2019年12月24日

ケーキ甘過ぎ/読んだ本

クリスマスシーズンゆえにケーキをいただきました。


モンブラン、むっちゃくちゃ甘かった……!
うっかり飲み物をココアにしてしまい、口の中が砂糖の甘さで充満すると思いきや、まさかのココアが口の中をサッパリしてくれるビターさを発揮してくれました。それくらい、ケーキが砂糖甘かった訳で。

さて。
先日の日曜日に宛名書きを済ませた年賀はがきを、本日の午後に無事に駅前の郵便ポストへ投函いたしました。はがきを持って出かけるのを忘れ続けて今日になった次第ですが、これでひと安心。
本日に出かけたのは、今年度最後の図書館の本を借りに行ったのがメインです。
上限15冊(普段は10冊)ですが、12冊におさえました。友人Tから十二国記の新作4冊を借りているので。

で、ここ最近及び本日に読んだ本を以下に。

 岸政彦 北田暁大 筒井淳也 稲葉振一郎 『社会学はどこから来てどこへ行くのか』
社会学者たちの対談集。

 石持浅海 『殺し屋、やってます。』
表向きは故人の経営コンサルタント、裏では殺人屋の富澤允(みつる)が、依頼をこなしつつ謎も解く連作ミステリ。

 中野翠 『いくつになっても トシヨリ生活の愉しみ』
書き下ろしエッセイ。

 椎名連月 『返却はお早めに あやかし文庫へようこそ』
兄の命日に突然、あやかしの姿が見えるようになって困った有末かなでは、解決法が分かるという本があるという謎の図書室 「ひいらぎ文庫」 を尋ねるが、当の本は延滞中で行方不明。図書室長のすすめでアルバイトをしつつ本を探す事に。
物語が途中なので、シリーズの1巻目だろうなー。

 武田百合子 『武田百合子対談集』
タイトルまんまの対談集。

 又吉直樹 『夜を乗り越える』
今まで読んで来た本についてや、どうやって小説を書いたのかなどなど。

 篠たまき 『人喰観音』
不思議な能力を持つ不老不死の女性・スイは、お告げをしても通用しなくなる近代化真っ只中の日本で、生肉を欲しがるようになり、やがて……という、ホラー。タイトルからして想像がつくかと思われる。
怖いもの見たさで最後まで読んでしまったが、とても厭な話。でも、何とも言えない哀しみもある。

 今野英樹 『走れ! ダンボルギーニ!!』
ランボルギーニ(自動車)を段ボール製 1/1 モデルで作った人(会社)の話。

 ゆかしなもん 『'80s 少女漫画ふろくコレクション』
1980年代の、なかよし・ちゃお・りぼん といった少女漫画誌のふろく一覧。
よくこれだけの数のふろくをきちんと残しておいたものだ……と呆然とするしかない写真がいっぱい。


タグ :ケーキ読書

同じカテゴリー(本・小説)の記事画像
ついつい
衝撃的
やっと読了
おにぎりん具、その後
きのこ地獄
緑の背表紙
同じカテゴリー(本・小説)の記事
 ついつい (2020-04-06 23:06)
 読んだ本 (2020-04-03 23:02)
 衝撃的 (2020-03-16 23:16)
 読み終えていた本 (2020-03-07 23:00)
 読んだ本/重労働 (2020-03-03 23:00)
 読んだ本/昨夜の話。 (2020-02-25 23:21)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。