んだ本
きのこ地獄
緑の背表紙
やはり置き場に困る
同じカテゴリー(本・小説)の記事
 この先に苦労 (2020-02-14 23:10)
 読んだ本 (2020-02-12 23:04)
 春は名のみの風の寒さや (2020-02-10 23:13)
 にょろにょろ (2020-02-02 22:57)
 そして寒波 (2020-01-31 23:02)
 ちょっと光明 (2020-01-25 23:15)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。